[2018.12] TvtAudioStretchFilter.axは要注意!VS2017のver15.9.4でC++の最適化バグが治ったよう言うような書き込みを見て全ビルドやり直してみるの巻

ちょっと前にやった気がするが・・・
ビルドは自己満足のおま環なので、違うところがあると思うので自己責任で自分の環境に合わせてねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
日付を見るとEDCB11/26とかTVTEST10/27辺りからの更新になります。
公開してくれた作者さんに感謝してサクサク行きましょ!

i7-3770T用のAVX(第2世代)と、i7-6700用のAVX2(第4世代)の2つの環境を再構築してみた。
VS2017のBugFixアップデートもあり、基本的にはクリーン&ソリューション再ターゲットして、リビルド。
Win32(x86)は今回から全部削除。64bitに移行で問題ないっぽい。
パッチなどは事前に全部当ててあるので、ビルドするだけにゃ~。
EPG取得・録画・再生・タイマーテストして、それでも再構築までに30分。
トラブルがないのに、思ったより時間かかった^^;

—-大まかなビルドリスト。全部じゃないです。Amatsukazeのビルド環境構築などは説明できないので(^◇^;
私が使うツールは、今は全部ソースが公開されているので足りないといわれるものや、追加の機能が欲しくてもすぐに手に入っていい時代ですよね…もう、ビルドくれ~と泣いてた10年くらい前とは時代が違うw
足りなそうなものは構築サイト見て拾ってくださいな。
私よりも説明がうまくアフィリエイト一杯貼ってあるところありますので(;^_^A アセアセ・・・
宝くじ当てるよりよりも仲間と小銭稼ぐ方が楽しいよね・・・(^◇^;

どのソース落とせばほしいものが入っているかなんとなくわかると思いまする。
ここにあるのは全部64bitビルドできますヽ(*^。^*)ノ
—-
(EDCB-BonDriver)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\BonDriver_PT3-ST-master\BonDriver_PT3.sln
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\BonDriver_PT-ST-master\BonDriver_PT.sln
(EpgDataCapBon:EDCB本体)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\EDCB-work-plus-s_181125\Document\EDCB_ALL.VS2015.sln
—-
(TVTest-BonDriver:Pipe)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TvtPlay-work\BonDriver_Pipe_src\BonDriver_Pipe.sln
(TVTest-BonDriver:UDP,TCP)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\BonDriver_UDP\BonDriver_ALL.sln

(TVTest本体)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TVTest-develop_181026\src\TVTest.sln
(本体付属のSampleの中にプラグインがあります)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TVTest-develop_181026\sdk\Samples\Samples.VS2013.sln

(他プラグイン例)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TVCaptionMod2-develop\src\TVCaption2.sln
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TvtPlay-work\src\TvtPlay.sln
(TVTestVideoDecoder.ax)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TVTestVideoDecoder-master\TVTestVideoDecoder.sln
—-
(TvtAudioStretchFilter.ax)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\BaseClasses\BaseClasses.sln
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\soundtouch\source\SoundStretch\soundstretch.sln
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\soundtouch\source\SoundTouch\SoundTouch.sln
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TvtPlay-work\TvtAudioStretchFilter_src\TvtAudioStretchFilter.sln
—-
TvtAudioStretchFilter.axはバッチファイルを作っておくと楽。
下記バッチ例ではディレクトリ名を環境に合わせてね。
—-TvtAudioStretchFilter.ax_install.bat
regsvr32 D:\TVTest_x64\TvtAudioStretchFilter.ax
pause
—-TvtAudioStretchFilter.ax_remove.bat
regsvr32 -u D:\TVTest_x64\TvtAudioStretchFilter.ax
pause
—-
■ 「TvtAudioStretchFilter.ax」 ビルドするなり
TvtAudioStretchFilter.ax ビルド順

■ 「TvtAudioStretchFilter.ax」 の設定(TVTest:先に上記バッチでWindows10に登録しておく)

■ ついでに「TVTestVideoDecoder.ax」の設定画面

■ 「TVTestVideoDecoder.ax」のプロパティ例(今使ってないんで、画面だけ。赤枠の中は調整してください)


