[20180930][windows10] mp4box ver7.2.0 最小お手軽環境構築!インストーラー起動なし! – 4Kエンコード時代が来る前に、動画のメタ情報の変化を見る、日付もツール名称も上書きされてたどな~^^;

gpac-masterのビルド回避。(mp4boxとかとか)

最新版インストーラが配布元不明とかやっぱりいやですよね(^◇^;
でも、ソレを回避して中のプログラム使うのもどうかと思いますが、細かいことは気にしない@@

mp4boxのためだけに、Windowsで1から環境構築してもあまりつぶしがきかないので、、、、
gccとかの環境があるかLinux使える人ならすぐかと思いますが、稼働しているLinuxが無いんで逃げ道を探してたところです。

最新版のgpac-マスターのビルドをダウンロード。
https://gpac.wp.imt.fr/mp4box/

GPAC Nightly Builds
https://gpac.wp.imt.fr/downloads/gpac-nightly-builds/

現時点の最新版(windows64bit版)
gpac-0.7.2-DEV-rev744-ge1fa8f05-master-x64.exe

発行元証明が無いので、必ずウィルスチェック入れておいてください。
発行元があってもかけるように心がけましょう。
大手のウィルスチェックはファイルを右クリックして、コマンドを選択できるだけでいけると思います。
(設定が必要な場合もありますが、外出時のドアの鍵や、車のドアロックと一緒で、再確認はくせにしましょう^^)

7zでディレクトリに展開して、mp4box.exeを他のディレクトリにコピーして実行、dllが無いとエラーを吐くので、dllをmp4box.exeと同じディレクトリにコピー
エラーが出なくなるまで続ける。

・js.dll
・libcryptoMD.dll
・libgpac.dll
・libsslMD.dll
・mp4box.exe

とか、そんな感じ。
使ってるうちにエラーが出ると思うので、必要なものをコピーしていく。(同じバージョンの元ファイルは残しておいた方がよい)

おま環構築:例
・ディレクトリ用意:[d:\Tools\Mp4Box]
・ファイルをコピー
・パスを通す(mo4boxがあるディレクトリを環境変数に足してあげる)
パスの通し方はググってください

Windowsの環境パスを通す(path)
http://realize.jounin.jp/path.html

—-
・エクスプローラーのPCを右クリック、システムのプロパティを開く。詳細設定タブを開く。その中の環境変数(N)ボタンを押す。
・2つのウィンドウの下の方、システム環境変数の[Path]をダブルクリックか、選択して編集(i)ボタンを押す。
・新規追加で [d:\Tools\Mp4Box](カギ括弧はいらない) を追加してあげるヽ(*^。^*)ノ終了。

パスが通っているか確認する。
・コマンドプロンプト(開いていたら開き直すと環境を読み直してくれます)で、[d:\Tools\Mp4Box]以外のディレクトリで、mp4box.exeを実行する。ヘルプが出ればパスが通りました。
・パスが通っていないときは、コマンドプロンプトで[path]と入力して、新規追加したディレクトリのパスが間違っていないか確認しましょう。
—-
テスト:
AVT-C878 で録画した test.mov を 分離して、結合してみた。

・トラック1と2を分離する(動画データ部分と音声データ部分)
>mp4box -raw 1 test.mov
>mp4box -raw 2 test.mov

・統合する
>mp4box -add test_track1.h264 -add test_track2.aac -new new.mp4

・再生確認でコマ送りになる(できあがった動画のfpsが25になっていた。元は60fps)
・fpsフレームレートを指定して統合する
>mp4box -fps 60 -add test_track1.h264 -add test_track2.aac -new new.mp4

new.mp4がぱっと見た目違和感なく再生されたので設定はさておき、mp4box初期インストール完了ってことで。

.BAT(コマンドプロンプトのバッチファイル)を作ってタイマーで動かせば日付自体はある程度自由に操作・上書きできるっすな。
夜中に起きてて「メディアの作成日付」が気になるような人にはお手軽で十分かも。

バイナリでちまちまいじるのもまた趣味の世界?ってことで!w

—-

General
Complete name : D:\1\test.MOV
Format : MPEG-4
Format profile : QuickTime
Codec ID : qt 0000.00 (qt )
File size : 36.4 MiB
Duration : 19 s 750 ms
Overall bit rate : 15.5 Mb/s
Encoded date : UTC 2018-09-29 07:11:57
Tagged date : UTC 2018-09-29 07:11:57
Writing library : icat
Comment : QuickTime 6.0 or greater

Video
ID : 1
Format : AVC
Format/Info : Advanced Video Codec
Format profile : High@L4
Format settings : 2 Ref Frames
Format settings, CABAC : No
Format settings, RefFrames : 2 frames
Format settings, GOP : M=3, N=15
Codec ID : avc1
Codec ID/Info : Advanced Video Coding
Duration : 19 s 750 ms
Bit rate : 15.2 Mb/s
Width : 1 920 pixels
Height : 1 080 pixels
Display aspect ratio : 16:9
Frame rate mode : Constant
Frame rate : 60.000 FPS
Color space : YUV
Chroma subsampling : 4:2:0
Bit depth : 8 bits
Scan type : Progressive
Bits/(Pixel*Frame) : 0.122
Stream size : 35.8 MiB (98%)
Language : English
Encoded date : UTC 2018-09-29 07:11:57
Tagged date : UTC 2018-09-29 07:11:57
Color range : Full
Color primaries : BT.709
Transfer characteristics : BT.709
Matrix coefficients : BT.709
Codec configuration box : avcC

Audio
ID : 2
Format : AAC LC
Format/Info : Advanced Audio Codec Low Complexity
Codec ID : mp4a-40-2
Duration : 19 s 733 ms
Bit rate mode : Constant
Bit rate : 256 kb/s
Channel(s) : 2 channels
Channel layout : L R
Sampling rate : 48.0 kHz
Frame rate : 46.875 FPS (1024 SPF)
Compression mode : Lossy
Stream size : 616 KiB (2%)
Language : English
Encoded date : UTC 2018-09-29 07:11:57
Tagged date : UTC 2018-09-29 07:11:57

