2017秋!秋の長夜にPC組むなら…

Intel第8世代の8月末の覚書です。

第8世代Coreプロセッサの本当のコードネームはどれ?
~Kaby Lake Refresh、Coffee Lake、Cannonlakeの3つが同じ製品ブランドで同時展開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/1076326.html

嫌がらせのような、、、Intelさんも困ってるんだろうねえw
AMDはまぁ論外ってことで。マイニングするわけでもないし、低価格とかハイエンドとかコスパとかこだわらないから^^;

まぁAMD新機軸品は安定板のドライバ熟成に半年待ちですな。来年春まで自作では手を出したくない。
で、Intel一択。GPUもNVIDIA一択。

i7-6700でGeForce970のPCからどんだけ性能が上がるかといわれるとちと困りますが、
予算10万で組める範囲も微妙ですが、パーツが4年超え始めてるのもあるので、情報収集もかねて一度考えてみる。

—-抜粋
Kaby Lake RefreshはUシリーズ(低消費電力カテゴリ)なのでデスクトップでゲームそこそこって私には、記憶の隅に追いやる感じ。Coffee Lakeで最初に投入される製品が、6コアCPU+GT2となるSシリーズ(デスクトップPC向け)第4四半期の初め10月前半頃。

プラットフォーム(対応チップセット)は2段階で投入される予定。
初期の投入時にZ370というチップセットが投入。Z370は、実際には現在Kaby Lake-S用として提供されているIntel 200シリーズチップセットのダイを応用したものとなる。
来年に投入されるZ390は、Cannon Lake向けに開発された新世代のダイベースになる。そのほかのIntel300シリーズチップセットも同じく来年に投入される予定だ。
—-ってことらしい。
8世代のデスクトップはZ390移行がメインになるかな。初期バグつぶしてリビジョン上がるの待つと春以降か。結構遠いw
DDR4の値段も上がってきてるし、無茶する時期じゃないのかも?^^;

Ice Lakeに関しては来年中の予定ということで、ずっと先ですな。
大きなバグ出尽くしのKaby Lake + z270で値段もこなれてきた安定板もありですな。

インテル(Intel)CPU性能比較
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_intel_cpu
性能的にはもう使いこなせないくらいの範囲で誤差とw
コア数増えても何に使うんだと。エンコード(全然してない)もGPU任せで速度変わらないし(^◇^;
需要に迫られてないからこれだ!っていう決め手の判断が無いっす。
プラットフォームが変わるときはやっぱ慎重になってしまうなぁ。
特にピン数が変わるとマザー交換とかCPU交換とか前提にできないからねぇ…
今のi7-6700を載せ替えて、T型番CPU買ってマザー他を録画PCに回す手も考えたいのになぁとリサイクル貧乏根性が(^_^;)

グラフィックカード性能比較ベンチマークテスト
http://www.dospara.co.jp/5shopping/share.php?contents=vga_def_parts
GPUがまぁ1060-3GB以降なら今より性能アップというところ。
GPUメモリが多い分読み込みも多いのも事実で750Tiのボードの方が読み込みは早いという…(^◇^;
グラボはまだ急ぐことはないか。PvPはもう避ける避ける!
モニタ4台つなぐことが前提。4K-40インチクラス一台買えば済むという話も…ゲームするときデカすぎるけど^^;

つくづく思うのは今買う気ないんだなぁと言う結論になりましたw
PT2,PT3,PV3,PV4の話も安定PCで電池交換したばかりであまり話すこともありませぬ。

2017年05月25日 ふと思う。PV3/PV4を次の世代に…古いPCも危険だけど、古いケーブルも10年を目安に買い替えよう!

いいPCI付きマザーが無いっすよねぇ
ブリッジの帯域不足という思惑が有力ですが、PCIExpress to PCI の変換基盤使ってもうちでは安定動作しなかったです(´・ω・`)
CPU i7-870でFFOnline用に組んだPCで今でも稼働してますが…電気代半端ないっす!発熱量も騒音も^^;

Intel vPro Technologyに対応するIntel Q270搭載microATXマザーボード「PRIME Q270M-C/CSM」を発表
https://www.asus.com/jp/News/mInoAxHYBRmz5fWH

まだ発売前なんで全然写真もないわけですが、マザーの遠目の写真見てるとITE変換チップを期待したいなにかが!何かにしか見えなくなってきますよね!
アナログ出力(D端子でD4D5言いたいだけですがw)がついてる機材の入手も困難になり、スカパーの受信機ほかアップデート止めて環境維持するのも一苦労な機材たちですが、TS録画PCの合間にチマチマ動作確認するのが楽しいハードマニアのお楽しみってことで^^;

