Windows8.1Update後も・・・いまだに続くIEの文字コード自動選択の奇行。対処の一例。

IE11になっても自動選択でUTF-8を指定して文字化けとかよくありますよねぇ。
よくある出だし。
encoding="shift_jis"?
charset=shift_jis"

shift_jisですべてが構成されていればいいけど、、文字コードをUTF-8で保存して・・・
encoding="utf-8"?
charset=utf-8"

いざ表示。自動選択でシフトJISを選んでいるIEがいる!とかあるある。もちろん文字化け。
表示→エンコード→その他→UNICODE(UTF-8)を選ぶとちゃんと表示される。

なんてのを回避できたのでφ(.. )メモ
自分で作ったHTML・xmlはしっかり文字コード確認してても、広告やIFLAME、Objectで読み込んだソースにshift-jisが紛れていると文字化けを起こす仕様みたいです。CGIカウンタみたいなやつでも中でごにょごにょしている奴は化けます(^◇^;

大元を直してもらうか、読み込んでいるコードを探って合わせるしかありません。
真っ当なところなら問い合わせれば文字コードくらい普通に教えてくれますけど、ひっそり調査しているところはGIFですと言い張ったりしますので別の親切なところに変更しちゃいましょう。

Archeage:道案内役ルーク日替わりイベント

日替わりで毎日見ないといけないようなのでリンクのメモφ(._・)ノ ゜ ポイッ!

道案内役ルーク日替わりイベント
http://archeage.pmang.jp/notices/394?kind_index=3

受けなくて達成できるタイプのイベント?
相変わらずイベント条件の詳細とかないっすw

GM討伐アイテムの配布はありがたい。
全キャラ処理するのが大変ですが・・・

大きな変更もなく、販売アイテムも変わらない感じのメンテかな。

「WordPress 3.8.2 へようこそ」自動Updateボタン。

初アップデートでちょっとパニックw

前準備。
DBのバックアップは何度もsh多ことがあるけど、戻したことがないっすよねぇ。
戻し方はまた調べればあるんだろうけど(^◇^;
FTPで全データもついでにバックアップ。
記事もエクスポート。

「更新ボタン」→FTP情報の入力→「WordPress 3.8.2 へようこそ」表示。
実にすっきり簡単。

昔だったら圧縮ファイルを落として、上書きファイル確認して、設定確認して、FTP転送して動作確認して・・・
手間が省けるのはいいことだけど、どんどんのび太君になっていく自分が怖いっすヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

そしてまた、うちのサイト的に事故った記事が書けなくて残念ですm(__)m

Windows8.1も2014/04/08にUpdateが出たということで、PV4で拡張ツールを使ってみようかと思います。

Windows8.1も2014/04/08にUpdateが出たということで、PV4で拡張ツールを使ってみようかと思います。
まったくもって意味不明(^◇^;

さっくりできたので写真はありません(やめましたw)。

ハイビジョン対応キャプチャボード PV3/PV4 110枚目 より
【 Windows7 64bit版 】 のやり方を転用する。
—-
■拡張ツールを使用したい人向け
公式ドライバ3.40 + “公式アプリ3.43” + “署名問題対策ドライバ3.40用(※2)” + unicode版PV拡張ツールキャプ職人カスタム(※1)
前述の説明の通り。Verの違いに注意。

※1:
unicode版 PV拡張ツールキャプ職人カスタム 作成者:W.X.(from Taiwan)
ttp://wayne.cs.nthu.edu.tw/~splash/PV3Tool901z120_unicode.zip (include source code)
ありや氏のキャプ職を手直ししたもの

※2:
PV3/4 Windows64bit署名問題対策ドライバ (バージョン3.40/3.60用) 作成者:777
ttp://2sen.dip.jp/cgi-bin/pv3/source/up0049.rar
PTスレの猫◆tCHWINGPEI氏の手法を活用したもの
—-
プログラムはぐぐれば手に入るので省略。

■下準備。
・3.7のドライバーとアプリをアンインストール。→再起動
・Windows8.1Updateをインストール。→再起動(887MBはデカいねw)
・[ProgramFiles]EARTHSOFTのフォルダの権限をUSERSにフルコントロールを与える。
・強制ドライバ署名指定を解除-(参考:NonSoft-ドライバ署名の強制を無効にする方法)
http://homepage2.nifty.com/nonnon/Chinamini/win8/win8-h027.html

