Software Library

免責事項

当サイトを利用したことによりいかなる損害があったとしても、当サイトは全ての事項に対し責任を取りません。
ファイル削除を行う危険なソフトがあるため、リクスを認識した上でテストを行いその後に自己責任でご利用ください。
免責事項に同意した場合のみダウンロードしてください。プログラムのダウンロードを開始した時点で上記免責に同意したと見なします。
プログラム(アプリ・ツール)とは刃物と同じく危険物です。刃物を買ったら切れ味を試すように、必ずファイルが消滅してかまわない環境で動作確認をしてからお使いください。

INFORMATION

2019-11-05
[TrimViewer ver0.5.1β]
・ボトム無効フレームを30→60フレーム(約2秒)に変更(フレーム数と動画の時間が大きくずれている場合に強制終了する場合があったので修正)
・TrimCheckフォームのクローズ処理でキャンセルも選べるようにした
[PicoPicoTimer ver1.3.0β]
・「D」キー動作のディスプレイオフ機能が、「StartDisplayOff」のチェックが入っていないと機能していなかったので修正
2019-10-31
[TrimViewer ver0.5.0β]
・すでにTrim情報ファイルがある場合、CM解析情報の取得が失敗していたので修正
2019-10-29
[Reduce the duplication directory ver1.4.9β]
・ログ保存オプションが有効の時はログ表示件数を減らさないように修正
ログを破棄していたので、表示分しか保存されていませんでしたm(__)m
[TrimViewer ver0.4.9β]
・Trim変更が反映されないバグの修正
2019-10-28
[TrimViewer ver0.4.8β]
・プレビューの表示色処理の修正
[Search Clone Files ver2.2.2.1β]
・SubKeyが有効になっていなかったので修正 ・MoveToのキーワード色の変更 [Reduce the duplication directory ver1.4.8d]
・機種依存文字検出で挙動がおかしかったので修正
2019-10-27
[TrimViewer ver0.4.7β]
・自動生成がオンのままで多重起動ロジックが上書きクリアされていたので修正
・「S」キーでサムネイル表示を切り替えた時に、再表示するように修正
・CM詳細リストのダブルクリックで選択範囲も移動するように変更
・サムネイル作成時の読み込みフレーム数など調整
2019-10-23
[TrimViewer ver0.4.6β]
・前回のキー操作の最適化でTrim範囲の移動後にプレビュー背景色が更新されていなかったので修正
※更新タイミングの調整でエンバグが続いています。ぼちぼち見つかり次第更新していきます
2019-10-22
[TrimViewer ver0.4.4β]
・TSファイル読み込み時など、CM解析詳細情報に該当するデータがないときに挙動がおかしかったので、CM解析情報の選択操作を修正した
・前回のキー操作の最適化でTrim範囲がスライダーバーに反映されないバグの修正
2019-10-20
[Search Clone Files ver2.2.1β]
・MoveTo処理でディレクトリ名に半角括弧「()」で囲まれた文字列をサブキーとして登録する機能の追加
・MoveTo処理でキーワード登録時に前後のスペースを無視するように修正
・protobuf-netのバージョンアップ 2.4.0→2.4.1
※DLLが新しくなっています。このバージョン以降は新しいDLL同梱版をお使いください
[Reduce the duplication directory ver1.4.8c]
・ログの表示件数を2000件までに変更(環境によっては反応が鈍くなるようなので)
2019-10-20
[TrimViewer ver0.4.3β]
・開始時のプレビューが荒い。→サムネイルを表示していたものをフルで表示するように修正
・キー操作による「選択Trimの変更」処理の最適化
※DLLが新しくなっています。このバージョン以降は新しいDLL同梱版をお使いください
2019-10-19
[Search Clone Files ver2.2.0β]
・前回のMoveTo処理の修正で、ファイルサイズの合計表示がおかしくなっていたので修正
2019-10-16
[Search Clone Files ver2.1.9β]
・MoveTo処理で、移動元PATHが移動先PATHに含まれている場合にエラーが起きる場合があったので修正
