AVerMedia Live Gamer Portable 2(型番:AVT-C878)「謎の白化現象を追え!」(3/3)-白化はモニタオフで起きていた!連続録画はスリープ&再起動は要注意?(^◇^;

(仮)再起動時もモニタの解像度とか切り替わりますものね・・・

このサイトは自己責任で自分で再検証するための材料を提供するだけで、個人視点で思い込みと偏見で満ちているのですべてが正しい情報とは限りません。
また、同じ機器を使用していても設定やバージョンの違いなどで同じ動作が起こることを保証するわけではございません。
はまってるやつがほかにもいた!って言う見えない精神的安定剤を供給できればと思っていますm(__)m

酔って頭が回らないんで、メモ書きを貼り付けておきます(・∀・)アヒャ!!
起きたら(たぶん)見直します。自己解決してるんで、大まかに合ってたらこのまま放置されますm(__)m

Media Player Classic Home Cinema (MPC-HC) は K-Lite Codec Pack (Full)に付属しているものを使用しています。
http://www.codecguide.com/download_kl.htm

前回からの宿題:白化現象についての検証
・USB電源の供給元の変更(リブート・再起動でUSB供給電源の変化で変わるのか→変化なし)
・標準/拡張設定時の色調整など(標準・拡張モードともに白化は起きる。色合いなど変更しても保持されたまま白化するので、設定がリセットされているわけでは無い)
・HDCP検出のON/OFF(影響なし)

未検証:
・グラボ出力の調査(HDMI端子が一つしか無いので、今ある分配機など使ってみたんですが変化を調べる設定が見つからなかったので保留)
※NVIDIA Geforce GTX 750 の出力自体がリミテッドレンジに切り替わってしまう可能性

●白化リセット方法:20回試して白化解除成功率を%表示してあります。すべて自己責任で!
1,USBを抜く(USB切替機:壊れてもかまわない)(85%)
2,HDMIを抜く(壊れたら困る:本体から延長コードを使って本体は抜かない)(90%)
3,単体録画モード以外に一度切り替える(壊れたら致命的^^;)(95%)
4,モニタをオフにするプログラムを1度使って、常に白化状態で録画する。モニタのオフもPCSleepも使える(^◇^;-おまけ
(うちのPicoPicoTimerみたいなやつで、ディスプレイをオフにする荒技、省エネ切り替えはいろんな機器に負荷がかかりますのでおすすめしません)

かなりの既視感で同じネタを書いたような気がする・・・・でじゃびゅ!(夢の中でも書いてます)
AVT-C878のクイックタイム動画(MOV形式)は標準カラーモードも拡張カラーモードも、BT.709でカラーレンジはフルレンジ、で保存されているので、グラボ出力が変化している可能性が高い気がするんですが・・・(T_T)
再生側というか、HDMI出力側がPCデスクトップなので、フルレンジのHDMIが入力になっているせいかな・・・
(その後、SONYのハンディカムHDR-CX550VからHDMI接続で録画しましたが、colour_range:Fullでした。)

◆「白化状態はフルレンジがリミテッドレンジに変換されている状態です。」
が、AVT-C878録画時に、フルレンジからリミテッドレンジされた状態をフルレンジと認識してもう一度リミテッドレンジに変換されてしまいます。(2度変換された感じになる:32-215)
これがモニタオフから復帰しただけで切り替わってしまうというか、変換のスイッチが入ってしまうというかf(^^;)

とりあえず、言葉で表現するのもなんなんで、静止画像をペタペタ。(動画再生はおまけです。外周のカラーを見てください(^◇^;)

※NVIDIAのビデオカラー設定を利用した場合

NVフルレンジ
ソース再生
NV限定レンジ
ソース再生
NVフル(白化)
ソース再生
NV限定(白化)
ソース再生
標準モード
16-235録画
NVフルレンジ再生
標準モード
16-235録画
NV限定レンジ再生

拡張モード
0-255録画
NVフルレンジ再生

拡張モード
0-255録画
NV限定レンジ再生

※プレイヤーの設定を利用した場合(MediaPlayerClassicの入力自動判別)

NVフルレンジ
ソース再生
NV限定レンジ
ソース再生
NVフル(白化)
ソース再生
NV限定(白化)
ソース再生
標準モード
16-235録画
プレイヤー設定再生
拡張モード
0-255録画
プレイヤー設定再生