Z270のチップセット刷新でPCIeレーン数が増加、SSDをより速くする「Optane Technology」など高速化に視線を向けてる気配もあったのでその恩恵がどこまで及ぶのか期待したいですねぇ
i7のPCが4台も稼働してるんで、新しいPCはちょっと自粛気味。

初向けにエアコンの位置考えながら模様替えとケーブル周りの埃取り(これ重要)&PC内の埃取りの時期が来てます!
今年は5年に一度の床のワックスはがしもやるんで結構しんどいっす。筋肉痛でPCいじる気力もない…
古い電源やケーブル(延長コードなども含む)もアルコールティッシュで拭きながら硬さやでっぱり確認。
2004年のケーブルなんてまだましで1996年物の延長コード電源コード出てきて一新しようと心に決めました!
次のPCパーツ購入時にまとめてやってしまおう!100円均一ケーブル発火のため回収とか結構あるの。
USBケーブルも透明なものとかお勧めだけど耐久性低いw硬くなりやすいけど断線ショートの黒変色が見えますwいやぁ怖い怖いw

めんどくせ~と思う作業も何かしら楽しみ見つけながらやらないとね!ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

DIRAC「DIR-EB262-C13」の挑戦はいったんここまで・・・

結論から言うと、まだお話にならない状況です。
なんも改善してない…3日無駄にw
リアルトラブルでお役所に書類たくさん出さないといけなくなったので、年明けまで封印です。
来年新しいCPUとマザーでまた挑戦します!
—-
検証:
仮説1「Windows10が原因かも!?」
・OS変更で試す: Windows7 SP1/WindowsXP SP3
変わらず…

仮説2「ドライバのバージョン!?」
Windows7でドライバをいろいろ変えて試す。
・Driver-400+
・Driver-340(アプリ3.4.3+職人ツール)←ここを目指したかった^^;
・Driver-380
・Driver-360

WindowsXPとWindows10はPCIで動いているPCにPCIEx1で接続してテストしたのでスルー。

余談:「DIR-EB262-C13」は「GH-EB262-C13」ですw
ブリッジチップはPericom SemiconductorのPI7C9X-111SLBFDEなんですが、何分7,8年前とは同じとは思えない・・・ってことにしておこうw
ケースの関係もあって、玄人志向も試してみたい気もするが…あ、欲が出てきた。
うむむむ。新CPU対応のヘンテコPCI乗ったマザーに期待しようw
結論:ブリッジチップ次第ですなぁ…

あ、PT3でてきた・・・おろ?(-_-#) ピクピク

今更Windows7!(2016.11.20) 無事インストール&アップデートw

PV4を最新ハードで動かす修行中…だま先は遠い。
—-
USBからのインストールは30分もかからず済んだのに、ネットにつないでアップデートしたばっかりに、試行錯誤26時間ほど格闘して断念。

再インストール。
今度はオフラインで。

GbEのドライバとロールアップなどダウンロードしてUSBの空きに突っ込んでサクサク進める。
さっくり行った。2時間くらいで朝ごはん食べてるうちに終わってた。

◆クリーンインストールからのアップデートはここで決まり!w
全部でておりました・・・先人の知恵は素直に使いましょ。
「Windows7 SP1 クリーンインストール直後のWindows Update (どのKBを先入れすると時間がかからなくて済むか? 2016年11月)」
http://freesoft.tvbok.com/windows7/installation/sp1_update_test.html

—–自分用抜粋&φ(__)m メモメモ….
再インストール前に復元して、「1」→「2」・・・「」「」あら?という状況で数回。計20時間ハマったので・・・「2」は後回しにしたいトラウマが発生しました!・゚・(ノД`)・゚・

※(2番を飛ばして、1→3→4→2)「2」が大きくてスリープに入ったときには再インスコになる。「1」「3」入れた後は無茶をしても大丈夫。4つ入れ終わってWindowsUpdateかけると60個くらいアップデートがあるので入れて、再起動→WindowsUpdateを2,3回(環境による)繰り返す。InternetExploreのバージョン11も自動で入る。ポップアップで勧められるIE11はバージョン違いで泣きそうになった(^◇^;無理な先読みはしないこと。

