2019.04.21 今日のメンテナンス「xtne6f/EDCB」アップデート。VisualStudio2019(vs2019)も.NET4.8安定動作中?。rigaya氏の x265(3.0_Au+21) とQSV3.19 も。mkvmergeのBugfixも続く。

うちのEDCB環境+の更新メモ。今週は多いなぁ(^◇^;

録画の切れ間で、
サービス停止→
常駐終了→
旧環境バックアップ作成→
ファイル更新→
サービス開始→
PC終了→
埃掃除→
録画開始時間前に起動→
EPG取得→
重複チェック→
新環境バックアップ作成。

今日のルーティンワーク終了(^◇^;

◆ rigaya氏の x265(3.0_Au+21) とQSV3.19 もAmatsukazeに。アップデート。
rigayaの日記兼メモ帳
https://rigaya34589.blog.fc2.com/

◆ MATROSKA
MKVToolNix Windows portable (64-bit)
https://www.fosshub.com/MKVToolNix.html

微妙。mkvmergeのバグフィックスも続いているので…^^;
過去のログ見るのが大変だ。

MKVToolNix – Matroska tools for Linux/Unix and Windows
https://mkvtoolnix.download/

Downloads for Windows
https://www.matroska.org/downloads/windows.html

◆ Googleさんから検索

重いよ…
再度キャラクタのボタン押すと一杯降ってきます。
マウスを動かすとキャラクタが拡大されて回りが動きます(^◇^;

◆ ソースとバイナリの取得
xtne6f/EDCB
https://github.com/xtne6f/EDCB

・ソースは、[Clone or Download] からダウンロードで EDCB-work-plus-s.zip 。俺は使いこなすから絶対文句は言わねぇって人はCloneで(^◇^;
・バイナリは[Releases]から EDCB-work-plus-s-bin.zip を。

バイナリ展開して、ビルドしたものを上書き、前の環境のバックアップ取って、上書き、PC再起動。
基本ですな。

◆ うちの環境は Microsoft .NET Framework 4.8 です。
ちと早いとは思いますが、来月には Windows10 May 2019で導入されていると思いますし、早漏は君だけじゃないよっていう意思表示を…
4.5→4.8で問題になるのはWindows10以外だとおもいますし。4.8のバグがあるなら、クリーンインストール前にあぶりだしたいという感じ。

◆ VisualStudio2019でビルド。暇でモアベターな感じじゃね?っていうオプション見つけたら、好みでオプションを変えて人柱ビルド。動かないのは自己責任泣かないで。

◆ EDCB環境を配布バイナリから上書きで作る。(ビルドしないファイルも追加されてたり更新されてたりするので…手抜き?保険?)

64bit環境の構築その1(x64上書き)


64bit環境の構築その2(ビルドしたファイルの準備)


64bit環境の構築その3(ビルドしたファイルの移動上書き)


64bit環境の構築その4(プラグインを移動上書き)

◆ EDCBの録画完了を待つ間にテキストファイルの目を通しておく。
README.md
History.txt
HowToBuild.txt
Readme.txt
Readme_EpgDataCap_Bon.txt
Readme_EpgTimer.txt
Readme_Mod.txt

( ゚o゚)vs2015でビルドしていらっしゃる(;^_^A アセアセ・・・
vs2019対応お疲れ様です(^◇^;


おかしいと思ったらVS2015でビルドするってことで。

未開の地の地雷原を突っ走るタイプの人は報告をこまめに出していきましょい’`,、(´▽`) ‘`,、

◆ バックアップ取って上書きと動作確認。
録画の切れ間で、サービス停止→常駐終了→旧環境バックアップ作成→ファイル更新→サービス開始→PC終了→埃掃除→録画開始時間前に起動→EPG取得→重複チェック→新環境バックアップ作成。

・EPG取得確認。
・手動録画確認
・5分ニュースでいいのでタイマー録画確認。

おかしかったら戻す!(笑)