※字幕のある映像などでデインタレが利いているか確認しておく。
わたしゃほかのフィルタ使っているんで( ^ω^)・・・

—-追記。
眠くなったんでサブPCのフィルタ設定は宿題に・・・

LAVで480iの動きの速いシーンをFHDで表示したときのデインタレ字幕。
2m離れて違和感なければいいんじゃね?(^◇^; こだわりあるのはわかるけど・・・
PCで静止画にして見ると思ったより汚ちゃないヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
設定合わせてないと、F1などはTVの方が優秀ですなw

※NVIDIAのHWデコーダーの方が好みなんで設定などは最後まで煮詰めてません。

10年前より設定増えてね?(^◇^;
2度寝しよう(_ _).。o○


■ さらにNVIDIAでAVX2設定のビルド環境をテストする(GTX970グラボがささったCPUオンボードグラボもONになったi7-6700のPCですTEST用になるべくAVX2使ったビルド)
DVXA2でIntelとCUVIDのデインタレのかかり方が違うにょろ・・・
多分どこかに設定があるんだろうけど、探すのが面倒なので画像貼って終わりにする(^◇^;
上のi7-3770TのGPUではうまくデインタレがかからずコーミングノイズが出る時がある。映像による。

LAVの設定見るとこんな感じ。

CUVIDのデインタレ。


DXVA2 CopyBack設定。
設定が減ったうえに負荷が上がる。
LAVでGPUが1種類で設定を決め打ちしているのならCUVIDで十分?

DXVA2のデインタレ。


動画で見てるとさがわかりませぬ(^◇^;
コーミングノイズ出てなければOKですよね。

負荷的にAVX2が有効かどうか体感できることはありません。
エンコードやマイニング、AI深層学習、アドビのソフトとか画像や大量計算が必要なソフトなど最適化されたプログラム以外は気にしなくていいと思います。
IntelCPUではよほど無茶な構成にしないとAVX2対応していないPCでも問題ないですが、AMDは実害が出ますので、互換性の関係上、家の中でも下限Pcにそろえた方がいいと思います。
(ソースコピーして、オプション変更し忘れて、AVX2に最適化したTVTest.exeをi7-3770TのPCで動かしていても気が付かなかったくらい (^◇^;アハ~)
動画再生の負荷なんてそんなものです!(?_?)エ?
このあたりはArmがx64対応したあたりから考えましょ?(自己満足ですが)


寒いのにCPU利用率2%くらいなのでCPUのFANが止まりそうです。
低速で止まったり動いたりする方が気になるわぁヽ(`Д´)ノ

結局部屋で一番うるさいのはエアコンですil||li _| ̄|● il||li

終了。

■■■■


—-新しくソース持ってくると忘れるので…癖のあるやつだけ、ちょこっと抜粋メモしておく。
TvtAudioStretchFilter.axのビルドのやり方。でも情報が古いので環境によっては違う動作をします。
作者さんが修正を入れてる場合もありますので。

【TVTest】ビルドした・するスレ【EDCB】その2
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/avi/1518705444/75-n

—-抜粋
76名無しさん@編集中 (アウアウウーT Sa08-MTlB)2018/02/28(水) 17:33:45.01ID:NWL01Plfa>>94
この方法で MD/MT/x86/x64 vs2017ですべてビルドできる

【TVTest】 TvtPlayについて語るスレ Part 4

685 :名無しさん@編集中:2016/09/07(水) 10:14:05.59 ID:6v/9cxjZ
TvtAudioStretchFilter.ax ビルドの手順

1. SoundTouch.patch を適用
soundtouch-1.9.2.zip をダウンロードして解凍
soundtouch フォルダ名を a に変更
一つ上のディレクトリに SoundTouch.patch を置く
管理者権限でコマンドプロンプトを開いて patch.exe を実行

patch -p0 -b < SoundTouch.patch フォルダ名を soundtouch に戻す 2. 各フォルダの配置 \Projects\BaseClasses \Projects\soundtouch \Projects\TvtPlay-work-plus\TvtAudioStretchFilter_src 77名無しさん@編集中 (アウアウウーT Sa08-MTlB)2018/02/28(水) 17:34:05.69ID:NWL01Plfa>>78
3. BaseClasses をビルドする
\Projects\BaseClasses\baseclasses.sln

