Linux:トラフィック(通信量など)監視しよう!2(SNMPってなんだ?)

勘違いと思い込みと先走りで続けるLinux導入記はまだまだ序盤!
「SNMPという監視プロトコルがあるんだって(終了^^;)」
前回のMRTGの設定ファイル作成のところで止まっていたわけですが・・・
cfgmakerの実行のあたりから。
#./configmaker [監視するルーター/サーバー] > mrtg.cfg
と実行すると、SNMPをチェックしてくれる。
もちろんSNMPの設定なんてした記憶が無い私にとって
「SNMP error」といい返されるのは至極当然の結果である(^◇^;
では、SNMPの設定をしていくとしましょう!^^;
NET-SNTPというのが名称が変わって最新版ということではあるが、
やはりこなれた古いバージョンでいきませう
ucd-snmp[2007-01-01]
$ tar xzvf ucd-snmp-4.2.7.tar.gz
$ cd ucd-snmp-4.2.7
$ ./configure



snmpd起動までとりあえず行う。
そこでMRTGのcfgmakerを実行。
snmpdで指定したコミュニティ名とlocalhostのIPを使う。
#./cfgmaker [コミュニティ名]@[ホスト名 or IP] > data/mrtg.cfg
ここでエラーメッセージが出なければSNMPとMRTGのやり取りはOK。
SNMPの設定はこっちの方が自宅サーバ向けかな
MRTGによるサーバ監視(Linux編)http://www.aconus.com/~oyaji/mrtg/snmp_linux.htm
MRTGの設定ファイルをいじって実行・・・は、次回に。
ちょいと休憩。
・・・こんなの(愛情込めて!)に手を出すのは・・・
もっと先の方がよかったと後悔っ!(爆笑)

Linux:トラフィック(通信量など)監視しよう!1(MRTG&初コンパイルw)

Windowsではどうしてもチェックがやりにくいトラフィック監視ですが
Linuxなら簡単と聞いて・・・いつか金運の50万円の壺買わされそうだ(^◇^;
ダウンしてフォルダを作成して解説どおりコンパイル・・・gccが無いとな!
・・・???さっぱり???
ここでLinuxで初めてのコンパイル作業^^;
ついでにFedoraCore5のは開発環境を整えちゃいましょう!
と、言っても、パッケージマネージャー→開発→開発ツールにチェックして
「適用」後は待つだけ(^^)v
インストールガイド
http://www.mrtg.jp/doc/unix-guide.html
順を追っていきませう
1、環境を整える
 ・gcc/Perlのインスコ
 ・GDなどライブラリのインスコ
gccのインスコが終わったところでとりあえずコンパイルしてみる^^;
$PATHを設定しろと怒られる(^◇^;
エラーリストを見ているとGDもやはり入っていないようなので、
サイトからダウンしてくる。現在の最新版は2.0.35(2007-06-21)
ダウンして解凍するとreadme.jpnファイが!インストール方法じゃなかった^^;
公式を読んでいると、Fedoraは[yum -y install gd-devel]でいけると。
折角DLしたのにと思いながら少しでも楽なほうにw
ライブラリは2.0.33だけど「そんなのかんけぇねー」と小島風に踊って見たw
(左手マイクに右手パンチの方がやりやすいな・・・どうでもいいが)
ここでMRTGコンパイルで何が不足か見てみよう!
[ ./configure –prefix=/usr/local/mrtg-2]
・・・Config id DONE!・・・
あれ、いけてしまった。結果オーライ!(爆笑)
設定ファイルを作るところで躓いて・・・勉強しなおし。
エンタープライズ 第6回SNMPによるネットワークモニタリング
http://www.itmedia.co.jp/help/howto/linux/0007master/06/

Linux:DiCEの自動起動

DiCEでIPアドレスを自動更新するhttp://www.jitaku-server.net/domain_dice.html
起動時に自動実行するためには「/etc/rc.d/rc.local」にDiCEを起動するコマンドを追加する。
touch /var/lock/subsys/local
/usr/DiCE/diced -d -l ←最後にこの一行を付け加える
パスは各自の環境で(^^)

Linux:vsFTPdインストールしたけど外から接続できない!