ダウンロードは「1」から「4」の4つで十分。数日前に11月のロールアップがあるのでほとんど入れてくれる。「1」と「3」が入っていれば問題ない←ここ重要っぽい。
個人的に「4」は変更多い部分なので、「1」→「3」→「2」であとはWindowsUpdateに任せちゃおう!
—–
特にこだわりなく「更新プログラムを全部入れちゃう」場合の手順。
※以下には検証当時の古いKBが入っています。
•先入れするKB
以下を1から4は順番にインストール
赤文字KBは必ず先入れする (残りは任意)
1.KB3177467 (2016年9月21日配信)
※↑以前はKB3020369を利用していた部分
2.KB3125574 (2016年5月18日 convenience rollup)
3.KB3172605 (2016年8月17日rollup & 最新のWindows Update Client入り)
4.KB3185278 (2016年9月21日公開: 当時最新のrollup)
※この部分は毎月新しいKBが公開されます。
—–

Windows 7のインストールUSBメモリを作る!

やばい、徹夜でハイになってきたw どんどん行こう!

今更ですが! 2016年11月19日でもまだ作れる!延長サポートは2020年まで!
Windows10上でやっとります。

「Windows 7のインストールUSBメモリを作る(Windows 7 USB/DVD Download Tool編)」
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0912/18/news110.html

時代の流れを感じつつも、諸事情により作ってみる。
・まずMicrosoftのWindows7のisoイメージをDownloadする。
1.「Windows7 iso」でGoogle先生で検索。
2.公式ページのDownloadが見つかる。
3.Product Key を入れる。
4.Windows7-64BitのISOをダウンロード。使わないけど32Bitもダウンロード(^◇^;なぜ?

プロダクト キーの入力-大文字小文字は区別されません→確認
製品の確認-このプロダクト キーの対象製品は Windows 7 Professional SP1 COEM です。
言語選択-日本語→確認
ダウンロード-Windows 7 Professional SP1 COEM 日本語
32-bit ダウンロード→保存 [Win7_Pro_SP1_Japanese_COEM_x32.iso]
64-bit ダウンロード→保存 [Win7_Pro_SP1_Japanese_COEM_x64.iso]

サクサクですね!

5.USB/DVD作成ツールのダウンロード(ja-JP版)

Windows USB/DVD Download Tool-CodePlex(http://wudt.codeplex.com/releases/view/37074)
Windows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exe(2.79MB)

USBさして・・・ごみファイルがあると気持ち悪いので、クイックフォーマットしてから作業勧めましょ!

6.USB作成
インストール!何か足りなければメッセージ出るでしょ?^^;
デスクトップに「Windows 7 USB DVD ダウンロード ツール」のショートカットができる。ぽちっ!
USBに空きが無いとフォーマット要請が来ます。
クイックフォーマットして8GB空いててもフォーマットするじょ?って言われますw
たぶん4GBあれば足りると思うんですけどね。手元に256MBの次は8GBと64GBしかないぽ。

ダウンロードしたファイルはキャッシュメモリに乗ってるし、USBもバージョン3.0で転送速度あほみたいで、
Windows7購入した時代とは比べ物にならない速さで作業が進みますなぁ(¨;)

話がそれてきた・・・さらに上記サイトを参考に進める。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0912/18/news110.html

あ、もう出来てたヽ(*^。^*)ノ

「EARTHSOFT PV3/PV4」を最新機種で動かすぜ!(2017)の前準備です!DIR-EB262-C13(DIRAC版)使ってみた!

またまたやってきました。
動いている物に「喝!」を入れるそんなおバカコーナーです!’`,、(´▽`) ‘`,、

今回は「EARTHSOFT PV3/PV4」を最新機種で動かすぜ!(2017)の前準備です!

追加使用するパーツ!アマゾンで買えまする。(リンク張るのが面倒なのでぐぐってw)

・型番: DIR-EB262-C13(DIRAC版)
型番違いで同じものがある模様。詳細不明w
(マザー)PCI Express1コネクタ →PCI 32bit x2に変換するライザーボードですん。
PT2動作確認済みとは書いてありますが、その先を試したい!w
PV4動作報告はあるけど古い記事ばかりで…

・型番: PCI-E36PIN
PCI Express1 延長コード(オス-メス)
15cmくらい延長するコード

現在使用中の機器の中で一番古いPCにPV4が刺さってます^^;
倉庫にもっと古い機器はありますが使えるかどうか…

1 x PCI Express x16スロット、x16動作(PCIEX16)
1 x PCI Express x16スロット、x8動作 (PCIEX8)
* PCIEX8 スロットとPCIEX16スロットの帯域幅は共有しており、PCIEX8スロットに拡張カードが増設されている場合、PCIEX16スロットはx8モードで動作します。

