[2018年10月]いまさらですが PT3 はじめました。(PT2サーバーに追加する:ソフト編)

PT2稼働中のPCにPT3を追加すると言うことで。個人的なメモ。

・PT3ドライバ(公式)
・PT3SDK(公式)
https://earthsoft.jp/PT3/download_SHA-2.html

・BonDriver_PT3-ST
https://github.com/epgdatacapbon/BonDriver_PT3-ST

BonDriver_PT3-S.ChSet.txt(2018.10版[取得日2018.10.25]ファイル名は修正してください)
(BonDriver_PT3-S.ChSet.txt 生成改造版をつかう)PT3-Example-400.zip(5chに上がっている)
作成法はいろいろある。(通常の環境ならPT2と同じ)
—-
1,PT3-Driver-400+.exeを入れる。PC再起動。
https://earthsoft.jp/PT3/bin/PT3-Driver-400+.exe

2,PT3-SDK-400+.exeを入れる。PC再起動。
https://earthsoft.jp/PT3/bin/PT3-SDK-400+.exe

3,TVTestでPT3動作確認をする。
—-以下のファイルをTVTESTを同じフォルダに入れる。
BonDriver_PT3-S.ChSet.txt(ファイル名は修正してください)
BonDriver_PT3-S.dll(BonDriver_PT3.dllをコピーしてリネーム)
BonDriver_PT3-ST.ini(ファイル名は修正してください)
BonDriver_PT3-T.ChSet.txt
BonDriver_PT3-T.dll(BonDriver_PT3.dllをコピーしてリネーム)
PT3Ctrl.exe
—-
設定が合っていれば、チャンネルスキャンをすると下記.ch2ができる
BonDriver_PT3-S.ch2
BonDriver_PT3-T.ch2
チャンネルスキャンで見つからないときはBonDriver_PT3-S.ChSet.txt、BonDriver_PT3-T.ChSet.txtの内容かファイル名が間違っている。

TVTestでPT3のチャンネルが映れば動作確認OK。
ChSet.txtをEDCBにコピーして使う。(通常の環境ならPT2と同じ)

次はEDCBの設定。これがちと面倒。
—-BonDriverフォルダに追加作成
BonDriver_PT3-S.ChSet.txt
BonDriver_PT3-S0.dll
BonDriver_PT3-S1.dll
BonDriver_PT3-ST.ini
BonDriver_PT3-T.ChSet.txt
BonDriver_PT3-T0.dll
BonDriver_PT3-T1.dll
PT3Ctrl.exe
—-
おまじない。「PC再起動」
EDCBのチューナーリストに「BonDriver_PT3-S0.dll」などが出てくるので、それぞれのチューナーでスキャンする。
ChSet5.txt、ChSet4.txtができあがれば初期設定OK!
—-
1,EpgTimerSrvの設定→[その他]
視聴に使用するBonDriverに「BonDriver_PT3-S0.dll」などを追加する。
2,EpgTimerSrvの設定→[基本設定]
BonDriver(チャンネルスキャンを完了したものが表示されます)の
各「BonDriver_PT3-S0.dll」などのチューナー数と優先順を設定する。
上記の例だと、各チューナー毎にDLLを用意しているので、割り当てチューナー数は「1」で動作できます。
リストにDLLが出てこないときは、再起動してチャンネルスキャンを行って、チャンネルスキャン後PC再起動して確認する。
EpgTimerSrvのInstall.battoremove.batを使うのはbatの内容が読めてわかる上級者向けです。
設定したらPCを再起動反映されているか確認しましょ。


チューナーリストに反映されたら予約テストして動作確認しましょう。
出てこなければPCを再起動。その後設定をやり直す。

なんだか疲れたよパトラッシュ・・・ねむい(-_ゞゴシゴシ

[2018年10月]いまさらですが PT3 はじめました。(PT2サーバーに追加する:ハード編)

冷やし中華始めました~と口ずさみながら~・゚・(ノД`)・゚・
箱。
未開封のまま売ろうかと思ったけど。
社長にはお世話になったし、私の命があるうちは面倒見ます。

ぱっかーん。PT2の録画機を空けて様子を見る。グラボ使ってなければ刺さるだろうと安易に考える男らしさヽ(*^。^*)ノ
写真を加工初めて埃だらけなのに気づく(;^_^A アセアセ・・・