一人ぼけ一人突っ込み状態のQ&Aにようこそ?
「#ftp localhost」でログイン確認済。
SELinux全チェック済み(たぶん)
いつものことながら、自動起動入れときましょ(^^)
# chkconfig vsftpd on ← FTPサーバー自動起動設定
# chkconfig –list vsftpd
さて調査に入ろうw
confをいじってログを吐き出すように設定。
ローカルログインではログが残るものの、外部からの接続ではログが残らない
FAILってわけでもないみたい・・・
FFFTPでは「接続しました」・・・「接続失敗」って感じになるから
ダイナミックDNSまではいけてるっぽい感じ。
あ、ルーターかな^^;
ちなみにアドレス変換してルーティングしないとダミーアドレスに行く設定だったような(^◇^;
あ、DiCEが動いてない・・・
ってことは、DNSのアドレスが更新されていないはず!
FFFTPはいったいどこに接続したんだ?w
昨日までのIPの方ごめんなさい(^◇^;
とりあえず毎回起動かなf(^^;)
http://www.miloweb.net/zivediced.html
—-抜粋メモ
[root@localhost DiCE]# ./diced -d -l
diced の起動オプション
-d でバックグラウンドで開始
-l はログを作成します。
=-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
Version 0.19 for Japanese
Copyright(c) 2001 sarad
DiCE Daemon Started !!
[root@localhost DiCE]# ps -C diced
ps コマンドで diced の起動(常駐)を確認
///IP更新して10分ほど・・・///
すんなりいけたヽ(^。^)丿
お騒がせ^^; いつもこんな感じ。
ハードマニアの楽しみってこんなものですよw
今日はここまで

Linux:マウント情報が再起動時に元に戻る

再起動したらユーザーディレクトリの内容が空っぽ(^◇^;
空き容量を見ると/usrパーティションの空き数値・・・
前回設定した/optから開放してweb用のユーザーディレクトリへマウントした設定が消えている感じ。
/optにはしっかりと空き容量が“f(・・) ポリポリ・・・なんじゃろね。
コンソールでぽちぽちと1コマンドづつmtabの変化を確認。ぽちっと再起動。
だめでした。元に戻されるっすよ・゚・(ノД`)・゚・
ちょいと検索に。
マウント情報は[/etc/mtab][/etc/fstab]にあるようで試しに設定してみる。
(こんな感じでまともなシステムが組みあがるのだろうか(^◇^;)
いったんこの話は棚に上げておくと(^◇^;
先にやることがあるw

vsFTPdで外からアクセス・・・あれ?。

yum -y install vsftpd
と、何の疑いも無くインストール。
/etc/vsftpdディレクトリの中の設定ファイルをいくつかいじる。
・アノニマス拒否
・タイムアウト設定2つ
・アスキーモードの設定2つ
・ホームディレクトリ以上を触れないようにする(chroot)
・ディレクトリ削除の許可(ls_rescure)
・ユーザーローカルタイムの設定[use_localtime=YES]
で、サービス起動の確認
次にSELinuxで許可する。
ターミナルログイン・・・見事にはじかれるとw
「500 OOPS: cannot change directory:/home・・・」
ちょいと調べても設定はちゃんとしているし・・・本が間違ってるのかな?^^;
と、試行錯誤を数分。
初心に戻って、「サービスのリスタート」。動くじゃん!
初期設定に戻して、再起動。動くじゃん!
さすがにここまでは本に書いてないw
今日のメモ。
「SELinuxの設定をしたときはそのサービスをリスタート!」
で、コンソールからログインできるけど、Windows上でFFFTPでログインに失敗すると言う状況で次回に続きます(^◇^;
余談:
LinuxFanのVol.8でてたんだけど、内容がFD5,FD6,FD7と徐々に減っていくw
エラー理科張りの項目が少し増えてサーバー設定が減っている感じなので、
買いませんでしたw
DVDだけならイメージをダウンして作るからf(^^;)

再起動したら「Repair filesystem」モード!