◆ 動作確認終わったら EdcbPlugin の中身をTVTestの plugins へ移動する。
Write*.dllの配置を行う。EdcbPlugin の中の説明を読めば面倒なことは何もない。
これが何の作業かわからない人はプラグインはそのままで使わなくてもよいのではないでしょうか。
・EDCB→(UDP/TCP)→TVTestで見てる人には特にやらなくても問題ない。
・TVTestでチューナー設定してみてる人は、チューナーの競合が起こらないように勉強していると思うのでプラグインの意味も使い方もわかるかと。

地震以外リアルタイムで見ることもないので・・・うまく説明できません(;^_^A アセアセ・・・

2019.04.20 暇なんでC#ビルド環境を「.NET Framework 4.8」に移行する。(;^_^A アセアセ・・・

毎日のように使っている、EpgDataCapBon(EDCB),Amatsukaze,DGMPGDecなどをひっくるめて録画環境を再ビルド。
C#のターゲット変更、C++周りはSpectre対策オプションでビルド。はい。余計なオプション追加してます。
半日ですが今のところ普通に動いているんで、通常環境に移して様子見ですな・・・トラブルがないと普通の動作報告です。

余計なことをするのが大好きです。
でも、今回はセキュリティー上のやった方がいいんじゃね?っていう更新もあるんで、飛びつくことに!

Download .NET SDKs for Visual Studio
https://dotnet.microsoft.com/download/visual-studio-sdks?utm_source=getdotnetsdk&utm_medium=referral

面倒だから全部移行。
デバッグする気のない評価用自作プログラムも更新するべ。

RTX2060のエンコード速度ってどんなもんでしょ。RTX世代でRTX2070やRTX2080で速度が変わるのかどうか。

RTX2060のエンコード速度って?
結論:GPU内部で処理させるとどのパッケージもほぼ同じ性能。
※CPUでゴリゴリフィルタかけたり、CPUからCUDAを使う場合はバス(帯域)が早い方が気持ち速かった記憶があります(^◇^;

RTX2060で322fpsくらいですにょろ。
ソースとエンコ先が同じSATA-SSDなんで、NVMeとかに分けると気持ち速くなるかなと。
CPUがSkylakeの17-6700無印と3世代も前なうえにDDR3なんで、CPUの深見テルト新型CPUならもちと速くなると思います。
まぁ3年前のCPUでもまだまだいける!ヽ(*^。^*)ノ?

こんな書き込みを見かけたのでうちでも測ってみた。

【NVENC/VCE】ハードウェアエンコーダーを語るスレ2【QSV】
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/avi/1551446228/

324 名無しさん@編集中 (ワッチョイ 4a02-rXtv) sage ▼
下の設定で1920*1080ソースだと245fpsくらい
2080tiじゃなくても速度は変わらないとか言ってなかったっけ

NVEncC64.exe -c hevc –dar 16:9 –bref-mode each –profile main10 –output-depth 10 –ref 8 –avcuvid –input-analyze 30 –vpp-knn –cqp 23:26:29 –avsync forcecfr –tff –vpp-rff –vpp-afs preset=anime,24fps=true,rff=true –aq –aq-strength 0 –vpp-edgelevel strength=10.0,threshold=16.0,black=0,white=0 –bframes 4 –gop-len 300 –audio-codec ac3

329 名無しさん@編集中 (ワッチョイ deaa-KsI0) sage ▼
>>324
そのまんまコピペしたものに、-i “%~1” -o “%~dpn1.mp4” を加えて2070で計測すると299fpsだった
ソースは同じく1920*1080 アニメ。2080tiより早くなる事はまず無い筈だから、ソースの違いかな?
330 名無しさん@編集中 (ワッチョイ 4a02-rXtv) sage ▼
>>329
申し訳ない、裏でゲームが動いてました
止めたら304fpsだったので同じだと思います
2019/03/24(日) 15:56:06.68 ID:S0Ie52oT0 [3回目]
331 名無しさん@編集中 (ワッチョイ deaa-KsI0) sage ▼
>>330
やはり変わらないみたいだな
恐らく同じだとは思うが、2060/16xx持ちの人のスコアも一応見てみたいな