4. SoundTouch をビルドする
\Projects\soundtouch\source\SoundTouch\SoundTouch.sln
ビルド前にプロジェクト SoundTouch のプロパティを開いて
構成プロパティ → C/C++ → コード生成 → ランタイム ライブラリ を
マルチスレッド DLL (/MD) に変更しておく

5. TvtAudioStretchFilter をビルドする
\Projects\TvtPlay-work-plus\TvtAudioStretchFilter_src\TvtAudioStretchFilter.sln

78名無しさん@編集中 (ワッチョイ 74a2-jWof)2018/02/28(水) 21:01:30.65ID:pgFRja0F0
>>76>>77
ほほう、やってみよう
サンクスです

79名無しさん@編集中 (ワッチョイ dfb3-lEE9)2018/03/01(木) 00:09:37.45ID:py/T0UNK0>>82
>>76-77 で引っかかりそうな2点。

・SoundTouchを「ソリューションのビルド」しても作成されない。
「SoundTouchのビルド」を実行する。
またはソリューションのプロパティでビルドできるように変更する。

・TvtAudioStretchFilter.slnのx64ビルドでSoundTouch_x64.libが見つからない。
soundtouch\source\SoundTouch\Releaseに作成されているSoundTouch_x64.libを
soundtouch\libへコピーしておく。
またはSoundTouch_x64.libの場所を「追加のライブラリディレクトリ」に加える。
あるいはSoundTouchをビルドする時点で根本的に修正しておく。

80名無しさん@編集中 (ワッチョイ bf9f-m1UI)2018/03/01(木) 01:09:59.51ID:CnOtLzKd0
自分もTvtAudioStretchFilter.axビルドしてみた。
素人なもんで躓いたところを書いてみる。

4.について
自分の環境(VS2017)ではそのままではビルドできなかったので
ソリューションエクスプローラーからSoundTouch右クリック>プロパティ
右上の構成マネージャ
構成をreleaseにしてビルドにチェックを入れた。
書いて有るとおりsoundtouchはビルドの前に/MDに変更を忘れずに

BaseClasses、soundtouchフォルダは
TvtAudioStretchFilter.slnの入ってるフォルダの二個上のフォルダに配置する

これで動いてる模様

81名無しさん@編集中 (ワッチョイW df7f-tZ4x)2018/03/01(木) 08:50:40.10ID:YyxR5+J20
参考になります
ありがとう

82名無しさん@編集中 (ワッチョイ 7f06-m1UI)2018/03/01(木) 09:12:43.55ID:TIujTdNg0
>>76>>77>>79
詳細助かる

83名無しさん@編集中 (ワッチョイ bf63-yVqK)2018/03/01(木) 09:36:42.79ID:/en+xUDT0
MDは躓くポイントではないのだが。すべてMTでもビルドできるぞ。

84名無しさん@編集中 (ワッチョイ 2731-Fhm4)2018/03/01(木) 10:59:38.01ID:hvp78GtC0
私が躓いたところ(Windows10_1709、VS2017 Community)
SoundTouchをビルドする時に、x64で実行するとエラー
何回やってもダメなのでエラーメッセージをまじめに読むと、ファイルののプロパティ値が違うとかどうとか
やむを得ずWin32で実行すると、ビルド成功
soundtouch\source\SoundTouch\ReleaseにSoundTouch_x64.libが作成されており、
以下は>>79の通りに行って、TvtAudioStretchFilter.axのx64ビルドに成功

Win32でビルドすればx64版もいっしょに作成するなんて思わねえ
—-
■ SoundTouch_x64.lib などLIBがうまくコピーされず古いままになっている場合がります。
ソリューションをクリーンしても削除されないファイルなので、手動で削除するかビルドした時に更新されているのを確認してから後のビルドを行いましょう。