2 x PCI Express x1スロット

現在PV4動作のPC 想定テストPC
OS Windows10 pro 64Bit Windows10 pro 64Bit
CPU Intel i7-870 Intel i7-3770T
GPU AMD HD5770 NVIDIA Gedorce750
メモリ DDR3-8GB DDR3-8GB
起動ドライブ HDD SSD
マザーボード GA-P55A-UD3R
Intel P55 Express Chipset
PCI x3
GA-Z77MX-D3H TH
Intel Z77 Express Chipset

両方とも当時としては変態マザーですねw 何のために買ったんだか^^;

(中略)(・∀・)アヒャ!!

現行PCのPCIに刺したPV4は動いています。
延長ケーブル有り無し、PCI Express x1スロット、増設ライザーのスロット変更してみましたが、
全部真っ黒っす’`,、(´▽`) ‘`,、

まずいね・・・

現行PCのPCIに戻すPV4は動いています( ゚д゚)ポカーン
OS変えてみるか…

あら、外が明るいw

アースソフトのソフトウェア(PV3とかPV4とかPT2とかPT3とか)アップデートが来てた!

うちではPT3がまだ箱のままなので下記ドライバが関係しているかなっと。

PT1-PT2-Sample-200.zip
PT1-PT2-Sample-200+.exe
PT1-PT2-SDK-400+.exe
PT2-Driver-400+.exe
PV3-AviUtl-301+.exe
PV4-Application-32bit-400+.exe
PV4-Application-64bit-400+.exe
PV4-Driver-400+.exe

なんと!ドライバの署名が入りました!わーい\(^o^)/
数日使ってみましたが、今のところそれ以外特に変わったところは見られませんでした(..;)

人生に疲れて録画も見るだけで全然保存してない今日この頃です。
HDDレコより消費電力が低いからPTシリーズが常用というレベル(^◇^;
シークバーでずずずいっと早送りで見れる時短派には家電ものでは手が届かない操作性の逸品ですなぁ
ニュース番組と天気予報とってる働き盛りの精神的老人になってしまった・・・(;´д`)トホホ

余談:
ASUS H170-PLUS D3
http://www.asus.com/jp/Motherboards/H170-PLUS-D3/
Intel i7-6700
http://ark.intel.com/ja/products/88196/Intel-Core-i7-6700-Processor-8M-Cache-up-to-4_00-GHz
で、組んだPCでPT2は動いたけど、PV4はいまだにアウト状態(^◇^;
やっぱり安いPCIブリッジのDDR3ヘンテコマザーは万能ではなかった^^;
転送速度が足りない時の、録画が始まってキャッシュが埋まるとストップする状態です><
DDR4もがっつり安くなって、年内の円高のうちにマザー買い替えるか思案中。
でも、特に困ってないからお金使いたくないレベルです。引っかかったのはPV4だけ。

とりあえず、オフラインWindowsXP-SP3 32bitでPV3刺して安定録画っすなぁ
サブのPV3機が元気なのでCPUが無駄に消費電力が高いi7-870ふだけど、我慢我慢。
ファンがうるさいのがちょっと厳しいけど・・・今夏は全然使ってない・・・
それこそドライバストだけ。

何かで躓いた人の参考に。お仲間がいますよm9。゚(゚^Д^゚)゚。ッハッハーヒャヒャヒャヒャヒャヒー

Windows10(preview)でPV4の古いドライバ(3.4)を動かした!の巻。

注※今回は職人ツールが(winmm.dll)なしで動くところまでです。
手元の職人ツールのありや版もUnicode版も今のところ動いてません。(^◇^;
というわけで、素直にVer3.8以降のインストールでいいかとヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

—-
去年の4月に Windows8.1 で職人ツールまで動かしたときの記憶があったので、
Windows10でも動いたらいいなぁと思って準備進めてます。

「Windows8.1も2014/04/08にUpdateが出たということで、PV4で拡張ツールを使ってみようかと思います。」
http://nln.jp/wp/?cat=381

結論から言うと前回と同じように、最新版のドライバではすんなり動いたので・・・(^◇^;
これと言って書くことはないのですが’`,、’`,、(ノ∀`)’`,、’`,、