エンコードバッチファイル:afs.bat
D:\Amatsukaze\_rigaya\NVEnc_4.36\NVEncC\x64\NVEncC64.exe -c hevc –dar 16:9 –bref-mode each –profile main10 –output-depth 10 –ref 8 –avcuvid –input-analyze 30 –vpp-knn –cqp 23:26:29 –avsync forcecfr –tff –vpp-rff –vpp-afs preset=anime,24fps=true,rff=true –aq –aq-strength 0 –vpp-edgelevel strength=10.0,threshold=16.0,black=0,white=0 –bframes 4 –gop-len 300 –audio-codec ac3 -i “%~1” -o “%~dpn1.mp4”

ソースデータ:.ts.program.txt
BS11イレブン
賢者●孫[新]第1話「世間知らず、王都に立つ」

ジャンル : アニメ/特撮 – 国内アニメ
映像 : 1080i(1125i)、アスペクト比16:9 パンベクトルなし
音声 : 2/0モード(ステレオ)
無料放送

ソースデータ:MediaInfo([TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5]でCMカット)
ID : 4352 (0x1100)
Menu ID : 1 (0x1)
Format : MPEG Video
Format version : Version 2
Format profile : Main@High
Format settings : CustomMatrix / BVOP
Format settings, BVOP : Yes
Format settings, Matrix : Custom
Format settings, GOP : Variable
Codec ID : 2
Duration : 23 min 50 s
Bit rate mode : Variable
Maximum bit rate : 24.0 Mb/s
Width : 1 920 pixels
Height : 1 080 pixels
Display aspect ratio : 16:9
Frame rate : 29.970 (30000/1001) FPS
Standard : Component
Color space : YUV
Chroma subsampling : 4:2:0
Bit depth : 8 bits
Scan type : Interlaced
Scan order : Top Field First
Compression mode : Lossy
Time code of first frame : 00:00:00:00
Time code source : Group of pictures header
Writing library : TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 Version 5.0.20.26
Color primaries : BT.709
Transfer characteristics : BT.709
Matrix coefficients : BT.709



普通のエンコード:


デスクトップ録画しながらエンコード(エンコーダー性能-27%^^;):


エンコード結果:サイズがばらついてます


ドライバのバージョンなど:


FFMpegのバージョンなど:


ざっくりSSIM値の計算:




アニメの圧縮率はすごいなぁ(^◇^;
ビットレート上げてもほどんど変化がないくらい縮んでる’`,、(´▽`) ‘`,、
ロスレス(–lossless)と–cqp 23:26:29が0.99超えてる値で 0.007 くらいの違いとか。
h.265/hevc優秀!


CPUが暇そうなんでいろいろエンコードしてSSIM値計算してみた。


オプション

上二つの画像のHTML
20190414_ssim.html
※コピペミスあると思います。参考程度にして自分でエンコードして目で確かめる癖付けましょうヽ(*^。^*)ノ。

オプションは「推奨」とかそんなものではなく、SSIM値と速度見るために入れた数値です
アニメのエンコードしないんで、何を比較したらいいのかよくわかりません。

はらへった。飯にしよう。

Amatsukaze 0.9.0.2 きてまする。おま環エラー回避できず様子見(・・ゞポリポリ

要望修正見たいっすね。テストテストヽ(*^。^*)ノ

Amatsukaze
https://github.com/nekopanda/Amatsukaze/releases

v0.9.0.2
自動ビットレートVFR調整のビットレート計算式が間違っていたのを修正
キューのエンコード順がキュー再読込後はランダムになってしまっていた修正

0.9.0.1
稼働時間設定を追加
インターレース解除フィルタにAutoVfrを追加
エンコードの一時停止機能を追加

早速使ってみるず。

◆ おま環エラー中・゚・(ノД`)・゚・
2019.4.14-15時追記。したらばに同じ報告出たんで素人は様子見モードに入ります(^◇^;
急がなけエバver 0.8.8.0 の利用を進めますです。