アマゾンのサイバーマンデー!4K環境構築へ一歩ずつ! 「AVerMedia Live Gamer Ultra GC553 [4Kパススルー対応 USB3.1接続 外付け ゲームキャプチャーボックス] DV488 」買おうとして他のものをたくさん買う羽目に(^◇^;

これが欲しいなり。今よりちょっと良くなりそうな感じだったけど。今回は三日考えてあきらめた。


Amazonのサイバーマンで最終日。まったりアイテム検索。
既に自分の使っている磯長現行品ではないので、予備構成などを考えつつ・・・
4K機器ないのに次は4Kだよなぁとかマスコミに踊らされています。
まぁFHDの1920×1080画面の60fpsを録画程度ではすでにスペックが足りないのも事実で( ^ω^)・・・

1920×1200のモニタを使っているんであたり前ですが。
ゲームもろくにせずに小説書いているんで録画なんていつするの?って言われます。
山登りする人に、登山靴買っていつ登の?っていうようなものですよね!(たぶん。知らんけど。山登らないんで。体力ないんで。

他にもゴロゴロと残ってるうちに拾っておきたいパーツとか、処分品のBD-Rとかちょっと長い4KHDMIケーブルとか。とか。
まぁあったら使うでしょ?(^◇^;

そんなこんなで、4Kキャプチャ。録画は4K HDRで30fps。ソフトエンコしている製品のようですね。AVT-C878使ってるので、これで単体録画があれば!とか思っちゃいます。

ゲームのライティングで暗部バタつきや、8bitグラデーションでは輪っかグラデになっちゃうやつはどうも回避ができないですね。
サンプルみてると微妙な時代に入ったもんだと。

やっぱり、余裕をもって使うには画質的にはちょっと厳しいHWエンコが欲しいですね。
録画のために、ゲーム機より高スペックなPC組まないと(^◇^;

USB2.0から3.1になることでカードリーダーに差し替えがなくなるというのもありがたい。
あ、単体録画がないからUSBはPC録画のためでしたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
思いっきり勘違いですなぁ。

寝不足で勘違いしてポチりそうw
寝た方がいいか。
三日くらいほとんど寝てないな。結婚式?披露宴?2次会?のご祝儀分は元を取ったと思うが・・・
早いうちに結婚してくれないと高くつくのがおっさん世代。そもそもお前は何度目なんだよと。離婚したら返せよ!
そんな週末からの強行軍ヽ(`Д´)ノ

新婚旅行熱海でとか言ってる割に結婚式はハワイでとか。
そっち呼んでください。パスポートまだ切れてないんで( ^ω^)・・・
酔いが抜けてないな。

話を戻して。
今の自分が使う環境で条件整理していくといくつか引っかかることに。衝動買いしなくてよかった(^◇^;

録画:
—-
MP4(H.264+AAC)or(*H.265+AAC)
*(2018年07月現在)H.265 エンコーダー(HEVC)は『RECentral』使用時のみ
 有効になります。

※4Kを録画する際は、「H.265」の使用をお薦めします。
※HDRを録画する際は、「H.265」を使用して録画を行います。
—-

足りないものは今後買いそろえるとして、

仕様
https://www.avermedia.co.jp/product_swap/gc553_spec.html

悩ましい。

今使っているAVT-C878は4Kパススルーがないだけで、基本的にはAVT-C878PLUSと一緒なので。
—-
・AVT-C878 PLUSは4Kパススルー出力機能を搭載しておりますが、HDRには非対応ですので、ソース機器
 (PS4 Proなど)側の設定でHDR機能を無効(オフ)にしてください。
・4K解像度での録画・配信には対応していません。最大録画・配信解像度は1080p/60fpsまでの対応です。
—-

結論的に4K処理のチップが安く成り次第いろいろ出てくると思いたいですね。
韓国ではとっくの昔に4Kテレビが120万台を突破し主力は4K!とか言ってるのに、日本は地デジすらFHDではないですし、画質も買い医療されているとはいえMPEG2なので、暗部ノイズには弱いし、ビットレートは食いまくるし、音声はずれやすいし、29.97fps引きずってるし(^◇^;
モノクロに無理やりカラー同期信号突っ込んで使いまわした呪いがNTSCなので、著作権保護の名のもとに50年も前の技術に足を引っ張られ世界に取り残されてる日本がんばれ!

