HDUSの入ったPCにPT2を導入してみる1(画像あるので重いです)

先人の知恵を拝借しながら進めよう(^^)
PT2まとめWiki
http://pt2wiki.from.tv/index.php?FrontPage
まずはおきまりの・・・丸ごとバックアップ!^^
PT2-GHOST
Norton Ghost 2003でさくっとドライブイメージの吸い取り。
WinCDRとか懐かしい名前が見えるのもOSのクリーンインストールしてない証拠でもありまする^^;
その間にPT2の準備。
PT2
挿したところ。(すでにこの時にボードが挿さっていないという失敗^^;)
挿入1(失敗)
ちょっと汚い。写真撮るなら掃除すればよかったw
・ドライバインストール。(公式より PT2-Windows-Driver-200.exe)
・SDKインストール。(公式より PT-Windows-SDK-201.exe)
お、すんなり。
Sample.exe for PT1/PT2 バージョン 2.0 2009/10/12
[デバイス選択メニュー]
Bus: PCIバス番号
Dev: PCIデバイス番号
Fun: PCIファンクション番号 (正常動作時は必ず 0 になります)
PTn: 品番
Cnt: PCIデータバス上で発生しているビット化け数
Bus Dev Fun PTn Cnt
0: 終了
>
「0」しか選べないんですが・・・
sampleを実行してもボードが認識されない状況らしい^^;
FAQを読む。wikiにあるとおりの症状。
PT2動作確認
「0: 終了」→PT2が見つからない→PCIの刺し具合が甘い、関係の無いUSBやPCI機器を全て外す→他のパソコンで試す→初期不良

関係ないものといっても・・・HDUSか!w
外して再起動。変化なし^^; ボードの挿し具合を見てみる。
アップにするとこんな感じになってた。
挿入2(失敗)ケースの都合で上のチューナーの衛星側端子がぎりぎりです^^;
挿入3(成功)
がっちり最後までさしてあげましたわ!ヲホホホ!(^O^)
で、ドライバをインストール!SDKインストール!
sampleでチェック!!
Sample.exe for PT1/PT2 バージョン 2.0 2009/10/12
[デバイス選択メニュー]
Bus: PCIバス番号
Dev: PCIデバイス番号
Fun: PCIファンクション番号 (正常動作時は必ず 0 になります)
PTn: 品番
Cnt: PCIデータバス上で発生しているビット化け数
Bus Dev Fun PTn Cnt
0: 1 6 0 2 0
1: 終了
>
ちょっと幸せを感じた一瞬(^^)
前にインストールしたドライバとか削除してないな・・・^^;
まぁヨシトシヨウ(;^_^A アセアセ・・・

PCの調整も終わって実働開始ヽ(*^。^*)ノ

先週の録画テストのDROP状況。ひどいもんだ^^;
PT2-DROP
HDDレコーダーやHDUSは正常に録画。分配減衰も意識するほど影響はないんだけど・・・
アンテナ線入れ替えてもフェライトコア入れても発生しているので他のところに要因があるようだ。
過去に戻って原因を探すとしよう(^◇^;

BUFFALO_RAMDISK_Utility の注意事項

宣伝文句のOS認識外領域の使用について。
BUFFALO RAMDISK ユーティリティー Ver.3.0.0.0(2010年3月3日掲載)
http://buffalo.jp/products/catalog/memory/speedup/ramdisk.html
※「OS管理外及びOS管理内を合算して使用」や「OS管理外のみ使用」は、お使いのパソコンにバッファロー製メモリーが1枚以上搭載されている場合のみ選択できます。
なぜ使えないかずっと悩んでたよ(^◇^;
IOはあってもバッファローのメモリなんて買った記憶がない^^;

まぁいつかは出ると思ってたさ! たぶん動くと思う 動作保証なしアウトレット PT2コピー品[PT2X2]

【3波対応】 DECULTURE PT2X2 Rev1 【4TS】
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/avi/1270842111/
比較写真はこちら
PT1関係ファイル置き場
http://2sen.dip.jp/cgi-bin/pt1up/upload.cgi
ネタかと思ったら本当に売るらしいw
10枚くらい売って後は自演ヤクオフで荒稼ぎできる!(^◇^;
比べるとかなり雑に見えるけど・・・
動作保証なしのアウトレット。
PT2は元気に動いてるし、HDUSも引退か視聴用に別のマシンに入れるくらい。
安定しているときは触りたい気力もないので・・・
特に興味はないけど、久しぶりに機器ネタで笑えたのでメモっておこうw
社長にはメールで何度かお話ししてお世話になっているので、信者じゃなくてももうちょっと作りようがあっただろうと思ったり^^;

Fedora12をインストール後、5ヶ月放置してUpdateしてみた!