◆◆◆◆PV4-Driver-380.exe、PV4-Application-380-32bit.exe を、Windows10preview build-10130 で表示、録画、再生を確認しました。製品版ではどうなるかわかりません。◆◆◆◆
IMG_0937
IMG_0940
IMG_0938 とりあえず、ver3.8で動いた!
(*´▽`*)

◆古いドライバは署名がなくて通らないだけなので、Windows8.1 の時と同じやり方で通せます。
IMG_0936■ Windows10をインストール時ドライバ署名未確認モードで起動する。
・スタートボタンを右クリックして、「SHIFTキー」を押しながら「再起動」。


IMG_0930・オプションのトラブルシューティング選択


IMG_0931・トラブルシューティングの詳細オプションを選択


IMG_0932・詳細オプションのスタートアップ設定を選択


IMG_0933・「再起動」を押す。
次回起動時にスタートアップオプションを選べるようになります。



IMG_0934・キーボードの「7」(ドライバーの照明を強制を解除)を選択。

◆インスコ
IMG_0941
1、公式ドライバ3.40をインストール。
(PV-Windows-Driver-340:この時点では不明なデバイスになる)

IMG_0942
2.1、署名問題対策ドライバ3.40用インストール。(Windows8.1の時にDLしたものを使用)→エラー出てるけど、再起動w
(up0049のReadme.txtはWin7用の解説なのでドライバのインストールまで)
2.2、Windows10previewでは再起動しても登録されなかったので、手動で登録(Windows7時代みたいだ^^;)


IMG_0943・レガシーハードウェアの追加を選択


IMG_0944・Jungoを探す。(先ほど失敗していると出てきます^^;)


IMG_0945・WinDriver(EARTH SOFT)を選択
IMG_0946


IMG_0947・インストール成功で一歩前進
IMG_0948


IMG_0949
IMG_0950・先ほどのデバイスマネージャーの「不明なデバイス」を右クリックしてドライバの更新を選択。
完了したら、デバイス名を確認。


IMG_09513、公式アプリ3.43(32bit版)をインストール。pv.exeを立ち上げて画面が映るか確認する。(PV-Windows-343-32bit)。この時代のプログラムには署名がないので警告が出る。
IMG_0952


IMG_0953・動作バージョン確認の記念SS
※ここから先が問題続出で・・・手元の職人ツールのありや版もUnicode版も今のところ動いてません。
ソースはあってもコンパイル環境なんてないっすw ちゃんちゃん(^◇^;


余談:PV付属の自動起動タイマーを止めよう!
IMG_0954CTRL+ALT+DELの三つのキーを押してタスクマネージャーを起動。
スタートアップのタブを開いて、Timer.exeを無効化しましょ。
IMG_0955

Windows8.1も2014/04/08にUpdateが出たということで、PV4で拡張ツールを使ってみようかと思います。

Windows8.1も2014/04/08にUpdateが出たということで、PV4で拡張ツールを使ってみようかと思います。
まったくもって意味不明(^◇^;

さっくりできたので写真はありません(やめましたw)。

ハイビジョン対応キャプチャボード PV3/PV4 110枚目 より
【 Windows7 64bit版 】 のやり方を転用する。
—-
■拡張ツールを使用したい人向け
公式ドライバ3.40 + “公式アプリ3.43” + “署名問題対策ドライバ3.40用(※2)” + unicode版PV拡張ツールキャプ職人カスタム(※1)
前述の説明の通り。Verの違いに注意。

※1:
unicode版 PV拡張ツールキャプ職人カスタム 作成者:W.X.(from Taiwan)
ttp://wayne.cs.nthu.edu.tw/~splash/PV3Tool901z120_unicode.zip (include source code)
ありや氏のキャプ職を手直ししたもの

※2:
PV3/4 Windows64bit署名問題対策ドライバ (バージョン3.40/3.60用) 作成者:777
ttp://2sen.dip.jp/cgi-bin/pv3/source/up0049.rar
PTスレの猫◆tCHWINGPEI氏の手法を活用したもの
—-
プログラムはぐぐれば手に入るので省略。

■下準備。
・3.7のドライバーとアプリをアンインストール。→再起動
・Windows8.1Updateをインストール。→再起動(887MBはデカいねw)
・[ProgramFiles]EARTHSOFTのフォルダの権限をUSERSにフルコントロールを与える。
・強制ドライバ署名指定を解除-(参考:NonSoft-ドライバ署名の強制を無効にする方法)
http://homepage2.nifty.com/nonnon/Chinamini/win8/win8-h027.html

