[Fedora14-ep2] Intel D510MOでUSB-DVDからインストールできない^^;

うむむむ。
過去の2つのAtomマザーボードでも同じ症状が出たまったく壊れる気配の無いUSB-DVDドライブですが・・・相性が悪いようで^^;
ここは今までと同じく古いIDEのDVDつないで・・・はっ( ̄□ ̄;)!!
IDEソケットがないっす!!(爆笑)
il||li _| ̄|○ il||li
ファイルサーバーのSATA-BD抜いて繋いでさぁインストール!
さくっとすすむ。
Fedoraで自宅サーバー構築
http://fedorasrv.com/
もういわずと知れたいつものHPを参考にさくさくと。
ネットワーク設定忘れちゃったけどさくさくと・・・
・・・ネットの設定に試行錯誤(小一時間)
yumのアップデートまでたどり着けません!
面倒なときは再インストール!さくさく。
無事アップデートまでいけた!何事もなさ過ぎて話題が無い・・・

[Fedora14-ep1] Atom D510でFedora14鯖構築開始。

年も明けてIntelのミスに巻き込まれぐったりしてたのもつかの間で、
2月も上旬を終えようとしている昨今皆さんいかがお過ごしでしょうか?
PC触る元気が少し戻ってきたので、Fedora14の構築始めてみました。
酔って早朝に何を始めるのやらw
1年たって細かいバグも減っただろうと言うことで・・・バグ怖いょ(;ロ;)
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20100107/1022018/
Atom D510を使いたいと思います(^^)
気が付いたらあまってるような古いDDR2-800(2GBx2)を利用できるのもうれしいなぁ?。
HDDも新調して初の2.5インチ。
Atomマザーボードに400Wとかそんな要領必要ないぞ!と思いながら、2.5インチHDDで値が張ったのでここは使いまわしで経費削減^^;
マザーボード:Intel D510MO
CPU:Atom D510
RAM:α-DATA DDR2-800(2GBx2)
電源:サイス LifePower 400W(LiFE-400A)
HDD:500GB HITACHI OS02599(7200rpm 16MBキャッシュ 2.5インチ3年保証)
ケース:GIGABYTE GZ-M1BPD-700(MicroATX ミニタワー)
CPU-FANは無いもののケースファンと電源ファンとHDDが動いているので無音にはちと遠いです^^;
Fedoraの入手。
http://fedoraproject.org/ja/get-fedora
ISOファイル落としてDVDに焼いてさてインストール開始ヽ(*^。^*)ノ

著作権法改正で「マジコン」「リッピング」規制へ、文化庁が方針

著作権法改正で「マジコン」「リッピング」規制へ、文化庁が方針
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110126_422714.html
他多数の記事やら連絡やら忠告・警告どうもありがとうです^^;
バックアップで保存・公開フォルダの中に該当プログラムがあったようなので、誤解を招かない為に公開を中止しました。
「技術的保護手段の回避を目的とした装置・プログラムについても、1)公衆への譲渡・貸与、2)公衆譲渡等目的の製造・輸入・所持、3)公衆供与、公衆送信、送信可能化」このあたりですね?。
なお、個人でのバックアップ関連については自己責任と言う事で、今後成り行きのチェックを忘れずに。
個人の所有物に対するバックアップ自体は裁判で認められているようですが、すべての事例にあてはまる訳でもなさそうなので自己責任で?。
PC丸ごとバックアップしたら、それはコピーって言う論もありますからねぇ^^;

RENESAS製USB3.0ドライバでHDDがアクセス不能に。

リムーバブルでHDDを差し替えて電源を入れたらHDDが高回転音をたてる。
PCでは認識しない状態。PCの電源を切ってもHDDの電源どころか回転数も落ちない・・・
1、電源を切る。
2、PCの電源を入れなおす。
3、PCのリセットボタンを押したりたたいたりしてみる
ぶなんに2番の行動を取ったら、「HDDフォーマットしますか?」のポップが^^;
PATA時代の嫌な記憶がよみがえる・・・
リカバリツールで状況を見てみると・・・
見事にマスターブートレコードが死んだw
2TBのHDDのサルベージ作業に約6時間。
作業ファイル保存用に8千円のHDDへの出費^^;
USB3.0ボードももうすぐお払い箱になろうかという昨今、私惑が見破られたようで・・・すねてるらしい^^;
来月給料入ったら新しいPCに組み替えてやるぅ・゚・(ノД`)・゚・
別PCのNEC署名ドライバだとBD(USB3-HDD→SATA?BD)も問題なく焼けるのに・・・GIGABYTEのMB付属USB3が元気です。
SandyBridgeもGIGABYTEのMBにしようと思ったけど、「IntelQuickSyncVideo」使いたい!「PCIのPT2」が使いたい!となると、チップセットでサポートしていないCPIを載せてる変態MBはASUSあたりが目に付く程度でGIGABYTEにはないのです・・・(2010.01初頭)
Core i3-2100T(35W)がでるまでに動きがあるといいなぁ^^;
話を戻して。いろいろ調べてたらこんなページが・・・
RENESAS製USB3.0ドライバと弊社製品の相性について
http://www.century.co.jp/support/manual/renesas.html
玄人志向の組み合わせでも場合によっては発生するので一度参考に。
10GBを超えるようなファイルをコピーしたりすると比較的簡単にUSBの接続が途切れて再接続される音がする症状の方。
それ以外はまぁ害がないといえば害は無い症状ですのでスルー^^;
自信が無い方は素直にサポートに電話をw