PT2が届いたのでテストマシンを組もうと思って機材をあさっていたら
Fedora12がインストールされたドライブを発見!
リリース後テストの為一ヶ月くらいロードテストしてたものです。
最後のアップデートは12月初め。
さくっとアップデート行ってみよう!^^;
# yum -y update yum
273ファイル、トランザクション523個の更新・アップデート!この時間ならさくさく落ちてくるヽ(*^。^*)ノ
エラーが出てたり(;^_^A アセアセ・・・
整理中 : cyrus-sasl-2.1.23-4.fc12.i686 439/523
Non-fatal POSTUN scriptlet failure in rpm package cyrus-sasl
整理中 : hunspell-1.2.8-12.fc12.i686 440/523
groupdel: グループ ‘saslauth’ は存在しません
warning: %postun(cyrus-sasl-2.1.23-4.fc12.i686) scriptlet failed, exit status 6
見たことのない名称だ・・・後で調べるとしよう。
[warning: /etc/samba/smb.conf created as /etc/samba/smb.conf.rpmnew]
とか一応見ておいたほうがいいものをチェックする。
設定内容自体はとりあえず大丈夫のようだが。。。
再起動してみる(おかしかったら教えてくれるよ!w)
無事に動いているようだ。ATOM鯖は搭載メモリ容量に難がある。
うpロダはCPU性能は消費電力で選んでかまわないが、HDDの負荷というか温度がキャッシュの量に影響する。
もちろん電気代にも影響する!(微々たるものだけど)
今日はそんなところかな。
cyrus-saslとは。
めいる関係の承認らしい。 SASL 認証というのがあるらしい。
メールはフリーメールで用が足りてるのでスルーかな。
セキュリティー関係の依存で入れられてしまうようですな。
そのままでは役に立たないらしいw
グループなども追加されてないしこやつもスルーしておこう。

EpgTimer_Bon.exeが起動できませんでした

HDUS録画環境を久しぶりにアップデート。前は1月くらいかな?^^;
前のフォルダを圧縮保存して上書き。
内容はこの三つ。
EpgDataCap_Bon(人柱版9.46)
TVTest ver.0.6.6
EPGデータビューア Ver1.38
で、「EpgTimer_Bon.exeが起動できませんでした」とな(^◇^;
はてさて。
解決法:Microsoft .NET Frameworkの3.5を入れる。
今はSP1かなっと。
SP1じゃないものもあるので紛らわしいっす。
アップデートすればSP1が出てくるけど。
とりあえずうちでは解決!
他にもエラーが出るパターンがあるそうなので書き込み探してください^^;
そろそろPT2用PC組むかな・・(^◇^;

【ドスパラ】アースソフト『 PT2 』ご購入権当選のお知らせ?

うっ(^◇^;
これはまた不思議な気分にさせてもらえるメールが!w
—-
アースソフト地デジチューナー『 PT2 』の再抽選におきましてお客様が当選となりました。おめでとうございます!
—-
理由もなく再抽選とはキャンセルでも出たのかな^^;
外れ連絡の後に当選。
これで金額上がってたらオークション詐欺でよくある手法だぞw
まぁとりあえずぽちっておこう。
不可解だ。微妙に納得がいかない。
週末にホワイトデー分のお返しで奮発したばかりなのにf(^^;)トホホ

