2019.04.21 EpgDataCapBon(EDCB) のエラーログ出力のしきい値の設定-[ドロップ/スクランブル数が~以上でドロップログを出力する]

機能追加部分。
EpgTimerSrvで一生懸命探してたのは内緒…

EDCB/Document/Readme_Mod.txt-42行目に書いてあった。
>・ドロップ/スクランブル数が~以上でドロップログを出力する【追加】
https://github.com/xtne6f/EDCB/blob/work-plus-s/Document/Readme_Mod.txt


無事設定完了!
「0」を指定すると今まで通り毎回エラー情報を書き出します。
「1」を入れると、1つでもエラーが発生すると、エラーログを吐きます。
「10」入れると、エラーカウントが10以上になるまで出力されないと思う。そんなエラーがなかなか出ないので試せていない^^;

これでエラーがないときはログが出力されないと思う。
今日はもう録画予定がなかった・・・

※録画後バッチで自動登録キーワードを”番組名”.errに出力している場合は、ファイルが作成されるので注意

RecAfter.bat

>>”$FilePath$.err” echo $AddKey$

(今まで使ってた録画後のバッチ)※1行です。単機能なんで環境に合わせて色々変更してください
(.err に キーワードを出力する。手動登録時はキーワードがないので[ECHOは <ON>です]と追加される^^;)


エラーログ(.err)が主つりょk巣荒れない場合が考えられるので、録画後バッチファイルを修正してみた。
しばらく間違って.errファイル消したんじゃね?って勘違いしそう…老人はこれだから…

◆「RecAfter2.bat」:キーワードはSHIFT-JISで書き込まれるので注意
RecAfter2.bat(全角スペース対策してみた 2019.4.25)

@rem ver1.02 全角スペース対策しました
timeout /t 2 /nobreak >nul

if not exist “$FilePath$.err” goto Program_txt
if “$AddKey$”==”” goto NoKeyWord_Err

>>”$FilePath$.err” echo RecKeyWord: $AddKey$
goto RecAfter_Exit

:NoKeyWord_Err
>>”$FilePath$.err” echo RecKeyWord: not AutoRecEntry
goto RecAfter_Exit

:Program_txt
if “$AddKey$”==”” goto NoKeyWord_Txt
>>”$FilePath$.program.txt” echo RecKeyWord: $AddKey$
goto RecAfter_Exit

:NoKeyWord_Txt
>>”$FilePath$.program.txt” echo RecKeyWord: not AutoRecEntry
goto RecAfter_Exit

:RecAfter_Exit
rem ren “$FilePath$” “$FileName$($AddKey$).ts”

”ファイル名”.err がないときに .program.txt にキーワードを書き込む録画後バッチ
(デフォルトの録画プリセットで登録するか、自動予約登録の録画設定タブなど環境に合わせて設定する)

↓0バイト病(ダメなバッチ例↓:全角スペースできれる…)
対策:$ZtoH(Title2)$などを使いましょう!


rem ver1.01 .errファイルがないときは.program.txtへ書き込む
set EchoAddName=”$FilePath$.err”

if not exist %EchoAddName% set EchoAddName=$FilePath$.program.txt
if “$AddKey$”==”” goto NoKeyWord

>>”%EchoAddName%” echo RecKeyWord: $AddKey$
rem ren “$FilePath$” “$FileName$($AddKey$).ts”

goto RecAfterExit

:NoKeyWord
>>”%EchoAddName%” echo RecKeyWord: not AutoRecEntry

:RecAfterExit

◆出力はUTF-8を使わない

「.err」は半角英数だけなのでSIFT-JISが追加されても問題ない。
→「.program.txt」は[UTF-8]出力したファイルにSIFT-JISで追加書き込みを行うと文字化けする。
このバッチを使う時は[UTF-8]出力はオフで。
※「.program.txt」をUTF-8で保存したい場合は、キーワードは別ファイルか、上のバッチ(1行の録画後バッチ)を使って.errに出力させた方がいいです。

◆自動予約登録時の変更。

◆録画プリセットの変更。

過去に登録されたものは変更されないので手動で修正を。

タイトルとURLをコピーしました