※◎※ここまで書いておいて、colour_range:がフルとリミテッッドで処理がどう変わるのかよくわかっていなかったりしますm(__)m ※◎※
まずいねwちょっとテストしてみた。
NVIDIAビデオカラー設定でNVIDIAの設定を使う→フルレンジ・圧縮レンジともに、MediaPlayerClassicを使用すると再生に違いが出ますね。
逆にNVIDIAビデオカラー設定を使わずにプレイヤーの設定を使うにしてMediaPlayerClassicを使用するとどちらも同じ動画になってしまうのです!。これを踏まえて使い分ける感じでヽ(*^。^*)ノ
(ここまで来て発覚!多少の設定の違いは全部吸収されていた!かも。Edge上では違う動画です。)

TMPGEnc Video Mastering Works 6 – Full(フルレンジ)
20180929_071408_full.mp4(←右クリックしてダウンロードできます)

TMPGEnc Video Mastering Works 6 – Limited(圧縮レンジ)
20180929_071408_limited.mp4(←右クリックしてダウンロードできます)

■環境によって設定できる内容があったり無かったりするので、大まかな感じのまとめです。
・PCのデスクトップを録画するときは:
0-255のフルレンジなので、AVT-C878の設定は拡張カラーモード
0-255拡張カラーモードで録画されているので、再生もNVフルレンジ(または再生ソフトの自動認識か手動設定)

・コンシューマーゲーム機を録画するときは:TV出力が基本
出力がTVモードなら16-235なので、AVT-C878の設定は標準モード
TVにHDMIで繋ぐなら再生も16-235のTV向けの設定で。

PCのデスクトップ・またはフルレンジHDMI設定で見るならNVIDIAのビデオカラー設定で限定レンジ→フルレンジにする。またはプレイヤーの設定を変える(自動判別もアルっぽい)
プレイヤーごとに色空間の管理も変換も違うので、他の環境では違った動作になると思います。Media Player Classic Home Cinema (MPC-HC)は入力の自動判別がデフォルトになっているので、TMPGEncで設定を変えて書き出しても、再生時にほぼ同じな知覚表現に合わせてくれます。
エンコードの違いを確認するためには、自動認識を切ったり、NVIDIAのビデオカラー設定のように、プレイヤーの設定を無効にするなど工夫しないといけませn(^◇^;
ソレがわかったのが今回の収穫かも?w

【AviUtl】結局どっちでエンコすればいい?
http://aviutl.info/yuy2-muassyuku/

私の静止画サンプルみたいに混在しているときは、混乱するのでターゲット絞って、うまく色空間を合わせましょうというお話?かな(^◇^;
あと、AVT-C878のMOV出力もそうなんですが、言語が英語圏になっているので、「作成日時」が日本時間+9時間になってたりしますヽ(*^。^*)ノ

ローカルデバッガーは今日も飲酒で徹夜の巻でした^^;
・・・なんだか疲れたよパトラッシュ・・・・

—-サンプル動画の情報です(MediaInfoを使用)
全般
完全名称 : D:\waterfall-free-video4\waterfall-free-video4.mp4
フォーマット : MPEG-4
プロファイル : Base Media / Version 2
コーデック ID : mp42 (mp42/mp41)
サイズ : 18.8 MiB
ながさ : 20秒 53秒
OBR モード : VBR モード
オーバルビットレート : 7 873 Kbps
エンコード日 : UTC 2014-03-30 07:56:48
タグ付け日 : UTC 2014-03-30 07:56:48
TIM : 00:00:00:00
TSC : 30000
TSZ : 1001

ビデオ
ID : 1
フォーマット : AVC
フォーマット/情報 : Advanced Video Codec
プロファイル : Main@L4.1
設定 : CABAC / 3 Ref Frames
CABAC : はい
RefFrames : 3 フレーム
Format_Settings_GOP : M=4, N=29
コーデック ID : avc1
コーデック ID/情報 : Advanced Video Coding
ながさ : 20秒 53秒
ビットレートモード : VBR モード
ビットレート : 7 547 Kbps
最大 : 8 000 Kbps
幅 : 1 920 ピクセル
高さ : 1 080 ピクセル
解像度 : 16:9
モード : VFR モード
フレームレート : 29.970 (30000/1001) fps
最小 : 29.970 fps
最大 : 30.000 fps
標準 : NTSC
ColorSpace : YUV
ChromaSubsampling/String : 4:2:0
BitDepth/String : 8 ビット
スキャンの種類 : プログレシッブ(PPF)
ビット/(ピクセル*フレーム) : 0.121
ストリームサイズ : 18.0 MiB (96%)
言語 : 英語
エンコード日 : UTC 2014-03-30 07:56:48
タグ付け日 : UTC 2014-03-30 07:56:48
colour_range : Limited
Codec configuration box : avcC