[manna] PC起動しているだけでWebmoneyがもらえるらしい!2

せっかくインストールしたのでもう少し使ってみる。
2日目。
昨日の成果が19CM。今日の成果が17CM。
0.15と大目の変換レートで見ても二日で3ポイント!(^◇^;
他の使い道も考えてみる・・・
動画検索で[アリス ジョニー ディップ]と入れてみると、映画の予告編と違法な画像がたらたら流れる。
こっちの方が使い道があるかもしれないぞ!w
検索条件にもう少し絞込みやらいろいろできるといいんだけど・・・
ダウンロード規制法もあったりなんだかんだあるのでほどほどにw
関係ないキーワード設定やどうせもいい宣伝動画とかも出てくるので嫌な気分にもなったりするアングラ映像が平気な方にw
違法通知もできるようになってればいいのに。
最近の動画プレイヤーは他人のふんどしで見せるだけの割に機能が少ない^^;
著作物検索に有効だなぁと思ったりもする。
いちいち検索しなくてもキーワード設定して置くだけでどんどん引っ張り出してくれるわけで?。こりゃ削除以来出す方はやりやすいな?^^;
最近面白い動画に行き着くことも無くなってぜんぜん見てないけど、きっと発見される機会を待っている動画もたくさんあるに違いない!w

[VALUE-DOMAIN]DiCE以外でDDNSのアップデート

春という事で鯖のドメイン引越しなぞやってみたり(^◇^;
DiCE以外も使えるようになってもいいんじゃないかとちょいとお勉強。
ダイナミックDNS(DDNS)Value-Domain 自動登録スクリプト
http://miyazaki.ddo.jp/linuxserver/ddns_valuedomain.html