—-

General
Complete name : D:\1\new.mp4
Format : MPEG-4
Format profile : Base Media
Codec ID : isom (isom/avc1)
File size : 36.4 MiB
Duration : 19 s 750 ms
Overall bit rate mode : Variable
Overall bit rate : 15.5 Mb/s
Encoded date : UTC 2018-09-29 17:28:47
Tagged date : UTC 2018-09-29 17:28:47

Video
ID : 1
Format : AVC
Format/Info : Advanced Video Codec
Format profile : High@L4
Format settings : 2 Ref Frames
Format settings, CABAC : No
Format settings, RefFrames : 2 frames
Format settings, GOP : M=3, N=15
Codec ID : avc1
Codec ID/Info : Advanced Video Coding
Duration : 19 s 750 ms
Bit rate : 15.2 Mb/s
Maximum bit rate : 29.2 Mb/s
Width : 1 920 pixels
Height : 1 080 pixels
Display aspect ratio : 16:9
Frame rate mode : Constant
Frame rate : 60.000 FPS
Color space : YUV
Chroma subsampling : 4:2:0
Bit depth : 8 bits
Scan type : Progressive
Bits/(Pixel*Frame) : 0.122
Stream size : 35.8 MiB (98%)
Title : h264@GPAC0.7.2-DEV-rev744-ge1fa8f05-master
Encoded date : UTC 2018-09-29 17:28:47
Tagged date : UTC 2018-09-29 17:28:47
Color range : Full
Color primaries : BT.709
Transfer characteristics : BT.709
Matrix coefficients : BT.709
Codec configuration box : avcC

Audio
ID : 2
Format : AAC LC
Format/Info : Advanced Audio Codec Low Complexity
Codec ID : mp4a-40-2
Duration : 19 s 733 ms
Bit rate mode : Variable
Bit rate : 256 kb/s
Maximum bit rate : 263 kb/s
Channel(s) : 2 channels
Channel layout : L R
Sampling rate : 48.0 kHz
Frame rate : 46.875 FPS (1024 SPF)
Compression mode : Lossy
Stream size : 616 KiB (2%)
Title : aac@GPAC0.7.2-DEV-rev744-ge1fa8f05-master
Encoded date : UTC 2018-09-29 17:28:47
Tagged date : UTC 2018-09-29 17:28:47

10年一昔、古いマザーはそろそろ買い換えどき?2008年以前の古いUEFIの脆弱性に注意。

2008年と言えば10年前なので、普通にPCを使っていればそろそろコンデンサもへたっているし、時計用ボタン電池もそろそろ2度目の交換という感じでしょうか、Windows7発売前のPCということになります。
メーカーサポートもインストールされていたOSのサポートも切れていると思うので、あまり神経をとがらせる必要は無いとは思いますが、大事に使っていると意外に持つがのがPCなので、拡散記事書いてます。

ESET発、OS再インストールやHDD交換でも排除できない、UEFIルートキット「LoJax」
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1145336.html

年代で言われてもわかりにくいのでチップセットで対処しませう。

Intel チップセット スペック・性能・比較-インテル 5 シリーズ
https://www.pc-koubou.jp/magazine/5803#section05

Intel5のPCH以降は今回は対象外みたいなので自分のマザーボードのチップを確認しておきましょ。
自作ならマザーの型番でわかると思います。

亜種も出てくると思うので、UEFI設定でBootSecureをEnableにするといいようです。
いたちごっこなので、セキュリティーの穴全部に対応するのは無理ですが、気がついて対応できそうなものは対処しておきましょうヽ(*^。^*)ノ

AVerMedia Live Gamer Portable 2(型番:AVT-C878)「謎の白化現象を追え!」(3/3)-白化はモニタオフで起きていた!連続録画はスリープ&再起動は要注意?(^◇^;

(仮)再起動時もモニタの解像度とか切り替わりますものね・・・

このサイトは自己責任で自分で再検証するための材料を提供するだけで、個人視点で思い込みと偏見で満ちているのですべてが正しい情報とは限りません。
また、同じ機器を使用していても設定やバージョンの違いなどで同じ動作が起こることを保証するわけではございません。
はまってるやつがほかにもいた!って言う見えない精神的安定剤を供給できればと思っていますm(__)m

酔って頭が回らないんで、メモ書きを貼り付けておきます(・∀・)アヒャ!!
起きたら(たぶん)見直します。自己解決してるんで、大まかに合ってたらこのまま放置されますm(__)m

Media Player Classic Home Cinema (MPC-HC) は K-Lite Codec Pack (Full)に付属しているものを使用しています。
http://www.codecguide.com/download_kl.htm

前回からの宿題:白化現象についての検証
・USB電源の供給元の変更(リブート・再起動でUSB供給電源の変化で変わるのか→変化なし)
・標準/拡張設定時の色調整など(標準・拡張モードともに白化は起きる。色合いなど変更しても保持されたまま白化するので、設定がリセットされているわけでは無い)
・HDCP検出のON/OFF(影響なし)

未検証:
・グラボ出力の調査(HDMI端子が一つしか無いので、今ある分配機など使ってみたんですが変化を調べる設定が見つからなかったので保留)
※NVIDIA Geforce GTX 750 の出力自体がリミテッドレンジに切り替わってしまう可能性

●白化リセット方法:20回試して白化解除成功率を%表示してあります。すべて自己責任で!
1,USBを抜く(USB切替機:壊れてもかまわない)(85%)
2,HDMIを抜く(壊れたら困る:本体から延長コードを使って本体は抜かない)(90%)
3,単体録画モード以外に一度切り替える(壊れたら致命的^^;)(95%)
4,モニタをオフにするプログラムを1度使って、常に白化状態で録画する。モニタのオフもPCSleepも使える(^◇^;-おまけ
(うちのPicoPicoTimerみたいなやつで、ディスプレイをオフにする荒技、省エネ切り替えはいろんな機器に負荷がかかりますのでおすすめしません)