QTGMCが通らない…戻してみる。


ver0.8.8.0 だと同じ設定でも通るような感じ。


QTGMCエンコード設定。
もちと設定調べてみる(´・ω・`)

(実写) NVEncC 4.36 の nnedi を使いたいのです!(笑) cufilters 20190326を利用してSDデインタレースの設定を眺める。まだ使いこなせない(^◇^;

いや、ほんと眺めるだけ(^◇^;
苦手そうな部分をうまく処理したいんですが、斜線の角度によってnnediでは補間できない部分をいじってます。
20度くらいまでは補間で直線になるけど、30度あたりと60度辺りは苦手な感じかな?

HWの高速デインタレ憧れます。

◆ Aviutlが使える環境になったので、GPUフィルタの動作確認もかねて。
※読み込みにL-SMASH使ってます。

Aviutlで読み込んだところ。

◆ Aviutlのデインタレをオフにする。

Aviutlのフィルタ&デインタレをオフにする。
プレビューでシークしているとコーミングノイズ出まくる感じの状態です。

◆ 設定項目の意味も理解せずに、とりあえずパラメータいじってスクショ撮ってみた。

Aviutlで設定煮詰めてAmatsukzeに食わせるとかエンコマニアっぽいじゃないですか(笑)
時間軸(フレーム間)フィルタと720pくらいのリサイズでうまくごにょっとくれると。きっときれいになるに違いな・・・時間軸フィルタつかうならYadif使えとか早いとか言われそうだ。う~ん。奥が深い。

あれ、何してるんだろ俺。
今日振り込みの仕事忘れてた( ^ω^)・・・
車の保険が切れる~

(実写) NVEncC 4.35 の nnedi ほかを使ったSDデインタレース・エンコードの比較など。bob指定したり、おま環問題発覚(まだいろいろ解決できてな~い)

今日も地雷を探してエンコード!
みんなえんこーどたのしんでるかぁ~いヽ(*^。^*)ノ

今日も、何か踏んだようだ。
今後の調査が必要(^◇^;

「x264でインタレ保持エンコして再生時にデコードしたらもっと劣化するんじゃね?」ってちょっと触れたら、ばーかばーかと踊ってる人が現れたので、試してみたにょろよ ~>゚)~~~
結果、うちの環境では想定外のひどい再生状態だった(^◇^;
コーミングは消えてもモアレの波打つ感じがひどい。ビルや構造物のシーンでカメラが上下に動くとうねうねうねと。

最適化してないって言われればそれまでなんだけど、h.265に移行して最適化する必要もないんで、うまい設定持ってる人がどこかでまとめてくれると思う。
nnediもうまく使えていない感じなので…インタレ解除の一連の設定がスポーンと抜けている&間違っているんではないかという気がする(^◇^;

再生環境にk-lieの現時点の最新版を使用。
Version 14.8.8 Full (2019/03/22)

Download K-Lite Codec Pack
https://www.codecguide.com/download_kl.htm

Changelogs for K-Lite Codec Pack Full
https://www.codecguide.com/changelogs_full.htm

◆ nnedi比較用にFFMPEG渡しのエンコード設定。(追加テストしてみたものの、エンコード結果は変わらず斜線が凸凹。)
HDではYadif30fpsと遜色ない変換を見せるnnediですが、SDではうまくいっていないおっさんのたわごとの回です。
—-
非公式bob化:–vpp-nnedi field=bob –interlace tff
使い方にはないが60fps化可能。自己責任で!静止画比較しようと思ったけど、非公式なうえに、見た目大差なかったのでパス(^◇^;



正式実装じゃないと思われます。問い合わせも保存用もやめましょう。
—-

> ffmpeg -y -i “” -an -pix_fmt yuv420p -f yuv4mpegpipe – | D:\NVEnc_4.35\NVEncC\x64\NVEncC64.exe -c hevc –lookahead 32 –vbrhq 0 –vbr-quality 28 –vpp-nnedi –interlace tff –y4m -i – -o “ssim_hevc_nvenc_nnedi.mp4”

