Software Library

免責事項

当サイトを利用したことによりいかなる損害があったとしても、当サイトは全ての事項に対し責任を取りません。
ファイル削除を行う危険なソフトがあるため、リクスを認識した上でテストを行いその後に自己責任でご利用ください。
免責事項に同意した場合のみダウンロードしてください。プログラムのダウンロードを開始した時点で上記免責に同意したと見なします。
プログラム(アプリ・ツール)とは刃物と同じく危険物です。刃物を買ったら切れ味を試すように、必ずファイルが消滅してかまわない環境で動作確認をしてからお使いください。

INFORMATION

2021-05-11
[TrimViewer ver0.8.4b]
・AccessTestのオプションが反映されていなかったので修正(オフにしてもTS読込テストをしていた)
・TSオープン時の終端チェックで取得フレーム数が同じ場合はTrim更新しないように修正
2021-05-01
[TrimViewer ver0.8.3c]
・ViewerWindowのデバッグ表示ON/OFFの保存設定の修正
・ViewerWindowのデバッグ表示の初回バグの修正
2021-04-30
[TrimViewer ver0.8.3a]
[.trim.avs保存時のゴミ箱移動など]
・avs保存時の移動先に作業フォルダとゴミ箱を選べるように変更
・avs保存時の移動処理でネットワークドライブ利用時でも移動先が変わらない場合は確認画面が出ないように修正
・MainWindowのMessageBox表示時の挙動を変更(ほかアプリに影響がない範囲でなるべく最前面に表示)
・警告ダイアログの表示指定にkeyframeファイルがある場合も含めた(表示しないように設定できます)
・サムネイルを表示または.ts情報の変更があった場合最前面に表示するように変更
2021-04-26
[TrimViewer ver0.8.3]
[.trim.avs保存時の『一時ファイル』をゴミ箱移動テスト追加]
・.ts.trim.avs保存時に「Amatsukazeの一時ファイル」の移動先指定を追加(ゴミ箱、強制削除指定が可能に)
・.avs保存時の移動処理が同じフォルダの場合、システム移動コマンドのコールをスキップするように修正
・.bakファイルの移動処理の挙動がおかしかったので修正。強制上書きに変更。
ちょっと指定の仕方が後付けでわかりにくい感じですが・・・m(__)m
一時ファイル以外もごみ箱指定でよさそうだけれども、HDD空きが減ってくるとファイルが大きいので移動時に毎回削除確認が出てしまう。
2021-04-05
[TrimViewer ver0.8.2d]
・OpenCVSharp-4.5.2.20210404 Update
4.5.2.20210404では読み込みエラーが発生する様なのでキャンセルm(__)m
フレームのread()でコケテル…(T.T)
2021-03-13
[TrimViewer ver0.8.2c]
・ファイルの移動時先フォルダがない場合フォルダを作成するようにした
2021-03-02
[LogoMarge ver0.0.1b]
・確定申告も終わったし!3月だし!何かしなきゃ!という事で。1日でできるインスタントプログラム。小さいプログラムっていいよね(笑)
・CSの局ロゴが降ってこないという事で…まだマニュアルもありませんが人柱が好きな方に
・TVTest ver0.10.0専用です。他のテスト環境がないので。
・LogoData.iniとか仕様はわからないので、衛星と地デジで分けてコピペしただけです
・LogoフォルダにBMPがあればそれもコピーします
・合成処理作成前のデバッグ用ですが、地デジのみ、衛星のみの出力も試せます
※必ずコピーしたフォルダで行ってください
※.iniファイル周りでトラブルが起きる可能性が高いのでよしなにm(__)m
2021-02-27
[TrimViewer ver0.8.2b]
・ファイルの移動時に*.err,*.program.txtの移動が常に行われていたバグの修正
・ファイル移動時にはファイル名のクリアとそれに伴う初期化処理の追加
2021-02-26
[TrimViewer ver0.8.2a]
・MessageBoxでも音を出にくくする処理を追加
・.ts.trim.avs保存時にファイルを移動するオプションを有効化しデバッグ開始
※フォルダ移動を伴うリスキーな機能なのでHistoryの注意書きを読んで理解したうえで自己責任でお使いください
・戻すときは手作業になります。エクスプローラーを使って戻してください
・.err,.program.txtも.tsと一緒に移動するオプションの追加
・Optionの左側のチェックボックスに解説ToolChip追加
2021-02-23
[TrimViewer ver0.8.1d]
バグ報告ありがとうございます。助かりますm(__)m
・succeeded/failedのパス生成で’¥’が抜けていたバグの修正
[TrimViewer ver0.8.1c]
バグ・不都合修正、エラー回避の追加処理とデバッグが続きます