かなりの既視感で同じネタを書いたような気がする・・・・でじゃびゅ!(夢の中でも書いてます)
AVT-C878のクイックタイム動画(MOV形式)は標準カラーモードも拡張カラーモードも、BT.709でカラーレンジはフルレンジ、で保存されているので、グラボ出力が変化している可能性が高い気がするんですが・・・(T_T)
再生側というか、HDMI出力側がPCデスクトップなので、フルレンジのHDMIが入力になっているせいかな・・・
(その後、SONYのハンディカムHDR-CX550VからHDMI接続で録画しましたが、colour_range:Fullでした。)

◆「白化状態はフルレンジがリミテッドレンジに変換されている状態です。」
が、AVT-C878録画時に、フルレンジからリミテッドレンジされた状態をフルレンジと認識してもう一度リミテッドレンジに変換されてしまいます。(2度変換された感じになる:32-215)
これがモニタオフから復帰しただけで切り替わってしまうというか、変換のスイッチが入ってしまうというかf(^^;)

とりあえず、言葉で表現するのもなんなんで、静止画像をペタペタ。(動画再生はおまけです。外周のカラーを見てください(^◇^;)

※NVIDIAのビデオカラー設定を利用した場合

NVフルレンジ
ソース再生
NV限定レンジ
ソース再生
NVフル(白化)
ソース再生
NV限定(白化)
ソース再生
標準モード
16-235録画
NVフルレンジ再生
標準モード
16-235録画
NV限定レンジ再生

拡張モード
0-255録画
NVフルレンジ再生

拡張モード
0-255録画
NV限定レンジ再生

※プレイヤーの設定を利用した場合(MediaPlayerClassicの入力自動判別)

NVフルレンジ
ソース再生
NV限定レンジ
ソース再生
NVフル(白化)
ソース再生
NV限定(白化)
ソース再生
標準モード
16-235録画
プレイヤー設定再生
拡張モード
0-255録画
プレイヤー設定再生

※◎※ここまで書いておいて、colour_range:がフルとリミテッッドで処理がどう変わるのかよくわかっていなかったりしますm(__)m ※◎※
まずいねwちょっとテストしてみた。
NVIDIAビデオカラー設定でNVIDIAの設定を使う→フルレンジ・圧縮レンジともに、MediaPlayerClassicを使用すると再生に違いが出ますね。
逆にNVIDIAビデオカラー設定を使わずにプレイヤーの設定を使うにしてMediaPlayerClassicを使用するとどちらも同じ動画になってしまうのです!。これを踏まえて使い分ける感じでヽ(*^。^*)ノ
(ここまで来て発覚!多少の設定の違いは全部吸収されていた!かも。Edge上では違う動画です。)

TMPGEnc Video Mastering Works 6 – Full(フルレンジ)
20180929_071408_full.mp4(←右クリックしてダウンロードできます)

TMPGEnc Video Mastering Works 6 – Limited(圧縮レンジ)
20180929_071408_limited.mp4(←右クリックしてダウンロードできます)

■環境によって設定できる内容があったり無かったりするので、大まかな感じのまとめです。
・PCのデスクトップを録画するときは:
0-255のフルレンジなので、AVT-C878の設定は拡張カラーモード
0-255拡張カラーモードで録画されているので、再生もNVフルレンジ(または再生ソフトの自動認識か手動設定)

・コンシューマーゲーム機を録画するときは:TV出力が基本
出力がTVモードなら16-235なので、AVT-C878の設定は標準モード
TVにHDMIで繋ぐなら再生も16-235のTV向けの設定で。

PCのデスクトップ・またはフルレンジHDMI設定で見るならNVIDIAのビデオカラー設定で限定レンジ→フルレンジにする。またはプレイヤーの設定を変える(自動判別もアルっぽい)
プレイヤーごとに色空間の管理も変換も違うので、他の環境では違った動作になると思います。Media Player Classic Home Cinema (MPC-HC)は入力の自動判別がデフォルトになっているので、TMPGEncで設定を変えて書き出しても、再生時にほぼ同じな知覚表現に合わせてくれます。
エンコードの違いを確認するためには、自動認識を切ったり、NVIDIAのビデオカラー設定のように、プレイヤーの設定を無効にするなど工夫しないといけませn(^◇^;
ソレがわかったのが今回の収穫かも?w

【AviUtl】結局どっちでエンコすればいい?
http://aviutl.info/yuy2-muassyuku/

私の静止画サンプルみたいに混在しているときは、混乱するのでターゲット絞って、うまく色空間を合わせましょうというお話?かな(^◇^;
あと、AVT-C878のMOV出力もそうなんですが、言語が英語圏になっているので、「作成日時」が日本時間+9時間になってたりしますヽ(*^。^*)ノ

ローカルデバッガーは今日も飲酒で徹夜の巻でした^^;
・・・なんだか疲れたよパトラッシュ・・・・

—-サンプル動画の情報です(MediaInfoを使用)
全般
完全名称 : D:\waterfall-free-video4\waterfall-free-video4.mp4
フォーマット : MPEG-4
プロファイル : Base Media / Version 2
コーデック ID : mp42 (mp42/mp41)
サイズ : 18.8 MiB
ながさ : 20秒 53秒
OBR モード : VBR モード
オーバルビットレート : 7 873 Kbps
エンコード日 : UTC 2014-03-30 07:56:48
タグ付け日 : UTC 2014-03-30 07:56:48
TIM : 00:00:00:00
TSC : 30000
TSZ : 1001

ビデオ
ID : 1
フォーマット : AVC
フォーマット/情報 : Advanced Video Codec
プロファイル : Main@L4.1
設定 : CABAC / 3 Ref Frames
CABAC : はい
RefFrames : 3 フレーム
Format_Settings_GOP : M=4, N=29
コーデック ID : avc1
コーデック ID/情報 : Advanced Video Coding
ながさ : 20秒 53秒
ビットレートモード : VBR モード
ビットレート : 7 547 Kbps
最大 : 8 000 Kbps
幅 : 1 920 ピクセル
高さ : 1 080 ピクセル
解像度 : 16:9
モード : VFR モード
フレームレート : 29.970 (30000/1001) fps
最小 : 29.970 fps
最大 : 30.000 fps
標準 : NTSC
ColorSpace : YUV
ChromaSubsampling/String : 4:2:0
BitDepth/String : 8 ビット
スキャンの種類 : プログレシッブ(PPF)
ビット/(ピクセル*フレーム) : 0.121
ストリームサイズ : 18.0 MiB (96%)
言語 : 英語
エンコード日 : UTC 2014-03-30 07:56:48
タグ付け日 : UTC 2014-03-30 07:56:48
colour_range : Limited
Codec configuration box : avcC