今回のデジカメ買い替えもCanon。IXY 30S。

今まで使ってきたIXY DIGITAL L(4M画素)もそろそろバッテリーのへたりが見える^^;
フル充電でフラッシュ5枚で電池切れに・・・
変な出っ張りもなく起動が早くてAFも安定してたので好きだったんですけど、買い換える事になりました。
さすがに数世代変わるとまったくの異次元のテクノロジーw
カメラといえばカメラだけど、一眼レフの機能てんこ盛りでうれしいやら使いこなせないだろうとおもうスペック表に苦笑い。
高機能・使いやすさの追求はわかるけど、普段はオートモードオンリーでフラッシュのON/OFF程度しか使ってなかったりするのが現状っすw
携帯で言うらくらくホンでよかったり?。
とはいえ、基本性能はやはり見てしまう。
レンズの明るさは素人の手ブレを最大限抑えてくれるし・・・
IS(イメージスタビライザーだっけ?)も標準ときてる^^;
一眼レフ時代に20万出して手に入れた高性能が引き継がれているとw
10年もたつと変わるものだねぇ^^;
口径が小さくなった分センサーの精度も落ちるだろうし、
光学ズームの倍率が高くなればAFの時間も長くなってしまうのは仕方が無いか・・・
触った感触では今のIXY LよりもAFの時間が長い^^;
光学ズームなしと比較してはかわいそうと言う話も(^^ゞ
今期製品の上としたを眺めながら・・・50より30の方が俺の好みのパッケージと言う事で。後はいろだなぁ^^; 無難に黒。

後は価格どっとこむで調べて・・・近所の大手チェーン店より5千円も安いと・・・
今回もアマゾンでぽちっとな^_^)v

SCSI2USB変換ケーブルの破損。

PCをいじる時間が減っているのは事実なんですけれども。。。
年末ともなれば年賀状。
住所録の更新にはがきの作成と仕事と趣味と実益を兼ねて古い機材を引っ張り出す。そんな12月がやってまいりました。
いまどき7,8年前の機器を使っているのもなんですけど^^;
日本製品は良くも悪くも壊れないということで。
そこで登場のAdaptecのSCSI2USB変換ケーブル。
数年前にPDの吸出しに使ったのが最後か、フィルムスキャナのときに使ったのか記憶にないものの、掘り起こしてみれば端子がすっかり変色。
シールドケーブルもかたくなって引張ったら表面がぽろぽろと崩れる始末(^◇^;
今回はスキャナを使うだけなのでとりあえずケーブルを買うお金でスキャナが買えそうなので。。。
スキャナといえば最近は一体型も多数あるのでいろいろ見てみる事に。
フラットスキャナー

インクジェット複合機

今ある1600dpiのSCSI2スキャナよりはるかに高性能だのぉw
まぁなんでもいいが、プリンタは使わないと目詰まり起こすしなぁ
USBバスパワーで動くならそれはそれで楽かも♪
って事で。安易にぽちって見る事に。

HDR-CX550Vを衝動買い。

ハンディーカムを買うなんて10年ぶりくらいかもw
DCR-TRV10が2台ともうちでは現役なんですけど・・・
壊れる前にハイビジョン撮影機器を導入しようと思いまして(^^)
性能はもちろん最高レベルなんですけど・・・・
HD撮影できるからって思えばこのごつい本体も我慢できるというものw
もう少し安いクラスのお手軽のほうが持ち運びも便利だったかなぁなんて思ったりw
まぁ夜の宴会で一番きれいに撮影できるものは体感でこれだったのでOKっすw
人柱になってくれた友人に感謝です^^
ずっと借りっぱなしで申し訳ないw

玄人志向KRPW-L400W安いものめぐり。

平和すぎる日々が突然崩れていく(^◇^;
自鯖の電源がおかしい^^;
どうせ安いものならいろいろなメーカーのものを試してみるのもありだなぁとw

予備に2個くらい買ってみようかと“φ(・_.) メモッ!。

いまさらですが、USB3.0導入してみた。

USB2.0の10倍速!って言う売り文句にだまされて抱き合わせ品を買ってみた。
IO-DATAの「USB3-PEX」PCIExpress x1に挿すボードタイプと玄人志向の玄立セットで6千円切る感じ。
ボードを挿して、起動してドライバをダウンロードしてインストール。
ドライバなので一応再起動。
あとはHDDを挿すだけ。速度的にはまぁ満足の範囲。
SATAのコネクタは抜き差し回数の保証の範囲がかなり少ないので、できる限り回数を減らしたいと思っていたんだけど、スタンドタイプは結構使いやすい^^;
ついつい利用頻度も上がる(^◇^;
想定は50回くらいだったかな?w
20回も抜き差しすると弱ってゆるくなるのも事実。
丁寧に扱いましょう。
ケースタイプに比べると廃熱が弱いので、千円くらいのUSB-FANで空冷すると40度には届かない範囲で使えます。
心配事としては埃の処理くらいかな^^;
WindowsXPではESATAと違ってUSBだと「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンからドライブをはずして、回転を止める事ができるので、安心して擬似ホットプラグができるのがうれしい(^^)
USB2.0の外付ケースタイプのユニットはほとんど使う事がなくなるだろう^^;