えぇ。私が悪いんです。
英語の読めない私に文字ばかりでいじめないでください!>Fedora様^^;
メッセージを見ていると、/1と/usrがcleanで/optがresolvとな。
寝る前に寝ぼけていじってたところだなぁ・・・(;^_^A アセアセ・・・
ローカル用語で「のめしこき」ってやつで、メインマシン立ち上げて
Googleで「Linux Repair filesystem」とな。
bashやらリペア何とかのモードなんだろうが、GUIオンリーで何とか
したかった私にはさっぱりw
5分ほどコマンド記述をあさって、いろいろ試してLABEL=/optが無いって話しだなぁと理解して解決法も見つけた!無ければ付けるだけ!
#e2lavel /dev/hda4 /opt
#exit
再起動・・・いけたっぽいw
他のコマンドもいろいろ試したけど、今回は関係なかったようで。
簡単でよかった(^^)
いざ重症なリペア作業となると「e2fsck」とかいろいろ使っていかないと。
GUIでぽんぽんと設定してしまうとこういうところで躓きます。
GUIでパーティション設定→コマンドラインでいじったのが悪いんですけど^^;
そして飯を食べる時間がなくなると・゚・(ノД`)・゚・
余談:
viの使いかた覚えるくらいなら一晩寝かせようと心に決めてます!w

ユーザディレクトリ作成とインターネットの大海に接続!

すっかり深夜を通り越してもうすぐ総長という時間になりつつ・・・
LinuxFan Vol.3「FedoraCore5 インストールと設定ガイド」を見ながら。
前回(数時間前ですが^^;)予備に割り当てておいたパーティションを
ユーザーディレクトリに設定。(ユーザーはあらかじめ追加しておく)
「umount」と「mount」コマンドでいけるかと。
これで容量制限つきの簡易アカウントが作成完了(^_^)v
ユーザーディレクトリなだけに、「~」がついているのがなんですが・・・
※実用的な手段としては「仮想ディレクトリとマッピング」を使ったほうがいいですw
「httpd.confのAliasディレクティブ」あたりを少し勉強すれば可能です。
「天邪鬼(あまのじゃく)」気質の私としては、自分でわき道にそれて、壁にぶつかって学ぶタイプなので、あえて別の方法を模索してたりします。
個人のテスト用じゃなきゃ実装できない方法を探したいのがハードマニアというかなんと言うか(^◇^;
今日のメモ
ここまで来たのに「~」を取るためにAlias使うのは悔しいw
Fedoraで自宅サーバー構築
http://fedorasrv.com/
いろいろお世話になりました(^^)

久しぶりにLinuxサーバーをいじる(パーティション変更とDiCE)

まぁ何というかあれですよ・・・頭の中真っ白!w
もうなんというか。日記というよりメモに近いような世界で。
パーティションはインストール時に作成してあったものを開放して連結と。
ext3のフォーマットの“φ(・_.) メモッ!(後は応用でw)
mke2fs -j /dev/hda4
mount /dev/hda4/ /opt
とりあえず/optにマウントしてここをHTML用ワークエリアに。
参考アドレスを。ディープリンクで申し訳ないf(^^;)
 Top > Gentoo Linuxで自宅サーバ >
パーティションとファイルシステムの作成
http://nekhet.ddo.jp/item/740
んでもって、DiCEの設定と。
前回はWindowsだったからいつもの手馴れた感じですいすいといったけど
さすがLinux初心者。さっぱりわからん!
特にGUIオンリーで進めると失敗しますw
ダウンロード後はダウンロードマネージャーで展開せずに!
(多分使い方が間違ってるだけだけど・・・^^;)
ツールのダウンページの解説をよく読むと。
あと、コンソールは日本語文字表示できるようにEUC-JPに!
Linuxで自宅サーバさんへのリンク
http://www.miloweb.net/zivediced.html#1
リンクばかりだけど!まぁメモってことで。
FedoraCore5にデフォで入ってるのは最新版じゃないよなぁ(^◇^;
とりあえず公開までこじつけてから考えよう。
ダイナミックDNSも前回の登録が自動削除されるくらいログインしてなかったのと、ほかのサービスも使ってみたいのでieServerに変更。
登録20秒くらい^^;
・・・はやっ(^◇^;

バリューコマースへ登録したものの(^◇^;

思ったとおりに行かないと感じたところで、提携の部分が途中で止まってましたf(^^;)
よくある思い込みで・・・
昔からテストも最後まで問題文を読まないタイプだったので・・・
また数日かかると^^;