SearchCloneFilesで名前一致でサイズが小さいものを選択する。(サムネイルを削除する場合など)

同一ファイルを探すツールなので…なので( ^ω^)・・・
ファイルサイズが違う時点で対象外なので、本機能に実装してないので、オプションキー検索を使うようにします。
(※おまけでつけた機能なのでほとんどデバッグしていません。大小など左のキーが優先されます。優先順位の関係でチェックが逆になる場合があります)

■ 同一名で、サイズが小さいものを自動選択する


0.最初のページで[名前一致]検索を行う

1、[Name](名前)検索を選択(おまじない)
  (なくても動くと思いますがソート順がおかしくなって変わっている場合があるので)
2、[Size](サイズ)検索を選択(他は[None]にしてください)
3、小さいサイズを選択するので、[Lower]
4、キー検索のチェックボタンを押す。

そんな感じです。

キャッシュなどは同一名があると[~1]とかファイル名を変更している場合があるので対応できたら便利かも( ^ω^)・・・

—-追記
削るだけなら Flexible Renamer v8.4 で、できるそうです。

Flexible Renamer v8.4
http://hp.vector.co.jp/authors/VA014830/FlexRena/

[2018.12] [ChromeCacheView]を使って保存したTWICE Minaさんの画像を適当に整理してみるの図「ReduceDupDirの用例」

ChromeCacheViewでファイルに保存するとこんな感じに画像以外のファイルもたくさんあります。

いらないファイル減らしましょ!
この手の作業は、大切なファイルを消してしまう可能性があるので、注意深く自己責任で。

ツールは何でもいいんで・・・エクスプローラーでもいいと思います。
個人的にキーワードで絞り込むのが面倒だったんで、自作ツールを使います。
「ReduceDupDir」にキーワード一致ファイルを削除する機能をつけたんでこれを使う。
(ツールの使い方がわからない。これ何?っていう問い合わせもあったので、悪化する前に「説明書き検索するとありますよ」のフラグ回収)

「ReduceDupDir」はディレクトリ名がサブディレクトリ付きのファイル解凍などで、2重3重になった場合上のディレクトにファイルを移動するツールです。


「ReduceDupDir」を実行すると、キーワードリストと、部分一致ディレクトリ整理の注意書きが出ます。
本当の機能のディレクトリ整理(階層短縮化)昨日は使わないので「Execute」ボタンを押さなければ問題ありません。
キーワード一致ファイルの削除機能は「Check」ボタンを押した後ディレクトリ検索時に行われます。


起動した後、検索するディレクトリを追加する「Add」ボタン。


検索ディレクトリが追加される。前回と同じ設定なら、このあとチェックボタンでいらないファイルを消します。


画像は「.svg」「.css」を追加してみる例です。


削除キーワードの登録:「DeleteWordList」のボタンを押す。キーワードごとに改行する。部分一致です。ファイル名にあれば削除します。削除されると困るキーワードはリストから除いてください。一応削除法にゴミ箱は指定できますが、すべての環境で動作するものではございません。


使いフォームを閉じると、本体に削除リストが再読み込みされます。


再チェックを行うと、先ほど追加したキーワードのファイルも削除される。


キーワード長めで100%一致だけの大雑把な感じの方が必要なファイルを消すリスクが減ります。


エクスプローラーでサイズでソートしてサムネイル妥当と思われるサイズのファイルを削除ほかのディレクトリへ移動します。必要なファイルが歩かないか再確認してから捨てましょう。

で、府ごみファイルの処理が終わったらメインの残したいファイルの重複チェックを行ってみます。
このために作ったんじゃないかっていう(;^_^A アセアセ・・・自家製の「SearchCleneFiles」を起動する。
設定がころころ変わる人はディレクトリ分けて環境を複数構築することができます。多重起動はできません。