上記を参考に(^◇^;
グローバルIPアドレスの取得から。VALUE-DOMAINでは更新用cgiとグローバルIP取得xgiが用意されているので、それで取得すればいいのですが・・f(^^;)
参考ページにあるルーターと同じメーカーなので試してみました!(ぉ
■ルーターへtelnet
# telnet 192.168.***.***
Trying 192.168.***.***…
Connected to 192.168.***.***.
Escape character is ‘^]’.
Telnet Server 1.10 All rights reserved.
login : admin
Password:
### Welcome To WARPSTAR ###
>show info wan 22
ENTRY NO ….. 22
IP ADDRESS ….. 203.***. ***.208
SUBNET MASK ….. 0. 0. 0. 0
DNS SERVERS
IP ADDRESS1 ….. 202.***. ***.247
IP ADDRESS2 ….. 210.***. ***.193
AC INFORMATION
AC NAME ….. *******
SERVICE NAME ….. (empty)
>
お、動くじゃんヽ(*^。^*)ノ
AC NAMEに恐ろしい文字も見えるが・・・見なかったことにしておこうw
■IP取得スクリプト(/path/to/warpstar.pl)
#!/usr/bin/perl
use Net::Telnet();
$lines =””;
$wp_host = ‘192.168.***.***’; #<-- ルータのIPアドレス $wp_user = 'admin';   #<-- ルータ管理者アカウント名(固定) $wp_pass = '****';   #<-- ここには自分のパスワードを入れてね $t=new Net::Telnet(Timeout => 10);
$t->open($wp_host);
$t->waitfor(‘/login :.*$/’);
$t->print(“$wp_user”);
$t->waitfor(‘/Password:.*$/’);
$t->print(“$wp_pass”);
$t->waitfor(‘/>.*/’);
$result = “ERR\n”;
$t->print(“show info wan 22”);
($lines)=$t->waitfor(‘/>.*/’);
foreach $_ (split(/\n/, $lines)) {
if(/^( +)(IP ADDRESS +)(\.+ )( *)([0-9]*\.)( *)([0-9]*\.)( *)([0-9]*\.)( *)([0-9]*)/) {
$result = “$5$7$9$11\n”;
}
}
if($result == “0.0.0.0”) {
$result = “ERR\n”;
}
print $result;
$t->close;
exit
で、テスト。エラーでとる(:_;)
■perlのtelnetが無いようなので入れる(CPANをスルーする私^^;)
# yum -y install perl-Net-Telnet
読み込んだプラグイン:downloadonly, fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* fedora: ftp.heanet.ie
* updates: ftp.heanet.ie
インストール処理の設定をしています
依存性の解決をしています
–> トランザクションの確認を実行しています
—> パッケージ perl-Net-Telnet.noarch 0:3.03-7.fc10 を更新に設定しました
–> 依存性解決を終了しました
依存性を解決しました
===================================================================================
Package Arch Version Repository Size
===================================================================================
インストールしています:
perl-Net-Telnet noarch 3.03-7.fc10 fedora 56 k
Transaction Summary
===================================================================================
Install 1 Package(s)
Upgrade 0 Package(s)
総ダウンロード容量: 56 k
パッケージをダウンロードしています:
perl-Net-Telnet-3.03-7.fc1 14% [== ] 0.0 B/s | 8.0 kB –:– ETA
perl-Net-Telnet-3.03-7.fc1 57% [=========- ] 27 kB/s | 32 kB 00:00 ETA
perl-Net-Telnet-3.03-7.fc10.noarch.rpm | 56 kB 00:01
rpm_check_debug を実行しています
トランザクションのテストを実行しています
トランザクションのテストを終了しました
トランザクションのテストを成功しました
トランザクションを実行しています
インストールし : perl-Net-Telnet-3.03-7.fc10.noarch 1/1
インストールしました:
perl-Net-Telnet.noarch 0:3.03-7.fc10
完了しました!
再テスト。無事IP取得ができたようですヽ(*^。^*)ノ
■Value-Domain 用DNS更新スクリプト(lynx用)
#!/bin/bash
SUBDM=”dyn”
TO=”-connect_timeout=180″
# 自グローバルIPアドレスを取得する。
# この場合は自分のルーター(NEC WR7****) から…
REMOTEIP=`/path/to/warpstar.pl`
#echo “remoteip = $REMOTEIP”
#
# CGI Script
CGI=value-domain.com/cgi-bin/dyn.fcg
#
# domain / password
DOMAIN=”****” # <-- 自分のドメイン名 PASS="****" # <-- DNS更新パスワード MESSAGE="****" # <-- あなたのお気に入りの言葉 IPFILE="/tmp/${DOMAIN}.ipaddress" if [ ! -f "$IPFILE" ]; then echo "$MESSAGE" > “$IPFILE”
fi
if [ $REMOTEIP == “ERR” ]; then
echo “$MESSAGE” > “$IPFILE”
KEKKA=”could not retrieve global IP address”
/usr/bin/logger -p daemon.info -t $DOMAIN $KEKKA
exit 0
fi
if [ x”$REMOTEIP” != x`cat “$IPFILE”` ]; then
HOST=”@”
URL=”http://${SUBDM}.${CGI}?d=${DOMAIN}&p=${PASS}&h=${HOST}&i=${REMOTEIP}”
RESULT1=`/usr/bin/lynx ${TO} -dump $URL | head -10 | grep ‘status’ | awk ‘{print $1}’`
/usr/bin/logger -p daemon.info -t ${HOST}.${DOMAIN} ipaddress=$REMOTEIP server=$SUBDM $RESULT1
HOST=”www”
URL=”http://${SUBDM}.${CGI}?d=${DOMAIN}&p=${PASS}&h=${HOST}&i=${REMOTEIP}”
RESULT2=`/usr/bin/lynx ${TO} -dump $URL | head -10 | grep ‘status’ | awk ‘{print $1}’`
/usr/bin/logger -p daemon.info -t ${HOST}.${DOMAIN} ipaddress=$REMOTEIP server=$SUBDM $RESULT2
if [ $RESULT1 == “status=0” ]; then
if [ $RESULT2 == “status=0” ]; then
echo “$REMOTEIP” > “$IPFILE”
fi
fi
fi
exit 0