・操作時のBeep音をオンオフできるように設定を増やした(Option)
※確認が必要なポップアップウィンドウのMessageBox呼び出し時の警告音は鳴りますm(__)m

[ViewerWindow]
・追加時のChangeフラグを追加フレームのみに(以前の仕様を再現)
0.8.1bの違和感の修正→「Trim範囲の追加/削除位置以降のTrimに修正フラグが立つのは正常です」
これも、注意書きをした時点で違和感があった^^;

・TrimActivationキーをZからAに変更(非選択Trimを選択)
(今後予定の「CTRL+Z」の為 Zキーを空けたm(__)m)

[MainWindow]
・Trimを新規作成する場合、0フレームからアクセスできる終端フレームをTrimに設定します
終端マージンが60以上の場合→OpenCVSharpで取得するTotalFrameCountから計算します
Trim(0,終端フレーム):終端フレーム[ TotalFrameCount - 終端マージン - 1 ](-1 は 0フレームから開始の為)

(新)
※テスト中:終端マージンが60未満の場合→アクセスできる終端フレームを後ろからスキャンし再設定します

[テスト用のボタンが残ってました・・・気にしないでください(^◇^;
(最終的にはAccessTestの後に速度が遅くなければ自動処理されます)]
現在はAccessTestしない場合でも終端フレームのチェックに行くので、フォーマット変更がある動画でシークが終わるまで操作が返ってこないバグがあります。
「非推奨」の操作法ですが、CM解析無しにTSをドラッグしてTrim付けた方が早いよねぇ~っとやってしまいがち… →保険でAccessTest(SeekCheck)入れてください
ここも名称統一しないと。行き当たりばったり(;^_^A アセアセ・・・
2021-02-18
[TrimViewer ver0.8.1β]
バグ報告ありがとうございますm(__)m

・動画の直接読み込み時に行うTrim自動生成の時に、終端マージンが2度引かれていたので修正(マージン60だと120引かれていた)
・.keyframeファイルがUTF-8だったでの修正(まだ仕様がつかめていないです。手探りです)
・CM解析ログの選択パスは[Amatsukaze\data\checklogs]の中の.txtファイルが対象です

・最終フレームを指定する場合は、Optionで終端マージン0に設定、CTRL+ENDで最終フレームにジャンプします
※エラーが起きた時は繰り返し押すことで -1 フレームずつ探査します(デバッグ用)


★保存周りのスクラップ&ビルドを行いました。俗にいう「オブジェクト指向」なんて古い手法の言葉を完全に無視(笑)
(Viewerの保存処理で終了確認やMainWindowに戻った時の処理の整合性が取れなくなってしまっため新コードに)

[ViewerWindow]
◆.trim.avsファイルの保存を CTRL+A → CTRL+S に変更(利用者が少ないうちに、メイン画面に合わせることにした)
◆サムネイルのスクロール切替を S → T に変更(上記キー変更に伴う移動)