挿してみた。
ハードマニアとしてはPCIEX16にPCIEX1を挿す歯がゆさを感じながら。互換性があるとはいえちょっとね。
まぁ今は気道確保の方が優先だw
チューナーは熱持ちますからねぇ。
ケースファンで送風確認。
前部ファンから風が来るのを確認。これから冬だし大丈夫っしょヽ(*^。^*)ノ

PC起動。PT2動作確認。

—-
ケーブル加工に入る。
今週ずっとケーブル加工している気がする・・・指がヒリヒリしますです。
ケーブルを剥く

F栓加工する

5Cとか太いと加工しにくいけど減衰やノイズ数値みるとやパ~リね・・・量販電気店常備品で個人利用最高スペックで!?w

大体こんな感じではなかろうか。ふむふむ。
結局PT3は2分配器で。PT2には2分配器+分配ケーブルで合計3分配器挟まる感じに。
チューナー違うんで直接比較はできないものの、EDCBシグナルは地デジで1割、CSで8分ほど下がりますね(´・ω・`)

物理接続はこんな所。
—-

さて、最大難関わけわかめのサーバー設定ですん。
あー。ページ変えよう。

4K8K対応準備進んでますか!?[DXアンテナ C27S(B)]アンテナケーブルに 4K8K対応 ラインブースターつけてみた!みえすぎちゃってこま~る!ND16問題も解決しちゃったヽ(*^。^*)ノアルミホイルさようなら!w

Amazonだとエレコムが・・・取り扱っているようです(^◇^;


CS/BS-IFブースター[2K・4K・8K対応] C27S(B)
http://www.dxantenna.co.jp/product/search.php?textfield2=c27s
まぁ近くのホームセンターに無ければ、普通のブースターでイイかと・・・
コンセントの無い点検口にある分配器に繋ぐだけでいいのでこれを選んだ感じです。

スイッチ設定は通電オフで、増幅-10dbとなっています。-10dbで足りなければスイッチを切り替えましょう。このラインからBSCSアンテナに電源供給している場合は、電源オンに。

地デジは少し下がりますがスペック通りの減衰範囲。Dlifeが映るようになりましたヽ(*^。^*)ノおてがる驚異的!
ちなみにCSのND16問題も解決しちゃいました!

アルミホイル地獄も意味が無いわけでは無いですが、・・・誤差の範囲ですよね・・・
元の信号が弱ければ干渉しやすいってことで。

秋のサツマイモのたき火を思い出しながら、ケーブルからアルミホイルを取っていくと・・・

実はケーブルが古かったことが発覚!!(爆笑)

5C-FV・・・(^◇^;
20年以上前に買ったケーブルである。いままでBSも映っていたし何度か引っ越しても問題なかったのでそのまま使っていたが・・・(爆笑)
そりゃぁND16のトラポンはもちろん他も減衰しているわけですよねw

新しい衛星対応ケーブルに交換・・・

PCからアンテナまでは間に分配器が3つあったので、各部屋へ分かれる分配は仕方ないとして、部屋の中の分配器を一つに変更。



私の人生では珍しく、イイ方向へ予想が外れたので、、、、ちゃんと調べるって大事ですね。
最終的にここまで改善したなりヽ(*^。^*)ノ
1万円くらいで幸せになれまするヽ(*^。^*)ノ
各部屋対応の5分配とアンテナ交換で4K8K対応できる!ヽ(*^。^*)ノ

AVerMedia AVT-C878 単体モードの白化の対処法(TMPGEnc Video Mastering Works 6 エンコードフィルタ設定)[CCIR601伸張・YUV設定]

※これはAVT-C878とNVIDIA Geforce GTX 750(無印)と合わせた場合の単体モード録画で起きた「おま環」現象です。
HDMIの2分配なども入っている環境で起きた場合の対処法を模索する私的いろいろ途中メモです。



ドライバ交換してから症状が治っているような気がしますヽ(*^。^*)ノ
416.34-desktop-win10-64bit-international-whql.exe

本体自体は他に類を見ない高性能装置で最新版は4K対応もこなしコスパも非常によいので目的に合う方にはベストチョイスかと思います!

