eclipseのエミュレータが起動しないとき「 PANIC: Could not open: AVD_for_Nexus_7_by_Google」

「 PANIC: Could not open: AVD_for_Nexus_7_by_Google」
SSDで環境作ってる人の間でよくあるエラー。
mklink コマンドでCドライブのユーザーディレクトリ.androidに対してDドライブ以降の.androidに[mklink /D .android d:\usr\hogehoge\.android]とかやる方法もありますが、設定次第では権限がない時もあるので、、、
.androidの中身をコピーしちゃいましょヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
AVDの中身だけでも行けるみたいですけど。
デバイスの設定が見つからないので設定ファイルをコピーするということで。
新しい設定作った時も同じくコピーで対応。
参考はこちらのサイト:eclipseでエミュレーター起動時に「PANIC: Could not open: C:\Users\xxx\.android/avd/AVD2.1-2.ini」が出た時の対処法
1.Android SDKおよび AVDマネージャーを開く。
2.Virtual devicesを選択して、上の方にある
「List of existing Virtual Devices located ad D:\xxx\.android\avd」

D:\xxx\.android\avd
の中身を
C:\Users\xxx\.android/avd/
にコピー
これであらかたの環境構築には対応できるかな?( ̄ー ̄)ニヤリ

Eclipse の Window メニューに Android SDK / AVD Manager が表示されない時

うだうだアップデートや再インストールしてると見えなくなるものがありますな^^;
Eclipse の Window メニューに Android SDK / AVD Manager が表示されない時
http://www.devlog.alt-area.org/?p=547
ウィンドウ→パースペクティブのカスタマイズを開く
コマンドグループ可用性の中の「Android SDKおよびAVD~」にチェックする。
で、OKボタン
気分的に再起動で(´∀`)ノシ

アンドロイドアプリ開発環境を Pleiades All in One 4.2で構築する 5

AndroidSDK_installer_r22-windows.exe
こんなものはクリーンインストールしていれば見ることもないと思いますけど^^;
削除してフォルダ削除した程度ではごみが残るものなので・・・特に再起動しなかったりヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
Java SE 6u45 JDK(うちは上書きインストールしとるので挙動が違うかも)
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
上記の時と同じようにDLしましょ。
Get the Android SDK
http://developer.android.com/sdk/index.html
※Android Developers→Get the SDK→画面左下の「DOWNLOAD FOR OTHER PLATFORMS」をクリックであらわれる Android SDKのインストーラ版
インストール先の指定などできますのでインストーラー版でいきませう。
ADTはeclipseのプラグインの作業ですでに入っているので
SDK Tools OnlyからDLをぽちっと。
「c:\android-sdk」定番フォルダに入れる。
ターゲットマシンの設定をしてかんりょヽ(*^。^*)ノ
下記サイトの設定も参考に。
Javaで作って遊ぶ(http://gobinyo.blogspot.jp/2012/07/eclipse42android.html)

アンドロイドアプリ開発環境を Pleiades All in One 4.2で構築する 4

4.ADT(Android Development Tools:アンドロイド開発ツール群)プラグイン インストール
ここでやっと「eclipse」の起動。
アップデートしましょ。「ヘルプ→更新」
ADT(Android Development Tools:アンドロイド開発ツール群)の追加作業。
・「ヘルプ→新規ソフトウェアのインストール」
・リポジトリの追加をします。右の追加ボタンで。
・名前「ADT Plugin」
・ロケーション「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」
で、OK。しばらく待つと「インストール」画面の名前欄に「開発ツール」「NDKプラグイン」が表示されます。
「すべて選択」をクリックし、「次へ」をクリックします。
次はAndroid SDKっすなぁ。