オーディオ
ID : 2
フォーマット : AAC LC
フォーマット/情報 : Advanced Audio Codec Low Complexity
コーデック ID : mp4a-40-2
ながさ : 20秒 53秒
Source_Duration/String : 20秒 96秒
ビットレートモード : CBR モード
ビットレート : 317 Kbps
チャンネル : 2 チャンネル
Channel layout : L R
サンプルレート : 48.0 KHz
フレームレート : 46.875 fps (1024 SPF)
ストリームサイズ : 777 KiB (4%)
Source_StreamSize/String : 779 KiB (4%)
言語 : 英語
エンコード日 : UTC 2014-03-30 07:56:48
タグ付け日 : UTC 2014-03-30 07:56:48

(2018)今さら聞けないHDMI接続の正しい設定のまとめ解説のリンク。でも4K前にはおさらいしておこう。「フルレンジ(0-255)とリミテッドレンジ(16-235)」その設定を合わせるべし!PCのNVIDIAの解決法しか知らないよ!

コミュ障の私は説明下手なんでリンクから。1行目から丸投げ(^◇^;

(1/5)【西川善司】あなたのHDMIが正しく接続されていない可能性
https://www.4gamer.net/games/095/G009575/20090812051/
(2/5)【西川善司】間違いだらけのHDMI接続
https://www.4gamer.net/games/095/G009575/20090819064/
(3/5)【西川善司】「正しいHDMI接続」の確認方法
https://www.4gamer.net/games/095/G009575/20090825049/
(4/5)【西川善司】間違ったHDMI接続だとこう見える
https://www.4gamer.net/games/095/G009575/20090828059/
(5/5)【西川善司】HDMI接続,最後の手段
https://www.4gamer.net/games/095/G009575/20090916033/

今なら情報が試行錯誤の記事も多いので論文が書けそうなくらい情報はありますが、約10年前、PCモニタにHDMIなんて搭載がほとんどない時代にこの記事を書けたことはものすごいことだと思います。
ハードマニア的な観点からですが、そのあたりを差し引いてもすごいなぁと。
ちょっとかじって投げた人なら理解できる内容かと思います。

技術者思考、玄人志向(某ブランド名は関係ありません)な設計説明になりやすいため、統一された名称(技術名とか企画ああるけど、商品の設定の説明文として)がないまま見切り発車されて、さらに知識の無い後輩が先輩の遺産だからとかたくなに守ってより悪化していくので、Wikiでしか見かけずさらに関連性も勘違いされて、私みたいな知ったかぶりが大声で拡散してしまうので統一された名称自体が陳腐扱いされて理解不能なことになりやすいのが日本語文化ですw

改善策:
家電機器も説明文つけるべきですよね・・・PCのBIOS設定画面じゃあるまいし、画面余ってるんだから^^;
このメーカーの「明るい」設定は・・・とか調べるのはむりかと。後すぐネットに逃げる解説もやめよう。製品作ってるプライドがあるなら。中国丸投げの会社なら期待も薄いですけどね。

んで、ハード的な接続は西川ライターの記事で理解できると思うので、「おま環」いわれるうちの状況から。
PCを普通のテレビにHDMIで接続すると、0-255が16-235解釈されてヘンテコカラーになるのはよくあることで、TVに「PCモード」がないと我慢したほうがいいレベルに。
TVとPC使い分けるために設定いじるなんてばかばかしいですものね。最近のTVは対応しているらしいので、近くの家電店で店員問い詰めましょう。
いやならJapanetでもどこでも無料電話窓口がある会社で購入を(フリーダイヤルがつながるのを確認してねw 注文以外は2時間つながらないところはざらだからヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ)。

◆TVに「PCモード」があるからと言って安心してると罠にはまる?(気にしなければ気にならないw)
YoutubeはPCで見ることが前提なんですけど、有料動画サイトの中に、返還ミスっているのか?というCMは黒バックなのに本編のスタッフロールの背景が白っぽくなったりするやつがあります。
本編自体がリミテッドレンジのまま送信されている!ってやつです。もちろんPCはフルレンジ0-255なので・・・

IOデータではこういう返答があります
http://www.iodata.jp/support/qanda/answer/s15025.htm
「HDMI信号を入力した場合16-239の色空間を0-255に伸長するのでしょうか。」という問いに手動で設定するように求めています。
自動では対応していないということですね。まぁそもそもどう検出するんだって話ですがw

プレイヤーで設定する方法ならあるんですが、ブラウザ上のとあるサイトの動画再生だけいじる設定は見当たらないので泣き寝入りですね。
普段の操作や視認性を犠牲にするか、動作再生画面を優先するのか!m9っ`・ω・´) 
あ、これだと一緒かw 動画も犠牲にしないと(^◇^;

●MediaPlayerClassic(MPC-HC)
シェーダーセットの作成
例)[Limited2Full]と名前を付けて保存。→適応。

シェーダーセット-オフの状態

シェーダーセット-[Limited2Full]の場合

根本的な解決ではありませんが、プレイヤーで再生できる動画ならデスクトップのカラー設定などいじらずに、プレイヤーのみで対応できる。
というか、元データを保持して、デスクトップのカラーをいじらず(写真はやネットの静止画はそのまま見れる)、動画再生だけいじりたい場合はこれが楽。

●NVIDIAじゃないPCでブラウザ上の動画どうすっかなぁ@@
TVのモード切替が一番早いですね。うちのパナソニックの古い奴だと、接続端子ごとに設定ができないので、基本的に映画モードあたりをいじって切り替えるようにしてます(/_;)