TMPGEnc Video Mastering Works 6 のヘルプより。

AVT-C878の単体モードで録画された.movデータはフルレンジで録画されているので、0-255の色範囲が入っていると思います。
というより、TMPGEnc Video Mastering Works 6 ではフルレンジーデータとして読み込みます。
中身のバイナリデータ(mp4box)データをバイナリでチェックするスキルは無いので、憶測の対処療法でしか無いのですが、黒部分がY16の黒右記状態になっている白化状態(当サイトではわかりやすくあえて「白化」という言い回しをしています)で変換すると、

CCIR601 伸張(YUV のみ)
CCIR601すとれーと変換設定
通常はこれでいけるはず。

強制的にY16-Y235をY0-Y255へ。ヘルプ参照。
http://help.pegasys-inc.com/ja/tvmw6/04615.html
—-抜粋
CCIR601 伸張(YUV のみ):
「RGB 色空間換算で輝度16~235、色差16~240で記録されている映像を0~255へ補正します。
※ RGB 色空間0~255で作成された RGB データ(BMP、JPEG、無圧縮 AVI など)を YUV 色空間0~255へそのままエンコードする場合は、CCIR601 伸張を輝度・色差ともに255に設定してください。これにより RGB>YUV のストレート変換が可能となります」
—-

最終的に通常のデフォ設定H265/HVEC NVENCではリミテッドレンジ出力なので、上下(Y0-16、Y236-255)のデータを切ってくれるという感じかな。たぶんエンコード時にYC圧縮がかからないことが重要です。読み込み時に補正するか出力時に補正するかっていう問題かも。

YUVで素取れと変換っぽいことをする。
実際は[下限:黒Y16][上限:白Y235]の範囲を伸張してRGB8bitに対応させて使うわけですが、白飛びちょっと抑えたい症候群なのでY=240と2%余計なことをしています(^◇^;
ただでも白飛びしてるのにフィルタ掛けるともっとひどいことに!・・・っていうやつです。。
この誤差がわかる方は禿げそうなくらい神経質だと思いますが、通常はY235で。
スクリーンショットがたまたまこれしか残っていなかっただけなんてことは決してありません。
個人の好みです。

■ストレート変換に関してはぐぐってもらえれば詳しい解説があると雄物で省きます。
※ITU-R BT.601 では白は Y = 235 に、黒は Y = 16 としなければいけません。

いろいろ読んで仕組みを理解することが重要ですよん!

フルレンジとリミテッドレンジの違い【RGB・YUV】

フルレンジとリミテッドレンジの違い【RGB・YUV】


—-抜粋;
「リミテッドレンジ」なソースを「フルレンジ」で読み込むと、ソースファイル的には「16」で「黒色」、「235」で「白色」のつもりなのに、フルレンジなので、本来「黒色な部分」が薄い黒色っぽく見えたり、本来
「白色な部分」が灰色っぽく見えたりするという事です。
—-
余ってるbitに何が入っているのか!?
プログラムによってはローカットフィルタ/ハイカットフィルタを掛けてY0-15とY236-255を潰してくれるものもあるようですが、何が入っているかは取り出してのお楽しみってことですね(^◇^;

TMPGEnc Video Mastering Works 6 色補正[YUV]
「色の輝度、青っぽさ、赤っぽさで表現します。MPEG 規格で用いられる色空間です。MPEG 圧縮の際にそのまま用いられるため、YUV のみで色を調節すると計算誤差が少なくなります。」とヘルプにあったのでいい感じにしてくれるんだと思います(^◇^;

CCIR601(ITU-R BT.601、TVスケール)、PCスケール、俺様スケール、AviUtl、TMPGEnc(MPEG-2エンコード時)、キャプチャーボード(設定、A/D精度)、のメモ
http://cwaweb.bai.ne.jp/~icchan/Data/color/CCIR601.htm

まぁTMPGEnc Video Mastering Works 6は過去にこういう修正もあったので、単一ソフトで断言してはいけない部分もあるんですけれども^^;
「Apple ProRes 422 コーデックのMOVファイルを入力すると、カラー情報がRGB 8bit フルレンジと誤認識される問題を修正しました。」

Windows 10 October 2018 Update(1809)でZIP解凍時の上書き確認ダイアログが消失

拡散しないといけないのはこっちの記事だね(^◇^;
自作ユーザーではやった、エクスプローラーのZIPファイルをフォルダと見なす機能と併せて素人が間違いやすい機能なのでみんな切るものだと思っていたが・・・

Windows 10 October UpdateでZIP解凍時の上書き確認ダイアログが消失
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1149140.html

自己責任だが。クリーンインストール後、下記レジストリでオフにした後、圧縮・解凍ソフトを入れるのがベストです。
[Disable_CABZIP_Compressed_Folders.reg](←右クリックから保存して拡張子を[.reg]に変更する)とかテキストで作って下記文章を入れて、右クリックから管理者権限で実行すると解除できる。オンオフできるレジストリもググるとあると思うので、うちみたいな玄人志向サイトでは無く、詳ししい初心者解説サイトでどうぞ。