起動する!ディレクトリ指定する!
たいていは、
・比較条件「MD5」で「サブディレクトリも検索する」にチェック(MD5はファイルサイズのチェックが先に入ります)
・保管ドライブと分けてある場合は削除ドライブの指定ができます
・削除ファイルの自動選択で「古いものを残す」を選ぶ
・ファイル数によりますが、100KB以下のファイルが多い場合は、計算結果をキャッシュに残すよりそのまま読み込んだ方が早い場合がります。
・比較範囲(ディレクトリ)はなるべく絞り込みましょう。

検索結果はデフォルト色で削除対象がDarkRed「あずき色」になります。
「MD5」ではなく「サイズ一致」のみで検索をかけた場合はファイル名が違うとPink「ピンク色」になります。
ドライブキャッシュと比較が一致した場合は、灰色になります。
削除処理は、「削除」「ゴミ箱」「指定ディレクトリ」に移動できます。

EdgeにIEなどのブックマークを何度も読み込んで慕った時など、一度ファイルにIEに戻してMD5チェックかけるときれいに重複を減らすことができます。そんなツールです。

—-余談:

要望付け足しで、かなりのヘンテコ増築状態で醜いですが、痒い所にぎりぎり届いていない感じです。
数人のソースが混じっていて既に追えません(^◇^;
こんなソース追える実力があるなら自分で構築したほうが早いと思うのでソース公開はしません
はじまりがC#の勉強なんで、当時の記憶はもうありませんヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

基本的な使い方もよくある検索ツールと同じです。
ドライブキャッシュという名のダミードライブをつけたのはHDD差し替えが面倒だからです。
ものすごくリスクの高い機能なのでお勧めしません。下手にドライブレター変えると指定ディレクトリ全部消えちゃうよ
そんな機能がついてますので、HDD全復旧8時間とか平気でできる人以外は使わないで!


重複ファイルの削除が終わってディレクトリを覗いてみるとサムネイル時点で同じような画像が見えますね・・・
ファイルサイズを見ると小さくなっているので片方がサムネイルとだとわかります。
先ほどの20KB以下削除にかからなかった、22KBくらいのファイルがあります。

貴重な収集ファイルを消さないために最後は自分の目で確かめて!

個人で普通に使う分には無料です。

XnView Classic
https://www.xnview.com/en/

ファイル名とファイルサイズでサムネイル探すとか、顔認識などの機能持たせればツールでできるとは思うんですが、サクサク動くとは思えませんので、そのあたりの課題は未来のアイドルヲタクなどの少年たちに託したいと思います。
おっさんは保存しても次見たくなる前に死にそうなんで、もう卒業です。

[2018.12] HPの画像ファイルを保存する-[ChromeCacheView]を使ってTWICE Minaさんの画像をがっつりまとめて保存してみるの図(pinterest編-FaceBookやTwitterでもできる)

WordPressが5.0になったので・・・ネタもないのでちょっくら試す。 エディタが日本語化されてないので使い方もさっぱりなんですが。むりやりWordっぽい書き方をしている気がします(^◇^; で、今回は ChromeCacheView を使ってみたいと思いまする。 1年以上前にFireFoxがバージョンアップして古いプラグインでキャッシュの保存ができなくなったので、こ奴を使っています。 機能的にキャッシュを保存するっていうのは一緒です。 ただFireFoxの方が巡回プラグインとかいろいろあって小回りが利くので無効を使っていました。この機能のために使っていたので、今は無用となりインストールもしていません(^◇^;

個人利用の範囲でがっつり保存して、背景にしたり人に見せない範囲で有意義にネットライフを楽しみましょう。海外品ですが日本語化もまったり進んでます。中学生レベルの単語なので操作は迷わないと思いますが。 今回はPinterestサイトの画像の保存。pinterestの画像自体は右クリックから保存できるので、それを効率化しようって話です。(FaceBookやTwitterでも利用法は似たようなものですが)

ChromeCacheView v1.85 – Cache viewer for Google Chrome Web browser
Copyright (c) 2008 – 2018 Nir Sofer

