[DazStudio4.12] 12.(RTX2060)エンコード中にGPUレンダリングもしてみた!

3DCG

結論から:レンダリング速度は倍くらい。うちの普段のエンコードでは速度はほぼ影響少なし。実写で53分が55分くらい。
※元の動画の長さとオプションによる。CUDAを一杯使うプラグインとか使えばバッティングするので、Animeで半分くらいまでエンコードレートが落ちる場合もある^^;。

できますとも。GPUメモリが許す限り!

DazStudio以外のソフトを試したいところでもありますが、学習ドリルと一緒でいろいろ手を付けると最後までやらないことが多い普通のダメ人間なんで、今は諸事情により封印です。

・まずはレンダリングデータ。
毎日何かを用意するのも結構大変なので使いまわしです。
バーバーブラウン君(勝手に命名)。床屋っぽい。僕のサイトにもマスコットが欲しい。
まぁセットに入っていたものなので。いずれ変えよう。
※実際ググったら本当にあった。フィクションであり実在の同名のものとは関係がありまぬ(・・ゞポリポリ

・Amatsukazeで解析が終わってエンコード開始


・レンダリング開始

GPUメモリに収まっているようです。
・GPU使用率を見ても、エンコード時点で100%なので意味がなかった


・レンダリング時間はほぼ倍かかりました(´・ω・`)
エンコード速度は専用ハードがネックになっているせいかほぼ影響ないと言える範囲

いろいろ試した結果、普段使いでエンコード&レンダリングできる環境が整ってきた感じ(^_^)v

バーバーブラウン氏が正面を向いているように見えない

陰影のせいなのかちょと右を向いて影が濃くなっているような(^◇^;



正面向データを見直してカメラののロールをリセットしてと。

・あきらめた(;^_^A アセアセ・・・

目の錯覚ってことで。
※三日前の春の朝日をネタに作った一枚。
同じ時間、寒の戻りでめっちゃ寒い
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

タイトルとURLをコピーしました