;—-この行より下

Windows Registry Editor Version 5.00

; .zip ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CompressedFolder\CLSID]
@=””

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CompressedFolder\shell\Open]
“MultiSelectModel”=””

;[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CompressedFolder\shell\Open\Command]
;@=”\”C:\\Program Files\\7-Zip\\7zFM.exe\” \”%1\””
;”DelegateExecute”=””

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\SystemFileAssociations\.zip\CLSID]
@=””

; .lzh ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\LzhCompressedFolder2\CLSID]
@=””

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\LzhCompressedFolder2\shell\Open]
“MultiSelectModel”=””

;[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\LzhCompressedFolder2\shell\Open\Command]
;@=”\”C:\\Program Files\\7-Zip\\7zFM.exe\” \”%1\””
;”DelegateExecute”=””

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\SystemFileAssociations\.lzh\CLSID]
@=””

; .cab ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CABFolder\CLSID]
@=””

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CABFolder\shell\Open]
“MultiSelectModel”=””

;[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CABFolder\shell\Open\Command]
;@=”\”C:\\Program Files\\7-Zip\\7zFM.exe\” \”%1\””
;”DelegateExecute”=””

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\SystemFileAssociations\.cab\CLSID]
@=””

;—-この行の上まで。

株式会社UPQの製品で、DMM.com4K液晶の景品表示法違反で1,704万円の課徴金

DMM.com、4K液晶の景品表示法違反で1,704万円の課徴金
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1149227.html

[このディスプレイのODM供給を行なっていた株式会社UPQもこれらの製品を別名で販売しており、消費者庁より指導を受けていた。ただし、先日のUPQの発表によれば、UPQは課徴金を課されなかったとしている]

まぁなんだかねぇ
結局どっちがどこで気づいて、どう契約結んでいたのかって言うことだろうけど。
どっちが被害者でどっちが加害者なのかよくわからなくなってきたって話。
同じ製品で、買った人への補償が、会社の規模で決まるのもまた微妙。

沢田研○の話じゃ無いが、客が入らなかったやめるなら、チケット購入時にわかるようにするべきだし、していなかったら「旅費込みで」損害賠償するべきだと思う。
被害者ファーストで考えよう。

[2018Q4]Windows7SP1のロールアップとかバチコーンとISO一つにまとめる記事の紹介(修正ありです)。ISOができればUSBはすぐできますもんね^^;

たった5日かと思ったら追記で更新されていたようですが、実行テストはしていないようで、9月にドライバが変わっていました。
2018年10月16日に更新 Windows7 統合~始~めました~♪
https://qiita.com/DamashiGami/items/1415b782a5b9dcf5fb0d

コピペで4つくらいテキストファイル作らないといけないですが思ったよりすんなりできたのでご紹介。
USB3.0のバージョンが2018/9/27に変わっていてファイルが落とせないので、修正が必要です。

[Download_URL_x64.txt]
; USB3
;
;”C:\_Win7Sp1_ITG\_2-Work”,”http://downloadmirror.intel.com/22824/eng/Intel(R)_USB_3.0_eXtensible_Host_Controller_Driver_5.0.4.43.zip”

; 27/09/2018 usb v2(intel CPU第四世代以降)
“C:\_Win7Sp1_ITG\_2-Work”,”http://downloadmirror.intel.com/22824/eng/Intel(R)_USB_3.0_eXtensible_Host_Controller_Driver_5.0.4.43_v2.zip”

後はすんなり通りました。
調子の悪かったUSBメモリ16GBのストレージが壊れるというハプニングがありながら(´・ω・`)
USBメモリが壊れるのは俺で2度目なので書き込み速度の低下なので予兆があったので、うちのサイト的にはドラブルでは無くハプニング程度ですw

捨てる前に余ったパーツで組んだCeleronG1610を悪名とBEEP音の高いP8-z77-v PROに載せて。
ファイルコピーすら失敗するというASUSの詰め込みすぎ高機能マザーボード。
いろいろドライバが新しくなって(公式では半分も公開されていない^^;)だいぶ安定したようで、サクサク動いています。
クリーンなPCって素晴らしいw とても2.6GHzのCPUとは思えませんヽ(*^。^*)ノ