※PATH名が移動元[D:\TEST\]と移動先[D:\TEST_TEST\]の場合も「含まれる」判定にしています。
2019-10-13
[TrimViewer ver0.4.2β]
・ログファイルからのエラー情報取得を増やした
※タイムアウトから強制終了するTSファイルのチェック
(PTSが戻っている場合はほぼシークに失敗してタイムアウトしてる感じ)
2019-10-12
[TrimViewer ver0.4.1β]
・選択Trim表示など調整。Trim変更の遅延処理時にサムネイル更新がキャンセルされたままになっていたなど。
・範囲変更の時のチェックを追加
※「Start位置より前のEnd指定」や「End位置より後ろのStart指定」などの挙動を、変更できないように変更
2019-10-10
[TrimViewer ver0.4.0β]
・Insert処理時に強制終了していたので修正
[TrimViewer ver0.3.9β]
・表示フレーム以外の範囲のTrim削除は行えないように修正
(選択Trimを削除するときは、範囲内のフレームを表示してください)
・TrimCheck開始時の0フレーム非表示バグを修正
・DragDropで[.ts]ファイルも処理できるようにした
2019-10-08
[TrimViewer ver0.3.8β]
・多重起動抑制処理追加
・サムネイルの更新停止キーの設定(L-SHIFTキーが押されている場合は更新停止)
2019-10-07
[TrimViewer ver0.3.7β]
・起動時の初期化調整/終了時の確認追加など
・キー操作変更(選択Trim変更のキー操作をR-CTRL+に統一)
・選択Trim情報の表示を追加
・最終Trim削除時に強制終了するバグの修正
2019-10-06
[TrimViewer ver0.3.6β]
■TS情報取得時に1秒間TSファイルのランダム読込みテストをする機能を追加
・早いCPUなどで「ok」が出てもファイルの後半で極端に速度が落ちるものもありますので、あくまでも「怪しいぞ」っていう目安です
※差し替えなど
・デバッグコードが残っていたので差し替え。ts.trim.avs保存時に確認しやすいように音を鳴らして色も変えてみた。(22:55)
・CM解析のプロフィール設定とエンコードの設定をちゃんとすれば数フレームのずれはほぼ消えると思いまする。
・CM解析ログを視覚化したので、解析後の分類表示の意味も理解しやすいと思います。
・Sponsor(add)を除きたい時は「jl_標準.txt」をコピーして「Default param_cutsp 1」(35行目?あたり)を変更すると次回からTrim範囲から除外してくれます。ので、そういったプロファイルを別で用意しましょう。
(コメントにあるように誤検出で必要な部分が除外されるリスクがあります。追加のまま残しておいててこのツールでTrim修正するのもありかと思います(^◇^;) ・5時間や6時間物を今テストしていますが、先頭のほうに埋まっている動画情報が正しく読めていれば8時間物まで読めることは確認しています。
サンプル提供ありがとうございます
2019-10-05
[TrimViewer ver0.3.5β]
・R-CTRLの操作を変更(左右カーソルキーのCM詳細情報選択時にTrim選択範囲も移動するようにした。以前のTrim追従無しはR-SHIFTでつかえます)
・CM情報の選択移動で強制終了する場合があったので修正
[TrimViewer ver0.3.4β]
・選択Trim以外のTrim範囲も表示するようにした(緑)
・表示フレームのCM詳細リスト選択位置追従がずれていたので修正
2019-10-04
[TrimViewer ver0.3.3β]
・TS指定などCM解析情報がない場合に強制終了していたので修正
2019-10-03
[TrimViewer ver0.3.2β]
・Trim位置変更時にCM解析情報に同じフレームが登録されている場合に追従するようにした
・古い[.ts.trim.avs]がある場合表示するようにした。(ログ読み込み時→Oldに表示)
・TSファイルを直接読めるようにした
・TSファイル読み込み時に[.ts.trim.avs]がある場合は読み込むようにした(TS読み込み時→ログからの取得の代わりに表示)
※破損ファイルなど読み込めないファイルを選択したり、標準の形式でないファイル構成などがある場合強制終了します
※いつものように生易しい最低限のエラー処理しか入れてません。変なファイルは読み込ませないで!(^◇^;