・Trimの修正フラグは読込時の生成/保存情報との比較に変更
・Trim範囲の追加/削除位置以降のTrimに修正フラグが立つのは正常です


[MainWindow]
・ViewerWindowのTrim編集状態を継続する仕様に変更(更新反映時)
・ViewerWindowを閉じた時、avs保存状況に合わせて各種処理を変更
・ViewerWindowを閉じ更新反映時、Trim編集状態を保持し.trim.avs が保存されるまでリセットしない
2021-02-16
[TrimViewer ver0.8.1α]
Ver 0.81aでの変更点
・".mp4"/".mkv"もDrag&Dropにて開けるようにした(frame数が見れる普段使ってる軽いソフトが手元になくて…)
・TS以外のTSAccessCheckはスキップします
・log内のファイルパスにTSが見つからない時、succeeded→failedの順でTSファイルを探しに行きます
・ViewerWindowの終了時MessageBoxをSkipするCheckBoxを追加(Option)
・.keyframeの内容をTrimのTop/Endとして読み込むCheckBoxを追加(Option)
2021-02-16
[TrimViewer ver0.8.0c]
・ver0.80のデバッグ中( ^ω^)・・・
・終端フレームのマージンでごまかしていたところをまじめに実装。それに伴う修正^^;
・終端フレーム外へのアクセス時のエラー処理を追加(終端マージン0対応)
※TMSR6の出力総フレーム数とAmatsukazeの読み込みフレーム数が異なりますので、最終フレームはなるべく使わないようにしましょう。avs使わずにエンコードしたところ0~数フレーム切れます
・終端フレーム(フレーム読み込みで失敗する前のフレームまで)が表示できるようになりました
※MainWindowで [Frame Count:176,370] の場合、ViewerWindowの表示上のフレームは [0-176,369]になります(0番フレームが1フレーム目の為)
・Option: PageUp/PageDown、Arrow Up/Down/Left/Rightの有効化
・スライドバーの終端処理のバグ修正
・連続更新処理のが正しく動かないバグの修正(0.77b以降)
・「TMSR6で出力した動画」を前提に機能を作成
・TSファイル直読み込み時に[.ts.trim.avs]ファイルがない場合[.keyframe]を読込み分割するテスト
・コメント行に使われる"#"の行や、数値の後ろに数値以外の文字がある場合は読み飛ばします
・.keyframeファイル(TMSR6やTAW6のキーフレーム出力)の内容で全体を分割するTrimを生成するTestCode追加
・ViewerWindowで CTRL+A で .ts.avs ファイルに書き出すTestCode追加
デバッグが落ち着いたら・・・文章整えて整理するかも・・・かもです。
2021-02-15
[TrimViewer ver0.8.0β]
・TSファイルを指定した時に前の編集情報の初期化が一部抜けていたのでリセットするようにした
(「一時ファイル」の情報が消えていなかったため一時ファイルを参照してしまうバグの修正)
2021-02-14
[TrimViewer ver0.7.9β]
・「一時ファイル」読み込みの対応強化
※フォーマット切替対応の動作確認ができました!
1.「CM解析」で「一時ファイルを削除せずに残す」をチェックしたプロファイルを使う
2.Optionで「一時ファイルを優先的に使う」をチェックしてからログを読み込む
2021-02-14
[TrimViewer ver0.7.9a(人柱版)]
・Option表示座標をMainWindow画面内に固定
・Bias/NumKeyの入力桁数を9桁に制限
・NumKeyのマイナス値も入力できるように拡張(マイナスのデバッグはしていません)
・L-CTRL/R-CTRL を入れ替えるチェックボックスを追加(デバッグはしていません)
・サムネイルのフレーム数設定上でデバッグコードが残っていた個所の削除(特定条件で使用メモリが減ってなかった)
※地震の為、とりあえず機能追加したところまでアップ
2021-02-13
[Search Clone Files ver2.2.6β]
・Windows10 LongPath を排除しないように修正
[Reduce the duplication directory ver1.5.0β]
・Windows10 LongPath を排除しないように修正
[PicoPicoTimer ver1.3.0β]
・Copyright更新/最新環境でリビルド
[Lock Screen Extraction ver1.0.9β]
・Copyright更新/最新環境でリビルド
2021-02-11
[TrimViewer ver0.7.8c(人柱版)]
・OpenCVSharpのバージョン更新(ver4.5.1-20210210版)
・VS2019とSystem.Drawing.Common.dllのアップデート(.net関連)
・OptionにNumKeyの設定時間を表示
・OptionにNumKeyのコメント追加
・デバッグ表示機能を常に有効化
・NumKey登録時にデバッグウィンドウが開く挙動を修正

・ViewerWindowでNumKey設定数とコメントをデバッグ欄に表示([D]キーで表示/非表示切替)
・時間表示ミリ秒のより正確な計算表示
・各Trimの表示フレーム数が1少なかったバグを修正
・1フレームのTrimを作成できるように修正
2021-02-09
[TrimViewer ver0.7.7b]
・OpenCVSharpのバージョン更新(ver4.5.1-20210208版)
※DLL/ファイル構成が新しくなっています。設定ファイルをバックアップして一度全削除をお勧めします
・TrimViewer.xmlをネームしてそれ以外のファイルを削除したほうが安定します。機能が統合され使わないDLLなどが発生しているため
・オプション画面追加により設定項目が増えたので、保存されている情報がうまく読めない場合があります
・各設定項目の入出力に手が入っています。まだバグも多いので急ぐ用もない方は古いものを使ったほうがいいかもしれません

