2018年も広告が多い!3ステップでネットサーフィン中(死語)の広告表示を減らそう!(Windows版)。 初心者はいじらないように!

注意:間違え迂路tネットに繋がりませんので戻せるようにしておいてください。
使用は自己責任です動かなくなっても責任はとれません。パパに見てもらいながらやってねm(__)m

今までと特に手法は変わっていませんが・・・(^◇^;

1、まずはデスクトップで良いので、右クリックから[ショートカットの作成]
リンク先は[C:\Windows\System32\drivers\etc]
(windowsが入ってるところにあります)

作成したら開く。(エクスプローラーなどで開く)

2,[hosts]をコピーする(hosts.orgなど、戻せるようにしておく)
3,[hosts]をテキストエディタ(メモ帳でも修正できます:プログラムから開く→メモ帳など)の設定を変更する
→保存

EdgeやIEなど全部終了して開き直すと登録したURLにはアクセスできないエラーになります。

・広告マナーが悪いところだけ登録するようにしましょう。
・何でもかんでも登録すると、サイト管理人がやる気をなくすかもしれません
・こんな面倒な事をする人は少数なので、気にしなくて良いと思います

使い方は英文ですが書いてあるとおりですね。分からない方はいじらないようにお願いします。
再インストールしてもhostsをショートカットにドラッグして上書きすれば設定完了ですね。

—-
# Copyright (c) 1993-2009 Microsoft Corp.
#
# This is a sample HOSTS file used by Microsoft TCP/IP for Windows.
#
# This file contains the mappings of IP addresses to host names. Each
# entry should be kept on an individual line. The IP address should
# be placed in the first column followed by the corresponding host name.
# The IP address and the host name should be separated by at least one
# space.
#
# Additionally, comments (such as these) may be inserted on individual
# lines or following the machine name denoted by a ‘#’ symbol.
#
# For example:
#
# 102.54.94.97 rhino.acme.com # source server
# 38.25.63.10 x.acme.com # x client host

# localhost name resolution is handled within DNS itself.
# 127.0.0.1 localhost
# ::1 localhost

—-

127.0.0.1 [ブロックしたいドメイン名]

と、1行一番下に足しておきましょうヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
指定されたurlのアクセスを自分のPCに変更する設定です。外部にアクセスは出ません。
(すべてのプログラムが参照しているわけではありません。またあこぎなアフィリエイトサイトはこの設定をかいくぐるように動作します。逆にそういうアフィリエイトサイトや広告はどんどんブロックして良いと思います。アクセス履歴なんとか見てどんどんブロックで!)

この機能の利用は推奨されていません。
自己責任でお願いします。
広告ブロッカーがうまく効かないときのみ。
一部のセキュリティーソフトでは設定の変更すら許可されていません。

タイトルとURLをコピーしました