※「デスクトップ」から「スタート」に戻るには「デスクトップ」画面の左下の角にマウスカーソルを移動し、クリックします。
※「Windowsキー(旗)」で「スタート」画面と「デスクトップ」画面を切り替える事も出来ます。

<ドライバー署名の強制を無効にする方法-簡略メモφ(._・)ノ ゜ ポイッ!>
1.「スタート」画面の右上や右下の角に移動すると、画面右端に「チャームバー(黒い帯)」が表示されます。
Windows8の「チャームバー(黒い帯)」
2.「チャームバー」の「設定」をクリックすると「設定」チャームが表示されます。
Windows8の「設定」チャーム
3.「設定」チャームの「電源」をクリックし、「SHIFT」キーを押しながら「再起動」を選択します。
Windows8の「電源」ボタン
4.「オプションの選択」画面が表示されるので、
  「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ設定」→「再起動」をクリックします。
Windows8の「再起動」「オプションの選択」画面
5.しばらくすると「スタートアップ設定」画面が表示されるので、キーボードの7(ドライバー署名の強制を無効にする)を押します。(USBキーボードはうまく動かない場合有)

■インスコ
1、公式ドライバ3.40をインストール。
(PV-Windows-Driver-340:この時点では不明なデバイスになる)
2、署名問題対策ドライバ3.40用インストール。→再起動
(up0049のReadme.txtはWin7用の解説なのでドライバのインストールまで)
3、公式アプリ3.43(32bit版)をインストール。pv.exeを立ち上げて画面が映るか確認する。
(PV-Windows-343-32bit)
4、winmm.dllをコピーする(PV3Tool901z120_unicode_beta_w7)
5、タスクマネージャーのスタートアップからTimer.exeは無効にする。

実証されている手順なのでできて当たり前ですが!(^◇^;

使う頻度が高いツール群
・pv3dvi(.dviファイルを消してしまったとき)

かつてよくお世話になったツール。
・PV3Quantizer100(画質コントロール、上中下の3段階くらいに絞ったらあとはいいかな)
・PV3_QM_Analyzer001(画質劣化チェック)
・pv3aac(音声ファイル抽出、分離して編集するaviを作らなくなった)

・5.1ch用編集ツール
5.1.1_DVTool0100
5.1.2_FAAD2
5.1.3_WaveSwapper

SAKURAインターネットのロードバランサーめも

出先でゆっくり読む時間がないので、とりあえずリンクのメモφ(._・)ノ ゜ ポイッ!
今月契約の更新なのよねぇ。あちこち契約があるので再編成したいけどどうしよう(^◇^;

ロードバランサーについて
http://server.sakura.ad.jp/dedicated/lb.html

まぁ個人レベルではちょっと敷居が高いけど、Cron等でサーバー間伝送かけてミラー貼ってることを考えれば
お任せする時代が来ているのかもしれないと、思ったり。

www.sakura.ad.jpが非常につながりにくいのは負荷分散してないのかな?メンテかな?(^◇^;

Muninのエラー:Update.pm line 162

Muninのエラーが久しぶりに出てたのちょいと修正のメモφ(._・)ノ ゜ ポイッ!
Work timed out before all workers finished at /usr/share/perl5/vendor_perl/Munin/Master/Update.pm line 162

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=566821 より
修正方法があったので直す。いつからいじってないんだよって感じですが^^;

修正前。
/etc/cron.d/munin
#
# cron-jobs for munin
#
MAILTO=root
*/5 * * * * munin test -x /usr/bin/munin-cron && /usr/bin/munin-cron

修正後。しばらく様子見。
#
# cron-jobs for munin
#
MAILTO=root
*/5 * * * * munin if [ -x /usr/bin/munin-cron ]; then LC_ALL=C /usr/bin/munin-cron; fi
14 10 * * * munin if [ -x /usr/share/munin/munin-limits ]; then /usr/share/munin/munin-limits --force --contact nagios --contact old-nagios; fi