—-・・・トラブルっていうのは・・・
Windows7SP1適応済みx64版DVDからインストールすると現在は117個の重要更新プログラムと66個のオプションプログラムが出てきます。(2018年10月21日現在)

重要プログラムだけ117個更新したところ。2時間22分かかっています。SSDじゃなくてWDの1TBGreen初期型。5400rpm SATA300転送だったかな。まぁ、遅いです。セクタエラーで台害も発生しているのでヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
さらにここから再起動なので結構お時間かかりますわよ

で、再起動が終わって、オプション全部入れて再起動。更新プログラムを見るとあと5つ!
何やらいやらしい累積のでっかいやつあるけど・・・
セオリーならKB番号の低いやつが見えるのでソレを入れてからでかいやつを入れるべき・・・
が、全選択で・・・怖いな。一度更新ファイルチェックし直そう。

ぎょ。( ゚o゚)
5つ選んでるのにな、んか増えてね?(^◇^;
・・・なんかいやだなぁ想定と違う動き・・・
まぁ「時間も時間だし全部入れて再起動して終わろう。」魔の選択でした。

インストールが終わって再起動促されたので再起動するよね。
で、歯を磨いて戻ってくると、「起動できるデバイスがありません」と英語のメッセージガ━━(゚Д゚;)━━ン!
UEFIのOSの起動セキュリティー切って・・・立ち上げる・・・Windows7のロゴは出るけど延々と再起動を繰り返すように。

まぁ、あれですよ。そんなバグ報告見かけた記憶があります。
ロールバック入れるとなります的な(^◇^;
2018-09 x64 ベースシステム用Windows7向け セキュリティ マンスリー品質ロールアップ(KB4457144)恐るべし!
で、上のサイトにたどり着き、パッチとロールバックを当てて幸せになる手法へ変更。

再インストールして、更新プログラムを全選択インストール。エラーがでとる(^◇^;

再度エラーを起こしたロールバックを試す。ダメっぽい。

更新プログラムをチェックすると、他の項目が増えてますね・・・
魔の「2018-09 x64 ベースシステム用Windows7向け セキュリティ マンスリー品質ロールアップ(KB4457144)」ですな。再起動。

魔のブツはエラーになっているが、すでに最初に成功しているという話もあるので、挿れる順番はやはり重要と言うことですねぇ。
卵と鶏論といっしょで、ロールアップを入れたから出てきたオプションがあったりするのかもしれないし、必要なものだけまとめてあっても必要ないものはインストールされないのかも。

パッチ当ての時に入れておくかどうか判断に迷うところ。
上のサイトのパッチ状態でDVD1枚に収まるナイスなサイズなのであまり足したくないですね。

更新パッチを何度か連打して全部入ったようなので完了。
HDDコピーに使えればいいのでクリーンな状態にはこだわらない!w

いずれ、MSのパッチ提供が終わったらFix版を作るとしよう。

—-
追記
—-
_NVMe-USB3-IRST-Driverにフォルダを追加してドライバをおいておくと調べて追加してくれます。
OEMなどマザーボードやパーツに特化してイイなら、チップセットやドライバの最新版を入れておくと再起動も少なくサクッと進みます。
:注意:.net Frameworkの3.5.1や4.6、4.7.2などが必要なものは、OSインストール後、別で行いましょう。Audioドライバとかツールが一緒についているもの。
いろいろ試しているところ。やべぇ楽しぃ(*´д`*)ハァハァ

—-

古市頑張れ!お互い好きな人種でも無いだろうが、不快な老害をみてみんなハロウィンだと思ったよ!

こんな記事がMSNのTOP記事とかあほかと。

デヴィ夫人、古市憲寿に激怒……古市、松本人志らに相談するも……

被害者と決着がついていないトラブルの人も集めて大々的にやれば既得権利者がやりたい放題やって被害者補償無しでおとがめも無しって空気になって、日本の風土に合わないやったもん勝ちになってしまうからね
年末か年明けあたりほとぼりが冷めてからやればいいのに、犯罪者をバラエティに呼んでいるTV局と一緒で不快である

150円の皿を気にするような孫みたいな子供の一言でおどおどしている老人もケツの穴が器が小さい
若者かかってこいや!ってハッパかけるくらいの笑い話にしておけばいいのにネ

あるお店で隣の席の酔った老人に肩を貸してタクシーに乗せたら、戻ってきて財布が無い知らないかって問い詰められて非常に老人に腹立たしい
ポケットにありましたとか運ちゃんが謝ってきたけど・・・ご本人は?ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