オーディオ
ID : 2
フォーマット : AAC LC
フォーマット/情報 : Advanced Audio Codec Low Complexity
コーデック ID : mp4a-40-2
ながさ : 20秒 53秒
Source_Duration/String : 20秒 96秒
ビットレートモード : CBR モード
ビットレート : 317 Kbps
チャンネル : 2 チャンネル
Channel layout : L R
サンプルレート : 48.0 KHz
フレームレート : 46.875 fps (1024 SPF)
ストリームサイズ : 777 KiB (4%)
Source_StreamSize/String : 779 KiB (4%)
言語 : 英語
エンコード日 : UTC 2014-03-30 07:56:48
タグ付け日 : UTC 2014-03-30 07:56:48

AVerMedia Live Gamer Portable 2(型番:AVT-C878)「謎の白化現象を追え!」(2/3)-単体モードはバージョンで変わるのか?原因は?

ハードウェア AVT-C878 と、PCの再起動の関連性を調べてみる。

■ 再生側PCのハード構成
CPU:Intel i7-3770T 2.5GHz(3.7GHz)
マザー:Gigabyte Z77MX-D3H TH ver.F7e
OS: Windows10 Pro 64bit Build 17134(SSD)
メモリ: 12GB (ADATA DDR3 4GBx2+2GBx2 PC3-12800)
SSD:ADATA SX900:128GB(FW5.4.1)
グラボ:NVIDIA GeForce GTX 750 (Driver 411.63)

GTX750のDVIをD-subに変換してアナログでモニタ接続(A)、GTX750のminiHDMIをHDMIにAVT-C878(B)デジタル接続、AVT-C878からのモニタ出力はなし。
AVT-C878への電源供給はPCのUSBから行う

■ 各種条件により白化の再現性などを調べてみる。
バージョン:AVT-C878 キャプチャーデバイスの専用ファームウェア
【バージョン情報】Ver 3.0.0.3

【主なアップデート内容】
1. 不具合修正および安定性向上
2. 59.94、29.97FPSに対応します
3. 映像の品質を改善します
4. 色(ゲーム画面の色が少し白っぽい)を改善します

AVerMedia Live Gamer Portable 2(型番:AVT-C878)はファームウェアの更新で古いバージョンに書き換えることもできるので、3.0.0.3と3.0.0.15で比較してみる・・・
(今回は白化現象の検証のため画質等のお話はスルーで^^;)
以前にも報告や改善はされているようです。この状況とは違うかもしれませんが(・∀・)アヒャ!!

アプリ(録画ツール)【バージョン情報】
RECentral(Windows版):Ver 4.0.0.78
RECentral(Windows版):Ver 4.3.0.34(Beta版)

表を作っていろいろテストしたのですが、バージョンによる動作自体の違いはないので省略します・・・il||li _| ̄|● il||li
クライアントアプリケーションもバージョンアップしていましたが、どちらも白化現象は起きたので省略。動画のアップも容量食うので削除。
がっつり削除。(^◇^;
削除。
削除。
削除。
(俺の二日間・・・中略)
削除。
削除。
削除。

悲しみ(T_T)

気を取り直して、ファームウェアとアプリケーションの違いではないところで起きているという感じ。
カラー設定を標準/拡張、設定直後単体モード切替(PC録画→単体、カードリーダ→単体)、リブート(再起動)後、シャットダウン(PC電源断、USB電源供給あり/供給なし)、白化状態でAVT-C878の後ろのUSBコネクタを抜くなどなど

おまけ:GIGABYTE 電源断でUSB電源供給のあり・なし
公式ツールにありますが、入れたくない人も多いと思うのでメモ“φ(・_.) メモッ!