ダウンロードと展開と使用法の詳細は詳しい解説最後があるので、そっちを見ていただくとしてポイ(ノ ̄ー ̄)ノ

では簡単な便利設定から。

・回答したフォルダを開いて、デスクトップにショートカットの作成


Chromeのキャッシュファイルを掃除・削除する


Chromeに保存したい画像があるサイトを開く


この時点でChromeで表示されている画像の9割近くがHDDのキャッシュにファイルとして保存され残り1割くらいがメモリの中です。 メモリの中身を押し出してあげるたえにもガシガシ開きましょう(^O^)

全画面にして表示ファイルを増やして表示域の順次読み込みを加速させます。


この時点ではPinterestの画像はサムネイルなので注意。 各ページを開くことで、元サイズが開かれます。 どんどんキャッシュに乗せましょう


ブラウザが重くなるくらい開いたら、読み込み完了を待ってタブ閉じましょう (?_?)エ?


タブの×印をポチポチポチポチポチ・・・・地味だ(^◇^;

この時間の間に遅延していたメモリ上のキャッシュの書き込みも終わっているので CacheView を開きます。


1.更新ボタンを押して、キャッシュ情報を読み込みます 2.次にファイルのコピー(保存)ボタンを押します。


保存先のフォルダを指定すると書き出し作業を始めます。 エクスプローラーなどでCacheViewの左下のファイル数とフォルダのファイル数を確認して終了です。

さて、いらないファイルを消していくぞ!(むしろここからがメイン?)

WordPress5.0エディタが使いにくい・・・慣れてないだけかも。まぁそれは置いといて、次へ~。

Amatsukazeにお任せでサクサクエンコードヽ(*^。^*)ノ CMカットについての“φ(・_.) メモッ!。

★ エンコードは! ★.・:∴∵‥¨

● 認識阻害対策が進んでCMカットがうまくいかない今日この頃なので、ちょっと時間を割いてやっぱり手動に。

定番ソフトでCMカット!
前後のGOP切断しなければほぼ再エンコードなしで無劣化で出力してくれる。TSの前後が最初から壊れていることがある。タイミングの問題でこれといって対処法がない気がする。GOP単位できれいに切れる動画ならMurdocCutterで。ふつうは無理。CMがGOP単位なんてことはない(^◇^;

前後は基本的に壊れていると思って処理した方が、後々0フレームと最終フレームにコーミングノイズが残るようなへまをしなくて済む。

■ 「クリップ情報の表示」にチェックを入れておき、読み込み時にトップフィールド優先ボトムフィールド優先に注意しましょ。

↓ボトムフィールド優先の場合の対処法↓
「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5」で ボトムフィールド優先認識をトップフィールド優先に変更する。

■ CM候補検出(位置は99個までなので、まとめ放送などは2回に分けて処理をするといいかも)

何度かやればすぐに使えるようになる簡単なインターフェース。
Amatsukazeで自動CMカットできるTSだけならいいのだけれども、うまくいかないときの方策もあると心強いっすよね。
1話ずつ切り出すのも手間といえば手間ですが。めんどくさいと思うような動画ならTSのまま見て捨てでいいんじゃないかと思いまする。


● CMカット終わったらあとはAmatsukazeに投げるだけ(^O^)
短い動画でプリセットを作っておいて、動画内容に合わせて選択するだけ。
ソースも公開されているので、基本動作で納得いかない方は自分で弄ることもできる。
変な欲を出さず、よくまとまっているので、特にこれといってかっくことがなくなってしまった(^◇^;

最近の改造:
起動音を喋らせるところまでやる気はないが、腐れ縁のかつての同僚のために、時間別でタイトルにセリフをつけるくらいは遊んであげる。(^◇^;

:以下雑談

後で見る用でもNVEnc通して置ければファイルサイズを約1/4にしてくれるデフォルト設定もあるので、うちみたいに20TBくらい「後で見る用」でたまっている老人にはありがたいですね。軽くソースをチェックして、丸投げ。
麻雀終わって帰ってくるとこんもりmkvファイルが出来上がっている。それじゃ困るような動画はちゃんと管理しましょう。