[追加機能](詳細はHISTORY参照)
※ ver0.75bで追加したNumKey(テンキー)の操作法が変わっています(L-CTRL+Numは移動量を正負反転させます)
・R-CTRL+Numキー0~9に選択Trimのフレーム数を登録できます
・L-CTRL+Numキーで移動量に-1を乗算して計算します(L-CTRLキーで正負反転します)
・オプション画面でNumKeyの設定をロックできます(初期状態ではNum0 Keyだけ変更できます)
・フォント/背景色の指定にからピッカーを使えるように変更
・「一時ファイル」が残ってる場合に優先読み込みする機能を追加(Amatsukazeのプロファイルで「一時ファイルを削除せずに残す」を指定してください)
 (TS読み込みよりも安定するといいなぁ…遠い目…(~_~;))
・サムネイルバッファのフレーム数を指定できる項目の追加
 (40以下にするとオフにしても負荷が変わらない環境があるかも…)

2020-10-14
[TrimViewer ver0.7.6b]
・OpenCVSharpのバージョン更新(ver4.5.0-20201013版)
※DLLが新しくなっています。このバージョン以降は新しいDLL同梱版をお使いください
2020-10-12
[TrimViewer ver0.7.5b]
・操作周りにちょい追加
・移動量の倍率の設定追加
・テンキー1~9に移動量の設定追加
※設定は1度起動して終了させた後、TrimViewer.xmlを修正してください。TrimViewer_History.txt参照
※アニメなどはフォーマット変更があっても結構読めるようです。

[Search Clone Files ver2.2.5β]
・[VolumeLabelCheck]: デバイス情報(キャッシュ)が見つからない場合も検索を中断しないように修正
・protobuf-net3.0.59に更新、ファイル構成が変わっています。
more...

ソフトウェア::物置

注意 ※ファイルを操作するプログラムが含まれています。使用箇所によってはシステム(OS)が起動できなくなる場合がありますので、直せる自信のある方の自己責任において注意してご使用ください。

LogoMarge

LogoMarge[LogoMarge]
・TVTestの局ロゴを地デジ/衛星単位で切ったり張ったりするツールです

Download (No Installer)



※テスト環境: Windows10 Pro 64bit
・ .NET Framework 4.8.0 のアプリケーション実行環境が必要です。

TrimViewer

TrimViewer[TrimViewer]
[壁を避けてほんのり機能修正]
・Amatsukaze0.9.1.3以降のlog用です
・「エンコードやCM解析後にTrim範囲をサクッと確認」したい時に使うツールです。それ以外の機能は蛇足です。
・「〇〇〇〇-enc.log」を読み込んで「〇〇〇〇.ts.trim.avs」ファイルを保存する事ができるかもしれません。

・Trailer(add)やSponsor(add)を修正したいんだけど、一本だけの為にスクリプトいじるのはちょっと…いう怠け者向けです
・エンコード確認して、「あら、ごみがついてる。Trim位置指定して再エンコードだな」っていうときに多分使える
※DROP等があるとずれます(当たり前ですが^^;)
※数フレームの誤差があります。24fpsソースはずれる確率が高いです
※TS前後のゴミや音声5.1の切替などで読み込めない場合があります(または極端に遅くなります)
対策:CM解析時に「一時ファイルを削除せずに残す」にチェックを入れて、オプションで一時ファイルを優先参照するにチェックを入れてください
(MurdocCutterなどで先頭や最後尾を切り落とすと読める場合もあります)

簡単な使い方

3ステップでできる簡単な使い方!
https://nln.jp/wp/archives/8458

Download (No Installer)



※DLLも上書きしてください
[x86(AnyCPU)版:32bitOSの環境がないので未テストです]
TrimViewer084b_x64.7z (20.6MB)
TrimViewer084b_x86.7z (36.6MB)

TrimViewer083c_x64.7z (20.6MB)
TrimViewer083c_x86.7z (36.6MB)

TrimViewer076b_x64.7z (20.6MB)
TrimViewer076b_x86.7z (36.6MB)

※テキスト抽出・保存(.ts.trim.avs)のみ
TrimViewer002.zip (66KB)
※テスト環境: Windows10 Pro 64bit
・ネットワーク通信ありません。
・古いOSでは .NET Framework 4.8.0 のアプリケーション実行環境が必要です。

Search Clone Files[開発終了]

Search Clone[Search Clone]
・同じサイズのファイルを探します。
[更新履歴] :: History
[設定覚書] :: Setting
※通常利用ではドライブキャッシュは使わないでください。
HDD速度アップのキャッシュ的な動作ではなく、HDD非接続時などに使う目的のためのものです。
・自分の環境に最適化しているので、相変わらず動作保証は全くありません。自己責任で。