姥捨て山つくろ?w

自作PCの目的の一つ?「OC(オーバークロック)」限りなく高みに近づくその先。

もちろん対極にあるのは省エネ小型PCや静音・無音PCのカテゴリだと思う(^◇^;
比較的高耐久パーツが多いので定格起動で使うと高寿命ですヽ(*^。^*)ノ
ほんとゲームしなくなったら必要ないのが高性能ですよね。そんな私でもOC記事は読みます。

常用OC環境は作るのも使うのもおもしろい
~【DIY PC 09】ワンランク上の性能が手に入る常用オーバークロックPC
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1148708.html
DOS/V POWER REPORT 11月号の告知というか宣伝というか。第九世代は間に合わなかったんだねっていうちょっぴり残念感もありつつ。
他人のOCのパーツややり方を勉強するのは楽しいことである。ハードマニアとしてw

その世代の最高性能を目指すのがOCである。第九世代がでたのでやはり興味はそっちに移っちゃいますよね。

鉄則1:ケチってはいけないw
鉄則2:ドライヤーより静かなら静音(^◇^;
鉄則3:目的は高性能を引き出すことであって実用性では無いヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
鉄則4:何に使うかは考えてはいけない m9っ`・ω・´)
鉄則5:コスパ・省エネ・耐久性は気にしないw
鉄則6:新世代CPUがでたら乗り換える!

妥協するならやらない方がいいです。ベンチマークとか耐久テストですもんねw
まぁスタートが3万円台のCPUでやってる時点で最高性能では無いのですけれども。
8700Kではコア数多い次世代の方が圧倒的に性能が上ですもんね^^;

あ、古い記事読んでた^^;
7900か…ゲームするなら8700、エンコードするために7900買う人を聞いたことが無し、マイニングするならAMDのほうがコスパイイし(^◇^;
OCするときのパーツ金額はおいといて、12万円する10コアCPUには申し訳ないが、もう1万円出せば12コアの7920が買えたり…さらに2万円出せば14コアの7940がありますよね・・・
性能比較はベンチマークサイトがあるんであえて自分でやらなくてもいい時代かなと。

Intel Core i9-7900X vs. Intel Core i7-8700K
https://www.cpu-monkey.com/en/compare_cpu-intel_core_i9_7900x-745-vs-intel_core_i7_8700k-763

なぜ7900の記事なんだろうか、微妙すぎるw
ほんとにこれ使ってるのかなっていう^^;
「常用オーバークロックPC」とかサブタイトルつけても記事中で「今回のマシンは動画編集や演算などでの長時間稼働も想定しているため」とか
OCして使っている話では無いですよね。記事読んでる対象の想定からかけ離れて高スペックパーツの妄想自慢したいだけのような内容になってるわなぁ
記事のネタようにこんなのどうですかって言う内容に見えててきた。

記事のベンチマーク見ると、CPU温度も100度近く、消費電力も2割増えて、性能は1割程度のアップ。
とても常用でおすすめできる状態ではないと思うんですけどねw
さらに液冷なのでCPU周辺のチップやコンデンサ、メモリに風がほとんど当たらないので空冷効果も低く・・・
おさっしで。いいものを長く使いタイプの人にはやっぱきついですよねw

50万近くお金かけるなら今なら28コアのXeon W-3175X突入しましょうw

Intel、18コアで最大4.5GHzの「Core i9-9980XE」
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1146760.html

限りなく高みに近づくその先。きっと何かが見えると思うよ。

若いっていいね!
その情熱がうらやましい!というお話。

昔と違ってOCは性能アップが目的では無い趣味って割り切らないといけないですよね
性能目指すなら一つ上のCPU買えばいい、ベンチマークで上のものを買えばいい
やればできる子だよって確認する通過儀礼的な何かでしか無い気がするw

金と暇があって市販品で最高性能の扉を1度たたけば燃え尽きてイイと思う。
PCショップ店員時代に見かけた液浸・窒素冷却とか手を出すと自己満足じゃ済まない世界があるんでw

二日酔いで部屋の掃除が進まない。PCばらしてふと思う。
まだSSDの無い時代に当時最高性能のOCとSLIを施した新車の軽自動車が買える構成もいまでは買い取り価格10円である。
まぁそれでもFF14初期没ネタMMOは重かったわけですが…(´・ω・`)

仙人は騒音の多い都会には住まないというか、やっぱり静音の方が今は重要だなと思うおっさんでした。