親も見るぷればとや池上彰解説番組はレコを埋め尽くしているので何とかしたいが・・・クイズ番組といまでしょ系は深夜にこっそりしょけい。
年末見る時間もないのに話題についていくためにあらすじだけ抑えておかないといけないのは、サッカーや野球と一緒か。

今まで使っていた「TMPGEnc Video Mastering Works 6」も痒い所に手が届かないだけで、それなりの規格にあったファイルは作ってくれていたので互換重視で保管するには問題なかった。TSから字幕ファイルを吸い出して並べておくのが悩みどころだったものの、Amatsukazeのおかげですっきり解決!

もうPS3もないし、カーナビで見ることもないしな(;^_^A アセアセ・・・


HDDが40台超えたあたりから、TS保管も限界に近く、ファイルサーバーもWindows10にやらせているせいでドライブレターも足りない。リムーバブルもBIOS認識が甘い古いマザーのせいでNTFS認識エラーでなんどかHDD吹っ飛ばしてるので、どら部は挿しっぱなしにしたいですな。
電源スイッチ付きのセンチュリーのスカイワターが1つあるのでHDD10台詰め込めます。eSATAとUSBがあるもののeSATA付きのマザーを引退させたので、SATA変換で接続することに。
USB接続より安定して早いけど、ホットスワップがないのでUSB的な途中で電源入れたり、USB機器のスリープなどできないので使いどころが肝心。
なんといってもうるさいので乗用はしたくない感じ。ライブラリ的な使い道で。

必要な分はコピーするか、HDDをメインPCに差し替えて使うのは仕方がない所。
GbE速度の壁はあるけど、騒音ハードのスカイタワー(HDD10台)の唸り声を聞くよりはましです。
機器に刺さっていないHDDはちょっと使いにくいですよね。
いろいろ。すぐに使えるところに置いておきたい。
自作ツールで電源が入っていなくても、HDDの中身はほぼ把握できるとしても、空きドライブレター分しかキャッシュが読めない設定なので(・・ゞポリポリ
これもまた課題か。重要性低いので手を付けていないけど。

やっぱり近々の課題は字幕かねぇ。クロップしなければ問題ない。SD時代の制作動画なんて気にしなければいいのだが。

やりたくないので雑談を書いているわけです(^◇^;


HandBrake使えばいいじゃんって言われたので…(「お題:いい感じの字幕」予想通りAmatsukazeには遠く及ばず)

当たらtしいツール覚えるのがめんどくさいおっさんです。
すでに眠い(_ _).。o○(_ _).。o○

HandBrake-1.1.2
https://handbrake.fr/rotation.php?file=HandBrake-1.1.2-x86_64-Win_GUI.zip

.srtは食べてくれるけど、.assは食べてくれない感じ。終了。
TSの持ってる情報保存してほしいだけです(じゃぁクロップすんなよって話だよね(^◇^;)

使い方はエンコードしたことあれば聞いたことある単語ばっかりなので説明省略。


設定画面


クロップ


フィルタ設定


エンコ設定


字幕設定


予想通りの結果。
ASS入れてないんで、SRTをセンターに表示する感じになってますね。
手動でMKVにASS入れればいいという話ですが。

TVTestを見てた人ならほかのプレイヤーの字幕では満足できないと思いますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
「TVCaptionMod2.tvtp」の設定画面この手の設定が反映されているのがAmatsukazeの字幕処理なので、やはり HandBrake では、最近の日本語字幕仕様作成というにはちょっと遠いですね。
TSから抜き出して、変換したASSを食わせればいいという感じですけど、面倒ですもの。

ばらして(Extract)する手間が入る時点でおさっし。
やるならAmatsukazeでエンコしたMKVをばらして、解像度オフセット弄るだけの方が素人ツールでもできる範囲。
あ、ソースいじるか。。。。CPPなんてもう忘れてるわ~ヽ(`Д´)ノウガー(やるき3%→7%くらい)