[TrimViewer ver0.3.1β]
・カラーバーの表示がおかしかったので修正
・現在フレームの枠を表示した
2019-10-01
[TrimViewer ver0.3.0β]
・ログにエラーがるときは警告するようにした
[TrimViewer ver0.2.9β]
・表示周りの調整
・サムネイルに選択Trim範囲のバーを追加
2019-09-30
[TrimViewer ver0.2.8β]
・ログ情報を読み込むときに、前の情報がクリアされていなかったので修正
・プレビュー画面でCM解析の詳細情報の表示[I]とスクロール情報の更新設定[S]を保存するようにした
2019-09-29
[TrimViewer ver0.2.7β] ※他環境動作確認用
・Trim情報が1つしかないときに削除すると強制終了するバグの修正。

[TrimViewer ver0.2.6β] ※他環境動作確認用
◎諸事情により、うちの環境で当面の存在理由がなくなったので…この程度にしておいてやろうというヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
※本日中に手軽に実装できなところはとりあえず全部突っ込んで初期開発は終了です。

・[CM解析結果 - 詳細]の情報を使えるようにした。
・[I]キーで詳細情報を表示ます。
 詳細情報をクリックするとそのフレームに移動します(詳細情報表示中のみ)
 R-CTRL + [←][→]キーで次の詳細情報を選択します(詳細情報表示中のみ)
 選択Trim範囲以外のリスト番号を表示します。緑色のカラーの時(詳細情報表示中のみ)
・プレビューのマウス左クリックで連続再生ON/OFF。
・センターホイールで表示プレビューの番号を増減するように追加
・移動量増加部分で、R-CTRLキーが3倍、L-CTRLキーがそれぞれ12倍増加します。
例)PageDownが+150(5秒),+450(15秒:R-CTRL+),+1800(1分:L-CTRL+),+5400(3分:両CTRL+)に変化します。

バグは使っていて気が付いたら直します。バグ報告は99%仕様ですって返しますので特にいらないっす
今後出るものは、今の知識では多分直せません(^◇^;

[TrimViewer ver0.2.5β] ※他環境動作確認用
・Trimの挿入ボタン(Insertキー)と削除ボタン(Deleteキー)を追加した
Insert(挿入)処理:現在の表示フレームを開始位置としてTrim範囲を追加。終了フレームは次のTrim範囲の開始-1フレーム
Delete(削除)処理:現在選択されているTrim範囲をリストから削除する
・キー操作の追加/変更/記載をした
・先頭Trim変更時、メインフレームのサムネイルを変更
・Trim範囲変更時に動作音を出すようにした。(Windowsバルーン)
2019-09-27
[TrimViewer ver0.2.4β] ※他環境動作確認用
・いろいろ最適化(1/30秒以内の画面更新を調整、前よりはスムーズにキー移動しているように見える…はず…)
・Adjust設定が反映されないバグの修正
・バッファ格納するデータを表示に使うサムネイルのみに変更
・バッファ総数を256→128に減らした
・ts.trim.avs保存時に上書き前に.bakファイルに1世代残すように修正
・Trim位置の変更を保存できるように変更
・スライダー動作の調整
・Play中など他の操作でもサムネイルスクロールできるようにしてみた(Sキー)

・Trim範囲の変更
[キー(OpenBrackets):Top位置の変更
]キー(CloseBrackets):End位置の変更
※エンターキーの左のキーです
Sキー:サムネイル更新のオン/オフ
more...

ソフトウェア::物置

注意 ※ファイルを操作するプログラムが含まれています。使用箇所によってはシステムが起動できなくなる場合がありますので、自己責任において注意してご使用ください。

TrimViewer(まったり開発中)

TrimViewer[TrimViewer]
・「〇〇〇〇-enc.log」を読み込んで「〇〇〇〇.ts.trim.avs」ファイルを保存するプログラムです。
・Amatsukaze0.9.1.3のlog専用です

※使い方覚えるより、ログいじってテキスト書き出した方が速いです。

・なんとなく手作業でミスが多いんで、こういうのは機械に任せましょう^^;
・使う機会が多ければデバッグも進むと思います。
・機能追加あるかもっていう天気のいい日の発想です。機嫌がいいときに機能が増えます
・Trailer(add)やSponsor(add)を修正したいんだけど「JL_標準.txt」いじるのはちょっという初心者向けです
・エンコードしてTrim位置指定して再エンコードだなっていうときに多分使える
※DROPがあるとずれます(当たり前ですが^^;)
※音声5.1の切替などで読み込めない場合があります(または極端に遅くなります)
(MurdocCutterなどで頭を切り落とすと読める場合があります)

Download (No Installer)

TrimViewer051b.7z
(21.7MB)
※DLL同梱 64bitOS版


TrimViewer051bs.7z
(72KB)
※DLLなし差分(ver0.4.3以降)
要更新:OpenCVSharpのDLL







※テキスト抽出・保存(.ts.trim.avs)のみ
TrimViewer002.zip (66KB)
※テスト環境: Windows10 Pro 64bit(May 2019)
・ネットワーク通信ありません。
・古いOSでは .NET Framework 4.8.0 のアプリケーション実行環境が必要です。