◆ Amatsukazeエンコード設定。
デインタレ設定。nnediと比較したいのでほかもhevcで。

例)Yadif/30fps


例)nnedi(インタレ解除設定なしにして「–vpp-nnedi」を追加しただけ)
この設定がおかしい気がしてしょーがない(;^_^A アセアセ・・・
HD物は気にならなかったんだけど…片方のフィールド捨ててるとか書いてあった気がするので、斜線は苦手なのかも。

プレイヤーのインタレ解除用にx264でオプションなし(def:crf23)のインタレ保持エンコもしています。
今回のソースは昔録画した衛星SD物。
(追記:驚異の建築ものでOPにまだ使われているらしい)

◆ SDのスクリーンショットからわかりやすい部分を。
CUVIDのみx264で作ったインタレ動画をプレイヤーでCUVIDデコード設定。あとはnvencのhevc動画。

カメラ固定で人物がしゃべるシーン。
CUVIDは1フレーム遅れてます。ほかは同じフレーム。


手を組むシーンなので、右手が動いてます。

◆ プレイヤーのデインタレ設定とSD→FHD拡大時のスクリーンショット

◆ SDの再生時デインタレース方法の比較。
ソフトインタレ解除とハードインタレ解除の比較。TVTestで使うDXVA2も載せてみた。


Yシャツの袖の部分がぼやけていたり、右手の親指にピンク色の擬色がでてますね。

うむむ。奥が深い。
勘違いも思い込みも多かった。斜線のデインタレはQSVが優秀な気がする、今まで完全に眼中にありませんでした(^◇^;
原因がはっきりするまで、うちの環境ではnnediはちと封印した方がよさげ…
(´・ω:;.:…

◆ 追記。データなど。

Yadif30のmkvとmp4はエンコード自体は同じものかと…
キャッシュにのって2割くらい早くなってるだけかな(・・ゞポリポリ

—-
[Yadif30の例](ソースが1GB程度なのでキャッシュにのっていたかも。)
※エンコーダオプション: –codec hevc –lookahead 32 –vbrhq 0 –vbr-quality 28

NVEncC (x64) 4.35 (r1043) by rigaya, Mar 24 2019 22:36:30 (VC 1900/Win/avx2)
OS Version Windows 10 x64 (17763)
CPU Intel Core i7-6700 @ 3.40GHz [TB: 3.98GHz] (4C/8T)
GPU #0: GeForce RTX 2060 (1920 cores, 1830 MHz)[PCIe3x16][419.67]
NVENC / CUDA NVENC API 9.0, CUDA 10.1, schedule mode: auto
Input Buffers CUDA, 44 frames
Input Info y4m(yv12)->nv12 [AVX2], 720×480, 30000/1001 fps
Vpp Filters copyHtoD
Output Info H.265/HEVC main @ Level auto
720x480p 853:720 29.970fps (30000/1001fps)
Encoder Preset default
Rate Control VBRHQ
Bitrate 0 kbps (Max: 5760 kbps)
Target Quality 28.00
Initial QP I:20 P:23 B:25
VBV buf size auto
Lookahead on, 32 frames, Adaptive I, B Insert
GOP length 300 frames
B frames 3 frames [ref mode: disabled]
Ref frames 3 frames, LTR: off
AQ off
CU max / min auto / auto
Others mv:auto

◆ Yadif30のコンテナを入れ替えてみた。
おもいっきり、おま環です。参考にならんと思う。
デュアルモノラルがモノラルになっているあたりでミスッてますね(T.T)

固定フレームレートが可変に。


mkv指定がうまくいっていない感じ…

Amatsukaze0.8.8.0 で「VFR(30fps上限)」設定が追加されましたよ!