※「デスクトップ」から「スタート」に戻るには「デスクトップ」画面の左下の角にマウスカーソルを移動し、クリックします。
※「Windowsキー(旗)」で「スタート」画面と「デスクトップ」画面を切り替える事も出来ます。

<ドライバー署名の強制を無効にする方法-簡略メモφ(._・)ノ ゜ ポイッ!>
1.「スタート」画面の右上や右下の角に移動すると、画面右端に「チャームバー(黒い帯)」が表示されます。
Windows8の「チャームバー(黒い帯)」
2.「チャームバー」の「設定」をクリックすると「設定」チャームが表示されます。
Windows8の「設定」チャーム
3.「設定」チャームの「電源」をクリックし、「SHIFT」キーを押しながら「再起動」を選択します。
Windows8の「電源」ボタン
4.「オプションの選択」画面が表示されるので、
  「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ設定」→「再起動」をクリックします。
Windows8の「再起動」「オプションの選択」画面
5.しばらくすると「スタートアップ設定」画面が表示されるので、キーボードの7(ドライバー署名の強制を無効にする)を押します。(USBキーボードはうまく動かない場合有)

■インスコ
1、公式ドライバ3.40をインストール。
(PV-Windows-Driver-340:この時点では不明なデバイスになる)
2、署名問題対策ドライバ3.40用インストール。→再起動
(up0049のReadme.txtはWin7用の解説なのでドライバのインストールまで)
3、公式アプリ3.43(32bit版)をインストール。pv.exeを立ち上げて画面が映るか確認する。
(PV-Windows-343-32bit)
4、winmm.dllをコピーする(PV3Tool901z120_unicode_beta_w7)
5、タスクマネージャーのスタートアップからTimer.exeは無効にする。

実証されている手順なのでできて当たり前ですが!(^◇^;

使う頻度が高いツール群
・pv3dvi(.dviファイルを消してしまったとき)

かつてよくお世話になったツール。
・PV3Quantizer100(画質コントロール、上中下の3段階くらいに絞ったらあとはいいかな)
・PV3_QM_Analyzer001(画質劣化チェック)
・pv3aac(音声ファイル抽出、分離して編集するaviを作らなくなった)

・5.1ch用編集ツール
5.1.1_DVTool0100
5.1.2_FAAD2
5.1.3_WaveSwapper

[PV4] 2014年早々、久しぶりにWindows8.1 preview 64bitでPV4を動かす

安定しすぎて気持ち悪いわっ・゚・(ノД`)・゚・
忘れないうちに動作環境“φ(・_.) メモッ!
1.動画再生ソフトを何か入れる
 K-Lite Codec Pack
 ※FULLかMegaでインストール。デフォルトで大抵OK。最後にアップデート差分のページが開く。変なバーのインストールがおすすめで出た場合はチェックを外す。
2.再起動もかねてPV4を挿す。PCIスロットがない人はあきらめようw
3.PV4のドライバをインストール(PV4-Driver-370.exe)
 ・アースソフト
 ・PV4ドライバ 3.7(2013年11月21日更新 2014年1月9日時点)
4.PV4のアプリケーションをインストール(PV4-Application-370-64bit.exe)
 ・上記ドライバと同じページより
 ・•AviUtl プラグイン(EARTH SOFT DV.aui)も入れておこう!
5.再起動←忘れずに!
6.D端子ケーブルと光音声ケーブルをつなぐ
 ・マザーボード側がA端子、離れたほうがB端子だったと思います。
7.再起動後 pv.exe を起動
 ・すんなり画像が出れば普通の人ってことで!w
8.バッファ(8GB積んでいて6GBまで選べた)と録画画素数(地デジ1440、衛星1920)をとりあえず選ぶ。
 ※最近のi7以降のCPUなら、画質あげるとかいろいろ無茶をしても難なく動くのが怖いw
9.メニュー→ファイル→録画(CTRL+R?)で録画開始。
10.録画されたファイルからAviutlでウォーターマーク解除のみで、プロジェクトを保存。
11.初心者はTMPGEnc(TMPGEnc Video Mastering Works 5)で読み込んでヘンテコ動画ができないようにデフォルトでエンコードでもどうぞ。
12.エンコード設定を変えながらにらめっこ。
多分これで幸せになれるヽ(^0^)ノ
余談:PV3に差し替えたらドライバも入れなおそう!(笑)