[ErPモード]を[Enable]に切り替えると電源断時、電源供給が止まります。

■ 白化現象の中間まとめ:現時点の傾向と対策(現時点での回避策)
ふぉとしょっぴで出力レベルを、機器設定の標準モードに合わせてみると、あら不思議、白化現象と同じ感じに(^◇^;
ただ、PC録画モードでツールを立ち上げて、標準/拡張を切り替えてプレビュー映像を見ると逆転する。

中間まとめ:
・PC録画モードでアプリ(録画ツール)を立ち上げて設定確認後、単体モードに切り替えて録画した場合、白化現象が起きない。
・正常録画確認後、PCを再起動または電源断→起動すると白化現象が起きる。
・白化症状は標準モードと拡張モードの違いに見える(見た目も数値上も)

対策:テストしてちゃんと録画尾確認するのが確実
1,単体モードで仮録画(黒ベタ)で確認する。白化してなければそのまま録画する。
2、白化してたら→PC録画モードに切り替えるHDMI切り替えで画面がちらつくので収まるまで待つ。→単体モードへ切り替える(1へ戻る)
※AVT-C878うしろのUSBを抜き差しする手もありますがおすすめできません。

今後の検証:
グラボ出力の調査・USB電源の供給元の変更
標準/拡張設定時の色調整なども調べる
HDCP検出のON/OFFなど…まだ調べてない要因は結構あるなぁ・゚・(ノД`)・゚・

AVT-C878の設定で回避できることなのか、グラボやモニタ構成で回避できることなのかはっきりさせたいですね!
このままだと、単体モード切替スイッチかUSBコネクタが死んじゃいます(・∀・)アヒャ!!

AVerMedia Live Gamer Portable 2(型番:AVT-C878)「謎の白化現象を追え!」(1/3)-単体モードのカラー設定初期化(無効)?白化?灰化?

Live Gamer Portable 2(型番:AVT-C878)(2018年9月現在、新製品の4K対応版のPLUSがでております)
https://www.avermedia.co.jp/product_swap/avt-c878.html

今回は説明が面倒なので「白化」と勝手に呼んでいるだけです。多分正式名称があるでしょう(・∀・)アヒャ!!
※HDMI接続の「フルレンジ」と「ミドルレンジ」の設定の違いの話では無く、PC再起動するだけでAVT-C878機器の認識(設定)が変わる現象のことです。
OS,グラボ,AVT-C878,HDMI切り替え機,ケーブルなど原因を探して回避する方法を探そうっていう趣旨です。

携帯ゲームの「ダンメモ(ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか-メモリア・フレーゼ-)」がメンテで連休中遊べなかったという暇つぶしにいろいろあさってみた。
ファームウェアのアップデート直後もあって原因追及が面倒なぁと思っていたんですが、時間が空いたので連休終わっても追跡調査してました。
深夜のアップデート表示変化で削除してしまってまぁ大変でしたわ@@

何やら白いですわねぇ

よく見ると白くなっていると言うよりグレー化?灰化?タイトル変えねば@@

Live実況で使った映像をダイジェストで残すときに、どうも白い映像になってるときが歩きが仕方なかったのでほじくり返してみたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
エンコード時にコントラストとガンマ補正で、ほぞ遜色なく対応できるのですが、TMPGEncの「TMPGEnc Video Mastering Works 6」でエンコード時間を考えると、色補正抜きでエンコードだと1/3位の時間になるので、アナログ時代の経験があればスルーできるものの、今のデジタル時代原因追及して対応したいと思った感じです。

リセット後=単体録画モード切替後、再起動なしで単体録画する。
リブート後=単体録画モードのままWindows10を再起動後、単体録画する。

映像サンプル:暗部がある映像
Cafi Netつながる情報技術-滝の動画をダウンロード(waterfall-free-video4.mp4(zip))
http://japanism.info/waterfall-free-video.html

リセット後

リブート後(白化)

※AVT-C878で1080p/60fps録画 「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5」でぶつ切り
リセット後


リブート後

モニタの設定次第ではわからない範囲ですが、比較するとよくわかりますねf(^^;)
設定直後切り替え単体モードは正常に録画できることを突き止めたので、次回以降はそのあたりを足がかりに問い詰めていきましょう!

※調査・実験を行うにつれ、再現のタイミングなどが明になっていくので、後半では説明文章がかなり変わりますが、当初の発見時の文章はそのまま残しておきますm(__)m