怒涛の更新が続いておりまする(^◇^;
ちゃんと寝てるんだろうかw

うちでは自ビルドごちゃまぜ最新版テスト環境と、シーズンアップデートの放置エンコ環境があるわけですが、今回のVFR(30fps上限)は24/30fps混在で使ってみたいですね!
最近の映画にコメントやサイドストーリーとかバックストーリーのドキュメントやインタビューがついてるのがあるのでfps変わっていたのでファイルを分けていたところでした。


ビルドすると、今回はサイズがちょっと違ってた。まぁおま環です。(上書き失敗してたみたい)
インストール環境の問題なんだろうけれども、ビルドで用意されるReleaseファイル(dll)が最新版だと無意識に配布版に上書きしたくなってしまうから注意が必要(^◇^;


変更箇所はこんな感じで選べます。
VFR嫌いな人とか、ちょっとまえのHWデコーダーでは再生できなかったりコマ送りになったり再生環境選ぶので、しばしPCで再生しない人にはあまり縁がないのかも?

x264/x265で作ったサンプルはAndroid6のうちのスマホでは無理だった…
ソフトデコードも処理が追い付かなくて無理だった(^◇^;
液晶はFHDなのにCPUがしょぼすぎる・゚・(ノД`)・゚・

Amatsukaze0.8.7.1、NVEncC4.35ともにバグ修正来てます。QSVEnc 3.18久しぶりの更新。

週末恒例の更新ですね(^◇^;
メンテ乙です。

来月にはVisualStudio2019が出るんでワクテカしてるマニアです。
うちで使ってるフリーソフトがみんな対応してくれるといいね!(作者不在のEDCB当たりの一部はそろそろ脱落しそう?)

nekopanda/Amatsukaze-0.8.7.1
https://github.com/nekopanda/Amatsukaze/releases

・スタンドアロンからサーバへの切り替え時にも確認ダイアログを表示してエラーになっていたのを修正

※配布の実行ファイルのバージョン表示は、0.8.7.0のままかも・・・(古いバージョン上書きしてしまったかな(;^_^A アセアセ・・・)
まぁ自分でビルドすると0.8.7.1になるので実害がないってことで。取り急ぎの報告もいらないか。
(「おま環」って言われるだけの気がするのでコミュ障のおっさんは動かないのです)

rigayaの日記兼メモ帳-NVEnc 4.35、QSVEnc 3.18
https://rigaya34589.blog.fc2.com/

不具合の修正。
[NVEncC / NVEnc.auo 共通]
・–vpp-nnedi利用時に異常終了する可能性があったのを修正。

[NVEncC]
・–audio-filter利用時にフィルターによっては異常終了する可能性があったのを修正。

QSVEnc 3.18 [共通]
・Haswell環境のd3d11モードでBフレームありのH.264インタレ保持エンコを行うと、映像が乱れることがあるのでその場合にはBフレームを無効化するように。
内蔵GPU以外にGPUがあり内蔵GPUから映像出力をしていないときにQSVエンコするためには、エンコ用に使用するGPUメモリは通常のd3d9モードではダメで、d3d11モードで確保しなくてはならない。

[QSVEncC]
・映像のcodec tagを指定するオプションを追加。(–video-tag)

・音声エンコード時のtimestampを取り扱いを改良、VFR時の音ズレを抑制。

※きっとうち(Skylake)でガシガシやってる分にはどちらも影響がないところのようだ(^◇^;
まぁAmatsukazeで使ってるときには、npp64_10_dllも入れずに使ってますものね…^^;

◆いろいろ更新して設定はこんな感じに

mp4boxとかmkvtoolの更新に伴いざっくりと。
年末累積のエンコードがやっと終わったとかそんなタイミングです。

◆カラー調整(マウスオーバー編)

マウスオーバーのPlumをRoyalBlueに。


するとこんな色になった。
完了は、LightSkyBlue、一番上が選択、2行目が選択。RoyalBlueが半透明50%で上書きされてる感じかな。

ソース毎のデインタレの性能を調べてたり(^◇^;
たまってた一括放送がやっと片付いたので…年末の2週間無料視聴は有効に使わせていただきました。そのあとの勧誘電話がしつこいだけでw
縞のシャツや細いボーダーのズームやパンシーン、スタッフロールや戦闘機の離陸シーンや90式の走行中射撃などのインタレ解除を全部こなせる設定があったらいいなぁと(爆笑)
暗部ブロックノイズ対策と一緒でたいていは、ビットレート上げろってことなんですけどね・・・