アンドロイドアプリ開発環境を Pleiades All in One 4.2で構築する 3

Javaにパスを通す。
エクスプローラー>コンピューターを右クリックしてプロパティを開くとか
「システムの詳細設定」を何とか開く。
・システムプロパティの下の方に「環境変数」があるのでぽちる。
・下の枠のシステム環境変数に新規追加「%JAVA_HOME%」
・変数値はプレアデスのエクリプスの中のJAVAのパス。例「c:\pd\eclipse\jre\」
・次にシステムパスにJavaのパスを追加。
・システム環境変数「Path」をダブルクリック。
・「システム変数の編集」に追加。「;%JAVA_HOME%\bin;」。先頭か最後尾に入れる。開発専用環境じゃなければ一番後ろで可。昔ほど使ってるコマンドも少ないと思いますけど、システムコマンドの動作が遅くなる場合があるので気分しだいでw
システムツールなどよりコマンドプロンプトたちあげて、「java -version」トコマンドを入れて動作確認する。下のように何か出ればOK。コマンドが見つからない場合はパスが通っていませんヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
Microsoft Windows [Version 6.2.9200]
(c) 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved.
C:\Users>java -version
java version “1.7.0_15”
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_15-b03)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 23.7-b01, mixed mode)

再起動すれば完了。
私は下記2点を別途上書きで入れているので、、、ちょいと環境は違うという事で
(Java v6 JDK)jdk-6u45-windows-x64.exe -V6 推奨ってことで
(Android SDK)installer_r22-windows.exe -Android 4.2.2 対応ってことで

アンドロイドアプリ開発環境を Pleiades All in One 4.2で構築する 2

システム要件はこんな感じなので・・・
Eclipse IDE
•Eclipse 3.6.2 (Helios) or greater
Note: Eclipse 3.5 (Galileo) is no longer supported with the latest version of ADT.
•Eclipse JDT plugin (included in most Eclipse IDE packages)
•JDK 6 (JRE alone is not sufficient)
•Android Development Tools plugin (recommended)
•Not compatible with GNU Compiler for Java (gcj)
Java SE Downloads
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
真ん中より下の 「Java SE 6u45 」JDK Downloadより、確保~っ!
現時点のv6最新版です。jdk-6u45-windows-x64.exe
※pleiades-e4.2-ultimate-jre_20130303 には jdk-6u41-windows-x64 が入っているので軌道には影響しない模様。最新版がいいとか、不都合がある人の参考に。
お次は環境設定。

アンドロイドアプリ開発環境を Pleiades All in One 4.2で構築する 1

アンドロイドアプリ開発環境を
Pleiades All in One 4.2で構築する
(Android 4.2 Jelly Bean)
http://www.andr0o0id.com/?p=1908
フリーソフトというか、オープンソースというかあれこれ入れているうちに依存関係が崩れてアップデートした途端環境が崩壊することはよくあること(^◇^;
Pleiadesで再構築するページをもとに構築のお勉強。
すでに10か月くらい前ですけど、最新版でよくまとまった記事もなかったので、
補足テストという感じのメモ。
海外は全角なんてものはないのでプログラム組むならWindowsのユーザー名・フォルダー名は全角とスペースは避けましょう。
《事前事項1 漢字などの全角文字を含まないユーザー名でログインする》
《事前事項2 ファイルの拡張子が表示されるよう設定する》
《事前事項3 以前の設定を削除する》
Pleiades All in One 4.2.2a.v20130303のDL
http://mergedoc.sourceforge.jp/index.html#/pleiades_distros4.2.html
インストールフォルダにバージョンも入っておりまするん。
「pleiades-e4.2-ultimate-jre_20130303」
Win8-64でGo!
「Program Files」のアホ半角スペースとUACに引っかかったりするので、
別フォルダに展開しましょ^^
ファイル名長すぎで引っかかるので気を付けて!w
アホクサイロングネーミングが多すぎだ’`,、’`,、(ノ∀`)’`,、’`,、
解除してない人も少ないと思いますが・・・
「「eclipse.exe」を右クリック→「プロパティ」をクリック→「互換性」タブをクリックして、「特権レベル」の「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックが入っているのを確認し、「OK」をクリックします。」
もうね。オフラインで”w
展開先はSSDにしておきましょう。HDD5400rpm程度だと開発環境の速度が15年位前にさかのぼります;;
「workspace」はHDDで問題ないっす。
つぎは「2.JDK(Java SE Development Kit:Java 開発キット)のインストール」