・NVIDIAグラボ限定ですが!(おま環炸裂中)
OSクリーンインストールしてNVIDIAのドライバver411.63を入れたあとの設定は「ビデオプレイヤーの設定」が優先されています。
NVIDIAの出力設定を使用するにラジオボタンを切り替える。
いじってなければ動画再生はリミテッドレンジ出力となっています。
PC画面で見ると黒色と白色がグレー寄りになります。

ダイナミックレンジをFULL(0-255)に切り替えるとYUV伸長してくれます。

これでよくね?(おなかすいた。終わりにしたいw)

IndelのHD Graphicsでもビデオのカラー設定あるみたいなんで、何とかなるんでしょうポイ(ノ ̄ー ̄)ノ

ストレート変換とYC伸長の違い【RGB・YUV】
http://aviutl.info/yc-sinntyou/
フルレンジとリミテッドレンジの違い【RGB・YUV】
http://aviutl.info/full-range-limited/

Intel HD GraphicsのHDMI出力でRGBレンジがリミテッドになる(黒が白っぽくなる)問題で、フルレンジに直す方法
http://d.hatena.ne.jp/hotokediary/20131203/1386005785

いつものおま環愚痴を一つ。
「途中文章が見苦しいことがあります」ATOKの連文節変換がおかしい・・・各定位置とカーソル位置がむちゃくちゃでつかいにくい。設定がどこかわからない(^◇^;
長文連想返還で見直してないことが多いので・・・すでに飲んでて見落としているのです。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
テキストだと変な動きしないので、メールとかWEB入力モードに勝手に変わって変な動作してるんだと思います。
これがなければほかの人にもATOKを勧められるんですけどね・・・
標準から設定や動作が変わるときには選択を与えるべきだと思います。ATOK使ってる人はこれが当たり前なのかもしれませんが・・・
設定の保存もすぐには見つからなかったので環境移行するたびに設定しなおしとか、2,30年前の設計ですね。
フリーオフィスで使えない。なれると他のPCで作業できなくなるんで会社じゃATOK御法度です’`,、(´▽`) ‘`,、
(ATOKユーザーがこだわりすぎて、ほかの人がそのPC使ったときに困るんですよね)
MSユーザーアカウントと連携するかクラウドに設定保存してくれればいいんですけど、出先でPC使うことが多い私としてはタブレットにスタンドにキーボード持ち込みっていうへんてこな人になってます。
まぁそもそもWindows10タブレット使ってる人なんて見かけませんけど。

動画「メディアの撮影日付」を変更したい!?とか。動画のぶつ切り生データ編集してて、、、でも Writing application 情報が上書きされてたりします。おじさん突っ込まれて貴重な居眠りの時間が減ってますil||li _| ̄|● il||li

今日も貫徹飲み会。&麻雀。ネタやつはおいといて5人ってどうなん^^;
交代要員暇です。二抜けでも何でもいいんで早く私の番が来ないと寝ちゃいますよ(-_ ゞゴシゴシ
そんな酔っ払いの愚痴です。新潟は水曜休みのお店多いんで、平日に麻雀大会があったりします。

では本題。個人の利用の範囲です(個人のデータいじるのも不正とかいうのやめてください^^;)
フジテレビになっちゃん(バブル時代の元アナウンサー)が居た頃からの匿名希望の変人コミュニティー怖いわぁ(^◇^;
20年もたてば顔も知らない友人?知人?赤の他人?、Nifty-Serve?の方や、ローカルパソ通・銀河英雄伝説コミュニティー時代にネット結婚した方からいろいろなつながりがある訳ですが!
Lineしてないっていじめられる程度じゃもう心は動きませんよ。もうメールの時代じゃないんで、メアドも公開してませんしね!話を戻そう。

AVT-C878の生データをIフレームで区切ってアップしようかなぁと、データ見てたら、
Writing application : TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 Version 5.0.17.23に。
「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5」で編集してるからそれはいいのですが、改変だねつ造だっていうのやめてください(笑)
ふつう本気でやるならそんな痕跡残しませんって^^;

厳密に生データで切ってない動画だと
Writing library : icat
Comment : QuickTime 6.0 or greater
ですよ。それに何の意味がw

スマレン無編集データ部分(最初と最後は編集は居る場合があります)を見てもらえればいいかなぁという甘い考えは、こだわる人には通用しないようで・・・
なぜ虹竜もないサンプル数の少ない個人サイトで技術的詳細を求めるのだろうか?(^◇^;
ここのおっさん思いつきで目にとまったもの以外認知できない上に老眼ですので、細かいことはほとんどスルーしてます。

コミュ障じゃなくて正当な理由があれば普通にメーカーに問い合わせてください
あ、コミュ障お断りです。私もコミュ障なんでトラブルしか起きませんのでm(__)m

そろそろ新作ソフト作らねば!秋の夜長にメタ情報見るツールを作るのじゃ!

画像のExif情報を取得する、設定する
https://dobon.net/vb/dotnet/graphics/getexifinfo.html

Accessing audio/video metadata with .NET
https://stackoverflow.com/questions/9091/accessing-audio-video-metadata-with-net

Complete List of all known MP4 / QuickTime ‘ftyp’ designations
http://www.ftyps.com/

今回はTMPGEnc の
ftyp:mp42
MP4 v2 [ISO 14496-14]

あたりを見て行くことにになりそう。
ガチバイナリデータ解析っす。

+–ftyp
+–moov
| +–mvhd
| +–drm
| | +–dcmd
| +–trak
| | +–tkhd
| | +–mdia
| | +–(以下省略)
| +–trak
| | +–tkhd
| | +–mdia
| | +–(以下省略)
| +–udta
| +–titl
+–mdat

コンテナの入れ子とかヽ(`Д´)ノ
C言語経験者の苦悩、入れ子怖い。BASICのGOTOのような無間地獄怖い((;゚Д゚)ガクガクブルブル

unoh.github.com
https://unoh.github.io/2007/09/12/mp43gpp3gpp2.html

まだ全然プログラムのイメージが沸かないわぁ^^;

で、何がしたいんだっけ?(^◇^;
「編集ツール名称」(削除または空白塗りつぶし)とエクスプローラーの詳細で言う「メディアの作成日付」(削除またはリセットor編集)できればいい感じ?
NuGetに情報見るやつはゴロゴロしてる。