Amatsukze0.8.7.0出てまする~ヽ(*^。^*)ノ。実行の緑が見えにくいのでちょいと色を変えてみた。

掲示板見たらいろいろ修正依頼出ていたようですね。
膨大なエンコに埋もれて、GitHubの方しか監視してなかった(・・ゞポリポリ

Amatsukze 0.8.7.0
https://github.com/nekopanda/Amatsukaze/releases

・AmatsukazeServerは最小化でタスクトレイに格納するようにした
・D&Dでキューの並べ替え、Deleteキーでキューアイテムの削除を実装
・プロファイル、自動選択のリネームボタンを追加
・スタンドアロン版でエンコード中に終了しようとしたら警告を出すようにした
・タイトルバーにバージョン表示を追加
・キューの上にあるアイテムの優先度が高くなるようにスケジューリングを修正
・CUVIDでH264をデコードできなかったのを修正

とのこと。
一番大きいのは、スカパーHDの方に朗報でしょうか?
個人的にはリネームボタンがありがたい。修正多いんで^^;

終了時に確認ボタンも出るように修正入ったようなので安心ですね!

目が覚めたので、ビルドしよう…(^◇^;

◆ お花見版コメント。
GUIにヴァージョン表示がついたので、手入力やめてModel.ServerVersion使うことに。
ブログの関係で「”」は半角に。

—-[WindowCaption]を差し替えてみる。

public string WindowCaption {
get {
var hostName = Model.ServerHostName;
if (hostName == null)
{
return "AmatsukazeGUI(未接続) 陽炎型 9番艦 駆逐艦(天津風 改)-「どういう風の吹き回しかしら?やだ、髪は触んないでよ…。吹流しが取れちゃうでしょ」";
}

hostName = "陽炎型 9番艦 駆逐艦(天津風 改)-「えっ?雪風なに?お花見?いいけど…そうだ、島風も呼んでやってもいい?べっ、別に意味なんかないけど…あ…そう?」";

if (Model.ServerVersion == null)
{
return "AmatsukazeClient@" + hostName;
}
return "Amatsukaze" + Model.ServerVersion + "@" + hostName;
}
}

—-
コメントは、Wikiのセリフなどからでもご自由に。

◆ 春なのではるっぽい色にとか思っちゃう辺り(^◇^;
外見たら雪が降ってるし・・・新潟寒すぎ。

VisualStudioカラーコード表(2012)
https://ao-system.net/vscolor/

私みたいな老眼のおっさんでは、黒い文字のバックを「Green」ではほぼ見えないので…
ほかにもレッドやパープルでも見えません(^◇^;
色弱ではないんですがきついので普段は変更してます。GUI周りいじるのはこのウェイトが結構大きい。そのうちテーマとか用意されるのでは?^^;
こんな要望答えてたらキリがないので、できる人は自分で変えましょう。
GUIだけならVisualStudioでできるのでやっつけちゃいましょ!自己責任ですが!

変更場所知らないんで探します…これからかよ!(^◇^;

GUIの中の views\queuepanel.xaml あたりかなぁ?
エンコード中なので、あとで試してみよう。

—-
スタイルソースは張ると崩れるので、、、サンプル貼れません。画像データからで探して

春っぽい名前で…キューパネルの見えるところをちょいといじる。
ソースは直接いじらないこと。

ソースの値をクリックするとピッカーが出るので、好きな値に。
設定名称を使う場合は、「#FF〇〇〇〇〇〇」のところに張り付けると設定してくれます。

“#A0FFFF” → “LightSkyBlue”
“Green” → “MediumSpringGreen”
“Red” → “OrangeRed”


そのうちセンスのいいひとがいろいろテーマ選べるようにしてくれるはず!(爆)
まぁ色の調整は後で。
寝よ。