例 )

同一ファイルサイズの重複ファイルを探すために開発
100万ファイルくらい読込むと4GBくらいメモリを使用します
バックアップとかコピペするとどんどん同じファイルが増えちゃいますよね・・・ということで。

Download (No Installer)





[x86(AnyCPU)版:32bitOSの環境がないので未テストです]
SearchClone226x64.zip (794KB)
SearchClone226x86.zip (794KB)


SearchClone225x64.7z (552KB)
SearchClone225x86.7z (547KB)

SearchClone224x64.zip (420KB)


※テスト環境ほか: Windows10 Pro 64bit メモリ16GB
・レジストリ他 Microsoft .NET アプリケーション標準の環境保存などあります。
.NET Framework 4.8 のアプリケーション実行環境が必要です。


※速度高速化の為すべてのデータをメモリに読み込みます。

PicoPicoTimer[開発終了]

PicoPicoTimer[PicoPicoTimer]
・モニタOff省電力機能付きタイマー。
・なんとなく Archeage 睡眠オフセット付きです。2016秋イベント用(カップ麺用)の3分もオフセットで!
・モニタ省エネモードから復帰時にブザーを連続で鳴らします。
・マウスから手を放すときの処理開始遅延設定導入。
・ショートカットキーで動作。
(「S」:START/STOP,「D」:DisplayOff)
・Beep音変更機能(v1.1.0より)
・「C:\Windows\Media\notify.wav」「C:\Windows\Media\Windows Notify.wav」など使えます。(UAC解除が必要なフォルダに注意)

Download (No Installer)


※テスト環境: Windows10 Pro 64bit
・.NET Framework 4.8.0 のアプリケーション実行環境が必要です。

Reduce the duplication directory[開発終了]

Reduce the duplication directory[Reduce the duplication directory]
・連続で重複するサブディレクトリ名称を上位のディレクトリに統合(移動)するプログラムです。
おまけ機能:チェック時に、置換や削除処理を追加。

例 )

[処理前] c:\DCIM\DCIM\CANONMSC

[処理後] c:\DCIM\CANONMSC

削除の確認はありませんので登録には注意を。
隠しファイルも削除対象です。

(古いOSのキャッシュを削除したい為^^;)

Download (No Installer)




ReduceDupDir150b.zip(227KB)
ReduceDupDir149b.zip(228KB)
※赤文字オプションは危険です使わないように



※テスト環境: Windows10 Pro 64bit
・ネットワーク通信ありません。
・.NET Framework 4.8 のアプリケーション実行環境が必要です。

Lock Screen Extraction[開発終了]

LockScreenExtraction[LockScreenExtraction]
・Windows10のログイン/ロック画面を拡張子をつけてコピーするツール。

使い方:https://nln.jp/wp/archives/3698
・機能:指定したディレクトリから画像ファイルを調べてコピーする
・自分の環境に最適化しているので、相変わらず動作保証は全くありません。

Download (No Installer)


※AnyCPU対応版が入ってます。
※テスト環境ほか: Windows10 Pro 64bit
・.NET Framework 4.8 のアプリケーション実行環境が必要です。

Mc ImageConverter[開発終了]

McImageConverter[McImageConverter]
・マイクラ(Minecraft v1.12.2)向け画像toコマンド変換ツール。

・機能:画像ファイルを読み込み、[setblock]コマンドを生成する。
・このプログラムでは画像処理に Magick.NET を使用しています。ライセンスとコピーライトについては同梱のファイルとファイル内のサイトの最新情報を参照してください。
・ブロックデータと地図データの再現性を検証する、技術検証目的に開発を行っています。画像をマップに反映する機能は同等以上の性能のツールがすでにありますので、そちらをお使いください。
・使用方法はzipファイルをディレクトリに解凍してご利用ください。削除するときはディレクトリごと削除すれば完了です。
・自分の環境に最適化しているので、相変わらず動作保証は全くありません。

Download (No Installer)


(C#)「Mc Image Converter」マイクラ用画像コマンド変換ツール0.0.6α版(OS64bit)
https://nln.jp/wp/archives/2471
こんな感じ。エンドラ倒して、マントで飛んで、することなくて自己満足終了(^◇^; ※テスト環境ほか: Windows10 Pro 64bit
・.NET Framework 4.7.2 のアプリケーション実行環境が必要です。