MP4動画のバイナリファイルをコマンドラインでいじる方法のメモ
https://qiita.com/kunichiko/items/6fc1ec29989da28e6287

GPAC-MP4Boxがある。ソースも見たいんで。
GPAC is now on GitHub
https://github.com/gpac/gpac

Thread: [RESOLVED] Getting M4A/MP4 Metadata (Music, not video)
http://forums.codeguru.com/showthread.php?423997-RESOLVED-Getting-M4A-MP4-Metadata-(Music-not-video)

TutorialGenius.com – Getting and Setting File Tag Meta Information in C# and ASP.NET – With TagLib and DsoFile Examples
http://tutorialgenius.blogspot.com/2015/03/getting-and-setting-file-tag-meta.html
ちょっと古いけど、サンプルコード

BOX(Atom)をごにょごにょすればいいと。
静止画ならいいけど、動画でやるときっついなぁ。やるならHDDまるごととかそんなレベル(・∀・)アヒャ!!

第26回 携帯ゲーム機PSPの動画ファイル「MP4」とは何か
http://www.mpeg.co.jp/libraries/mpeg_labo/winPC_26.html
図解あり

MP4コンテナの中身を調べる
http://matsu623a.blogspot.com/2013/12/mp4.html

昼間はクッキー焼いて、お菓子作り!夜はハードマニアの本性出し&プログラミングの趣味に没頭。日本は平和で素晴らしい!
ヒーローがいないほど平和な世界ですもの、守っていきましょう!

税金泥棒的職業の人も雀荘ではよき仲間ですからね。雀荘の店長さんいつもお世話になってます。あのひといつも寝てますけどねw
ねむい。。寝よう。もう朝かw

ネタ:自作ソフトの背景

AVerMedia Live Gamer Portable 2(型番:AVT-C878)「謎の白化現象を追え!」(2/3)-単体モードはバージョンで変わるのか?原因は?

ハードウェア AVT-C878 と、PCの再起動の関連性を調べてみる。

■ 再生側PCのハード構成
CPU:Intel i7-3770T 2.5GHz(3.7GHz)
マザー:Gigabyte Z77MX-D3H TH ver.F7e
OS: Windows10 Pro 64bit Build 17134(SSD)
メモリ: 12GB (ADATA DDR3 4GBx2+2GBx2 PC3-12800)
SSD:ADATA SX900:128GB(FW5.4.1)
グラボ:NVIDIA GeForce GTX 750 (Driver 411.63)

GTX750のDVIをD-subに変換してアナログでモニタ接続(A)、GTX750のminiHDMIをHDMIにAVT-C878(B)デジタル接続、AVT-C878からのモニタ出力はなし。
AVT-C878への電源供給はPCのUSBから行う

■ 各種条件により白化の再現性などを調べてみる。
バージョン:AVT-C878 キャプチャーデバイスの専用ファームウェア
【バージョン情報】Ver 3.0.0.3

【主なアップデート内容】
1. 不具合修正および安定性向上
2. 59.94、29.97FPSに対応します
3. 映像の品質を改善します
4. 色(ゲーム画面の色が少し白っぽい)を改善します

AVerMedia Live Gamer Portable 2(型番:AVT-C878)はファームウェアの更新で古いバージョンに書き換えることもできるので、3.0.0.3と3.0.0.15で比較してみる・・・
(今回は白化現象の検証のため画質等のお話はスルーで^^;)
以前にも報告や改善はされているようです。この状況とは違うかもしれませんが(・∀・)アヒャ!!

アプリ(録画ツール)【バージョン情報】
RECentral(Windows版):Ver 4.0.0.78
RECentral(Windows版):Ver 4.3.0.34(Beta版)

表を作っていろいろテストしたのですが、バージョンによる動作自体の違いはないので省略します・・・il||li _| ̄|● il||li
クライアントアプリケーションもバージョンアップしていましたが、どちらも白化現象は起きたので省略。動画のアップも容量食うので削除。
がっつり削除。(^◇^;
削除。
削除。
削除。
(俺の二日間・・・中略)
削除。
削除。
削除。

悲しみ(T_T)

気を取り直して、ファームウェアとアプリケーションの違いではないところで起きているという感じ。
カラー設定を標準/拡張、設定直後単体モード切替(PC録画→単体、カードリーダ→単体)、リブート(再起動)後、シャットダウン(PC電源断、USB電源供給あり/供給なし)、白化状態でAVT-C878の後ろのUSBコネクタを抜くなどなど

おまけ:GIGABYTE 電源断でUSB電源供給のあり・なし
公式ツールにありますが、入れたくない人も多いと思うのでメモ“φ(・_.) メモッ!

[ErPモード]を[Enable]に切り替えると電源断時、電源供給が止まります。

■ 白化現象の中間まとめ:現時点の傾向と対策(現時点での回避策)
ふぉとしょっぴで出力レベルを、機器設定の標準モードに合わせてみると、あら不思議、白化現象と同じ感じに(^◇^;
ただ、PC録画モードでツールを立ち上げて、標準/拡張を切り替えてプレビュー映像を見ると逆転する。

中間まとめ:
・PC録画モードでアプリ(録画ツール)を立ち上げて設定確認後、単体モードに切り替えて録画した場合、白化現象が起きない。
・正常録画確認後、PCを再起動または電源断→起動すると白化現象が起きる。
・白化症状は標準モードと拡張モードの違いに見える(見た目も数値上も)

対策:テストしてちゃんと録画尾確認するのが確実
1,単体モードで仮録画(黒ベタ)で確認する。白化してなければそのまま録画する。
2、白化してたら→PC録画モードに切り替えるHDMI切り替えで画面がちらつくので収まるまで待つ。→単体モードへ切り替える(1へ戻る)
※AVT-C878うしろのUSBを抜き差しする手もありますがおすすめできません。

今後の検証:
グラボ出力の調査・USB電源の供給元の変更
標準/拡張設定時の色調整なども調べる
HDCP検出のON/OFFなど…まだ調べてない要因は結構あるなぁ・゚・(ノД`)・゚・

AVT-C878の設定で回避できることなのか、グラボやモニタ構成で回避できることなのかはっきりさせたいですね!
このままだと、単体モード切替スイッチかUSBコネクタが死んじゃいます(・∀・)アヒャ!!