Search Clone Files

Search Clone[Search Clone]
・同じサイズのファイルを探します。
[更新履歴] :: History
[設定覚書] :: Setting
※通常利用ではドライブキャッシュは使わないでください。
HDD速度アップのキャッシュ的な動作ではなく、HDD非接続時などに使う目的のためのものです。
・自分の環境に最適化しているので、相変わらず動作保証は全くありません。自己責任で。

例 )

同一ファイルサイズの重複ファイルを探すために開発
100万ファイルくらい読込むと4GBくらいメモリを使用します
バックアップとかコピペするとどんどん同じファイルが増えちゃいますよね・・・ということで。

Download (No Installer)


※テスト環境ほか: Windows10 Pro 64bit メモリ16GB
・レジストリ他 Microsoft .NET アプリケーション標準の環境保存などあります。
.NET Framework 4.8 のアプリケーション実行環境が必要です。


※速度高速化の為すべてのデータをメモリに読み込みます。
AnyCPU(32bit優先)版は[Cacheは非推奨]です。
※AnyCPU(32bit優先)版は検索数が多いと「メモリ不足」エラー起こします。

PicoPicoTimer

PicoPicoTimer[PicoPicoTimer]
・モニタOff省電力機能付きタイマー。
・なんとなく Archeage 睡眠オフセット付きです。2016秋イベント用(カップ麺用)の3分もオフセットで!
・モニタ省エネモードから復帰時にブザーを連続で鳴らします。
・マウスから手を放すときの処理開始遅延設定導入。
・ショートカットキーで動作。
(「S」:START/STOP,「D」:DisplayOff)
・Beep音変更機能(v1.1.0より)
・「C:\Windows\Media\notify.wav」「C:\Windows\Media\Windows Notify.wav」など使えます。(UAC解除が必要なフォルダに注意)

Download (No Installer)


※テスト環境: Windows10 Pro 64bit
・.NET Framework 4.8.0 のアプリケーション実行環境が必要です。

Reduce the duplication directory

Reduce the duplication directory[Reduce the duplication directory]
・連続で重複するサブディレクトリ名称を上位のディレクトリに統合(移動)するプログラムです。
おまけ機能:チェック時に、置換や削除処理を追加。

例 )

[処理前] c:\DCIM\DCIM\CANONMSC

[処理後] c:\DCIM\CANONMSC

削除の確認はありませんので登録には注意を。
隠しファイルも削除対象です。

(古いOSのキャッシュを削除したい為^^;)

Download (No Installer)



※赤文字オプションは危険です使わないように



※テスト環境: Windows10 Pro 64bit
・ネットワーク通信ありません。
・.NET Framework 4.8 のアプリケーション実行環境が必要です。

Lock Screen Extraction[開発終了]

LockScreenExtraction[LockScreenExtraction]
・Windows10のログイン/ロック画面を拡張子をつけてコピーするツール。

使い方:https://nln.jp/wp/archives/3698
・機能:指定したディレクトリから画像ファイルを調べてコピーする
・自分の環境に最適化しているので、相変わらず動作保証は全くありません。

Download (No Installer)


※AnyCPU対応版が入ってます。
※テスト環境ほか: Windows10 Pro 64bit
・.NET Framework 4.8 のアプリケーション実行環境が必要です。

Mc ImageConverter[開発終了]

McImageConverter[McImageConverter]
・マイクラ(Minecraft v1.12.2)向け画像toコマンド変換ツール。

・機能:画像ファイルを読み込み、[setblock]コマンドを生成する。
・このプログラムでは画像処理に Magick.NET を使用しています。ライセンスとコピーライトについては同梱のファイルとファイル内のサイトの最新情報を参照してください。
・ブロックデータと地図データの再現性を検証する、技術検証目的に開発を行っています。画像をマップに反映する機能は同等以上の性能のツールがすでにありますので、そちらをお使いください。
・使用方法はzipファイルをディレクトリに解凍してご利用ください。削除するときはディレクトリごと削除すれば完了です。
・自分の環境に最適化しているので、相変わらず動作保証は全くありません。

Download (No Installer)


(C#)「Mc Image Converter」マイクラ用画像コマンド変換ツール0.0.6α版(OS64bit)
https://nln.jp/wp/archives/2471
こんな感じ。エンドラ倒して、マントで飛んで、することなくて自己満足終了(^◇^; ※テスト環境ほか: Windows10 Pro 64bit
・.NET Framework 4.7.2 のアプリケーション実行環境が必要です。