■Lynxをインストール
# yum -y install lynx
読み込んだプラグイン:downloadonly, fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* fedora: ftp.heanet.ie
* updates: ftp.heanet.ie
インストール処理の設定をしています
依存性の解決をしています
–> トランザクションの確認を実行しています
—> パッケージ lynx.i386 0:2.8.6-18.fc10 を更新に設定しました
–> 依存性解決を終了しました
依存性を解決しました
===================================================================================
Package Arch Version Repository Size
===================================================================================
インストールしています:
lynx i386 2.8.6-18.fc10 updates 1.8 M
Transaction Summary
===================================================================================
Install 1 Package(s)
Upgrade 0 Package(s)
総ダウンロード容量: 1.8 M
パッケージをダウンロードしています:
lynx-2.8.6-18.fc10.i386.rp 0% [ ] 0.0 B/s | 8.0 kB –:– ETA
lynx-2.8.6-18.fc10.i386.rp 1% [ ] 28 kB/s | 32 kB 01:05 ETA
lynx-2.8.6-18.fc10.i386.rp 4% [- ] 34 kB/s | 80 kB 00:51 ETA
lynx-2.8.6-18.fc10.i386.rp 9% [=- ] 50 kB/s | 168 kB 00:33 ETA
lynx-2.8.6-18.fc10.i386.rp 16% [==- ] 75 kB/s | 312 kB 00:20 ETA
lynx-2.8.6-18.fc10.i386.rp 25% [==== ] 98 kB/s | 464 kB 00:13 ETA
lynx-2.8.6-18.fc10.i386.rp 43% [======= ] 161 kB/s | 808 kB 00:06 ETA
lynx-2.8.6-18.fc10.i386.rp 66% [=========== ] 233 kB/s | 1.2 MB 00:02 ETA
lynx-2.8.6-18.fc10.i386.rp 96% [================ ] 331 kB/s | 1.7 MB 00:00 ETA
lynx-2.8.6-18.fc10.i386.rpm | 1.8 MB 00:03
rpm_check_debug を実行しています
トランザクションのテストを実行しています
トランザクションのテストを終了しました
トランザクションのテストを成功しました
トランザクションを実行しています
インストールし : lynx-2.8.6-18.fc10.i386 1/1
インストールしました:
lynx.i386 0:2.8.6-18.fc10
完了しました!
で、ドメインの更新を確認すると。エラー9・・(^◇^;
参考:ステータス0が正常更新。9がアンノウン。
VALUE-DOMAINでDDNSの更新許可設定してないと出ます。
■ダイナミックDNS設定情報更新
・ダイナミックDNS機能(チェックを入れて有効にする→更新ボタン)
・ドメインパスワード(ついでにドメインロックもしてみる)
[http://dyn.value-domain.com/cgi-bin/dyn.fcgから更新できるように設定]
再度スクリプトのDNS更新テスト~。やっと成功ヽ(*^。^*)ノ
■/etc/crontab変更で自動更新にゃ(=^・^=)
# for yourdomain.com Value-Domain update
*/10 * * * * /root/update_dns.sh(ファイル名は好きなように)
59 23 * * * rm -f /tmp/(ドメイン名).ipaddress

久しぶりにすんなり(?)作業終了ヽ(*^。^*)ノ

PC起動しているだけでWebmoneyがもらえるらしい!(^◇^;

Webmoneyがやってるように見えたよ^^;
広告の成果的には月に40?50pointらしい。
・一日単位の広告xポイント変換レートで一日のマナポイントが決まる
・どうやら端数は切り捨てのようだ
・1マナポイント→1Webmoney(10ポイントから)
・CPU利用率が上がるので省電力モードがほとんど効かない
・ディスプレイのスクリーンセイバー&省電力が動くような状態じゃ使えないw
CM視聴料以上に電気代が上がる!!!!!^^;
・4GamerのPR広告ではボタンを押す必要が無いとかあったけど、実際はボタンを押さないといけない(^◇^;
【うちの録画用24時間起動PCで試算では60Wの蛍光灯一本分の電気代が増える計算】ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
それでも興味がある方はどうぞ(^^)ノシ
広告(4Gamer):【PR】元手はゼロ円! 「manna」で動画CMを見て,有料アイテムをお得に購入しよう
http://www.4gamer.net/games/027/G002744/20100311065/
提供:AIDIA(株式会社エイディア)
http://www.ai-d-ia.com/
公式:ウィジェット型CM動画配信サービス [ manna マナ ]
http://www.manna-jp.com/index.html

“PC起動しているだけでWebmoneyがもらえるらしい!(^◇^;” の続きを読む