AVerMedia Live Gamer Portable 2(型番:AVT-C878)「謎の白化現象を追え!」(1/3)-単体モードのカラー設定初期化(無効)?白化?灰化?

Live Gamer Portable 2(型番:AVT-C878)(2018年9月現在、新製品の4K対応版のPLUSがでております)
https://www.avermedia.co.jp/product_swap/avt-c878.html

今回は説明が面倒なので「白化」と勝手に呼んでいるだけです。多分正式名称があるでしょう(・∀・)アヒャ!!
※HDMI接続の「フルレンジ」と「ミドルレンジ」の設定の違いの話では無く、PC再起動するだけでAVT-C878機器の認識(設定)が変わる現象のことです。
OS,グラボ,AVT-C878,HDMI切り替え機,ケーブルなど原因を探して回避する方法を探そうっていう趣旨です。

携帯ゲームの「ダンメモ(ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか-メモリア・フレーゼ-)」がメンテで連休中遊べなかったという暇つぶしにいろいろあさってみた。
ファームウェアのアップデート直後もあって原因追及が面倒なぁと思っていたんですが、時間が空いたので連休終わっても追跡調査してました。
深夜のアップデート表示変化で削除してしまってまぁ大変でしたわ@@

何やら白いですわねぇ

よく見ると白くなっていると言うよりグレー化?灰化?タイトル変えねば@@

Live実況で使った映像をダイジェストで残すときに、どうも白い映像になってるときが歩きが仕方なかったのでほじくり返してみたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
エンコード時にコントラストとガンマ補正で、ほぞ遜色なく対応できるのですが、TMPGEncの「TMPGEnc Video Mastering Works 6」でエンコード時間を考えると、色補正抜きでエンコードだと1/3位の時間になるので、アナログ時代の経験があればスルーできるものの、今のデジタル時代原因追及して対応したいと思った感じです。

リセット後=単体録画モード切替後、再起動なしで単体録画する。
リブート後=単体録画モードのままWindows10を再起動後、単体録画する。

映像サンプル:暗部がある映像
Cafi Netつながる情報技術-滝の動画をダウンロード(waterfall-free-video4.mp4(zip))
http://japanism.info/waterfall-free-video.html

リセット後

リブート後(白化)

※AVT-C878で1080p/60fps録画 「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5」でぶつ切り
リセット後


リブート後

モニタの設定次第ではわからない範囲ですが、比較するとよくわかりますねf(^^;)
設定直後切り替え単体モードは正常に録画できることを突き止めたので、次回以降はそのあたりを足がかりに問い詰めていきましょう!

※調査・実験を行うにつれ、再現のタイミングなどが明になっていくので、後半では説明文章がかなり変わりますが、当初の発見時の文章はそのまま残しておきますm(__)m

ハロウィンにシュガーペーストで創作意欲を高めるお題が出ました・゚・(ノД`)・゚・普通にしんどいw

ハロウィンの黒猫カップケーキ
https://ameblo.jp/laura-apelila/entry-12206135549.html

だらだらハロウィンの話をしながらネットをうろうろ買い物していたら、ふと。
「これ作ってよ」とか(^◇^;

いやいや、シュガーペーストなんて言葉すら初めて聞く私に何を。
記念日とか誕生日とかしっかり能動的に何か行動(をアピール)しないと、付けがたまるというか。

金銭的なことより、労力と才能が足りないかと思いませんか!
料理もろくにしないおっさんに、材料買うだけでもハードルが@@

使わないG-SHOCKのペアウォッチ買わされるよりはましか!と思って納得させることに。
餃子とかハンバーグくらいしか作れませんけどf(^^;)
お菓子系はチーズケーキとか20年くらい前に作ったくらいヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
ものにならなかったときの、プランBやCも考えておこうw
まだ一ヶ月あるが、あと一ヶ月しかないとも。

同じもの作っても驚きはないなぁと思いながらせっせとお勉強。
まずはシュガーペーストとはなんぞや?

シュガーペースト型と口金でデコレーション!アイシングパーツの作り方
https://www.cotta.jp/special/sweets/icing/parts.php

カラーのセットと黒。黒どこだー!
製菓材料・ラッピングの通販【cotta*コッタ】
> 道具・キッチンアイテム
> ブランド・キャラクター別
> ブランド別
> ウィルトン
> Wilton ブラックアイシングカラー1OZ
https://www.cotta.jp/products/detail.php?product_id=022042

素材は通販で済ませよう。後は動画見てイメージ作り。その後軽く下書きして材料取り、寄せてこねこねですね。
コウモリは作れそうですw

ものになりそうなら、写真が載るでしょう。
まずいと思ったらなかったことにしてプランBで^^;

もう100本のプルーローズとかやる元気はありませんわぁ
プランCも考えつつ、逃亡も考えておこう。

WDのIntelliParkの設定を8秒から30秒に変えて3週間の途中?結果!

前回の設定開始の記録はこちら。(設定法など)

2018年8月30日
WDのIntelliParkの無効化したくなる数値とは( ^ω^)・・・目指せ5万時間耐久!?CrystalDiskInfo使用していろいろ見てみる。
http://nln.jp/wp/archives/2862

PCのドライブ構成は、CドライブはSSD、Dドライブ以降がこのHDD。
HDDにページファイルとテンポラリ、ユーザーディレクトリが移動してあります。

Hitachi HDS5C3020ALA632(メインPC)
使用時間 343H
16進計算して(9755-9687) 68回

WDC WD30EZRX-00MMMB0(TVサーバー)
使用時間 491H
40回

なんとなく、、、、減ってるね!(たぶん。使用時間比率は逆転してる)
まぁ昔より録画する番組も減ってるわけですけど・・・
ロード/ストア10万回は大分遠くなったと思う。
思ったより安全圏に入った気がするので1年後の結果を待たなくてもいい感じかも。

買った問いに設定しておかないと、焼け石に水ですがm9。゚(゚^Д^゚)゚。ッハッハーヒャヒャヒャヒャヒャヒー あ、俺かw

—————————————————————————-
CrystalDiskInfo 7.7.0 (C) 2008-2018 hiyohiyo
Crystal Dew World : https://crystalmark.info/
—————————————————————————-

OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 17134] (x64)
Date : 2018/09/21 7:44:53

— Disk List —————————————————————
(2) Hitachi HDS5C3020ALA632 : 2000.3 GB [1/0/0, pd1]

—————————————————————————-
(2) Hitachi HDS5C3020ALA632
—————————————————————————-
Model : Hitachi HDS5C3020ALA632
Firmware : ML6OA580
Serial Number : ML4220F312NAHK
Disk Size : 2000.3 GB (8.4/137.4/2000.3/2000.3)
Buffer Size : 26129 KB
Queue Depth : 32
# of Sectors : 3907029168
Rotation Rate : 5940 RPM
Interface : Serial ATA
Major Version : ATA8-ACS
Minor Version : ATA8-ACS version 4
Transfer Mode : SATA/600 | SATA/600
Power On Hours : 47634 時間
Power On Count : 2807 回
Temperature : 32 C (89 F)
Health Status : 正常
Features : S.M.A.R.T., APM, 48bit LBA, NCQ
APM Level : 0000h [OFF]
AAM Level : —-
Drive Letter : D: E: F:

— S.M.A.R.T. ————————————————————–
ID Cur Wor Thr RawValues(6) Attribute Name
01 100 100 _16 000000000000 リードエラーレート
02 132 132 _54 00000000006D スループットパフォーマンス
03 135 135 _24 000601960196 スピンアップ時間
04 _99 _99 __0 000000001C3B スタート/ストップ回数
05 100 100 __5 000000000000 代替処理済のセクタ数
07 100 100 _67 000000000000 シークエラーレート
08 146 146 _20 00000000001D シークタイムパフォーマンス
09 _94 _94 __0 00000000BA12 使用時間
0A 100 100 _60 000000000000 スピンアップ再試行回数
0C 100 100 __0 000000000AF7 電源投入回数
C0 _92 _92 __0 00000000261B 電源断による磁気ヘッド退避回数
C1 _92 _92 __0 00000000261B ロード/アンロードサイクル回数
C2 187 187 __0 002E00090020 温度
C4 100 100 __0 000000000000 セクタ代替処理発生回数
C5 100 100 __0 000000000000 代替処理保留中のセクタ数
C6 100 100 __0 000000000000 回復不可能セクタ数
C7 200 200 __0 000000000063 UltraDMA CRC エラー数

—————————————————————————-
(2) WDC WD30EZRX-00MMMB0
—————————————————————————-
Model : WDC WD30EZRX-00MMMB0
Firmware : 80.00A80
Serial Number : WD-WCAWZ0778967
Disk Size : 3000.5 GB (8.4/137.4/3000.5/3000.5)
Buffer Size : 不明
Queue Depth : 32
# of Sectors : 5860533168
Rotation Rate : 不明
Interface : Serial ATA
Major Version : ATA8-ACS
Minor Version : —-
Transfer Mode : SATA/600 | SATA/600
Power On Hours : 6448 時間
Power On Count : 992 回
Temperature : 40 C (104 F)
Health Status : 正常
Features : S.M.A.R.T., 48bit LBA, NCQ
APM Level : —-
AAM Level : —-
Drive Letter : E: F: G: H:

— S.M.A.R.T. ————————————————————–
ID Cur Wor Thr RawValues(6) Attribute Name
01 200 200 _51 000000000000 リードエラーレート
03 146 145 _21 0000000025C2 スピンアップ時間
04 _98 _98 __0 0000000008CB スタート/ストップ回数
05 200 200 140 000000000000 代替処理済のセクタ数
07 200 200 __0 000000000000 シークエラーレート
09 _92 _92 __0 000000001930 使用時間
0A 100 100 __0 000000000000 スピンアップ再試行回数
0B 100 100 __0 000000000000 キャリブレーション再試行回数
0C 100 100 __0 0000000003E0 電源投入回数
C0 200 200 __0 000000000055 電源断による磁気ヘッド退避回数
C1 183 183 __0 00000000C8BB ロード/アンロードサイクル回数
C2 112 102 __0 000000000028 温度
C4 200 200 __0 000000000000 セクタ代替処理発生回数
C5 200 200 __0 000000000000 代替処理保留中のセクタ数
C6 200 200 __0 000000000000 回復不可能セクタ数
C7 200 184 __0 00000000017C UltraDMA CRC エラー数
C8 200 200 __0 000000000006 ライトエラーレート

エンコード性能も飛躍!目玉はレイトレーシングだけじゃないRTX 20 シリーズヽ(*^。^*)ノ

亀の進歩からウサギになったような大きな一歩!
発売日決定ですよ!2018年9月20日発売予定!

NVIDIA、GeForce RTX 20シリーズの詳細を明らかに
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1143260.html

—-参照
 エンコーダやデコーダの性能も強化されており、エンコーダは最大でHEVC 8K30fpsをリアルタイムにエンコードできる。デコーダはVP9は10/12b HDRを、HEVC 444は10/12 HDRをとそれぞれ12bitのHDRをまでデコードすることが可能だ。
—-

8K30fpsリアルタイムなら、FHDで4倍くらい行ってほしい!(願望)
CUDAエンコードが封印されてNVENCで妥協しつつ、誤差のようなエンコードアップデートで買い換えるか悩む必要はなくなりました!
GTX10シリーズスキップしてRTX20へ突入ですねヽ(*^。^*)ノ

まぁ買うのはTMGEncシリーズが対応してからですが・・・チップのリビジョンが上がる春くらいで。ゲームメインじゃないので選別落ちの廉価版狙いで。f(^^;)
いやぁ価格が価格ですから・・・10万オーバーはちょっと気楽には買えませんよね^^;

ZOTAC、GeForce RTX 20シリーズを20日に発売
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1143264.html

2060か2050待ちでm9。゚(゚^Д^゚)゚。ッハッハーヒャヒャヒャヒャヒャヒー