EpgDataCapBon(EDCB)も荒ぶってた!天候不良、自然の猛威には勝てないっす!

ちょっと目を離すと、ログが真っ赤になってた。
今年は2月上旬にかけて奇麗なもんで、天候もよく安心して趣味の世界に走っていたわけですが…

天気の悪いときはやっぱり見ておかないと、再放送の録画逃しちゃいますものね・゚・(ノД`)・゚・
まぁ99%見て捨てなんで、ドロップはほとんど気にならない範囲。プチノイズやブロックノイズが少し見える感じ。
放送内容がわからないほど飛ぶこともないのでなかったことに(^◇^;


環境に手を入れるようなトラブルはないってことで。

見ずに捨ててるものもあるようで無いようで’`,、(´▽`) ‘`,、
HDDの空きとの戦いですね。

GPUをRTX2060に変えてみて捨ても気軽に変換できるようになったので、さらに見て捨てファイルがたまる結果に…
寝込んだときはがっつり床ずれするほど見れますね(^◇^;

2019年2月:PT2/PT3が使える環境のメモ[第8世代、Gen8、Intel8000系、6コアCPU(Coffee Lake)])

アフィリエイトリンク張る気力もない“φ(・_.) メモッ!

PT2/PT3はこちらの会社の製品

有限会社アースソフト
https://earthsoft.jp/index.html

◆おさらい。
・PT2の環境とは、基本はインターフェースにPCIバスがあること。
・PT3はインターフェースにPCI Express x1があること。
・動作確認しているわけではない&動作保証があるわけでもない’`,、(´▽`) ‘`,、
※PV3/PV4転送レートの関係で、めっちゃシビアです。できればP55世代あたりのネイティブPCI(変換チップなし)の世代を使う方が無駄な出費がありませんw
i7-870とかと組み合わせてうちでは使ってました。電源入れる気力があれば、XPとともに現役?です。ばらしたような記憶が無きにしも非ず・・・

◆PT3-PCI Express x1があること。
グラボ挿すことを考えると、PCIe x16の一本は残し、かつ2スロット以上スペースがある(FANがでかいからね)。
PCIe x1以上の x4 または x16 があればOKということです。

・グラボ挿すならMicroATXは断念しましょう。窒息ケースでは最新グラボはフルに使えません。
・CPUオンボードGPUで、録画用PCを作りましょ。
 動作的には録画サーバーと言えないこともないですが、機能的に家庭向けPCはハード・OS共に電源いれっぱが前提じゃないので、調子に乗ってサーバーサーバー言ってると恥ずかしいですよねw
 私は臨機応変に行き当たりばったりのその時の気分で使いますけど!アップデートで再起動、HDD交換で再起動とかサービスがストップする要因があるだけで、アレですものね(笑)

◆PT2-PCIバスがあること。
最新マザーボードではすでにレガシー扱いとなっていますので、基本的にはついていません。
変換チップをつけてPCIスロットがついているものを探していきます。

・変換チップ性能に左右される。
・追加料金払ってライザーで後から足すくらいなら、最初からついているものを買いましょう。
(PCI付き中古マザーで4千円くらいからあります。CPU・メモリ入れても1万円でそこそこの性能で用意できるのが録画PCのコスパの高さw 出費してDDR3のPCを組むならって話ですが。)
・素人オク品で泣いてる人多いので、中古で買う人も業者を通しましょう。

—-

◆そんな前提を踏まえて、現行品の攻勢を考える。

・CPU一番安い奴で十分っすよね。4コアで3.6GHzとか十分すぎる。TDPが65Wと録画PCとしては無駄な消費電力ですが。(Intel Core i5 7400 BOXとほぼ同等で安い!)
Intel Core i3 8100 BOX 14000円
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?bg=1&br=11&sbr=1138&ic=449962

・メモリ(動けばなんでもって気はしますが…個人的な子の好みです。ヒート新筒木で8GBあればDDR4が廃れるまで使えるかとw)
G.SKILL F4-2400C15D-8GVR (DDR4 PC4-19200 4GB 2枚組)-ヒートシンク付き
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?bg=1&br=12&sbr=1017&ic=443693

F4-2666C19D-16GSXW (DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組) -汎用的な容量考えたらこんな感じ(メーカー保証1年)
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?bg=1&br=12&sbr=1017&ic=452536&lf=0

※メーカー保証「永久保証品」とか5年・10年もありますので、財布に余裕があれば数千円くらいなら、長い方がいいかと。

・マザー
個人的に今まで使ってきてPCIにPT2をさして不都合がなかったのでこの2社だけ調べてます。ほかのメーカーもいろいろあるんで探すのも楽しいかも~。
※個人的に今使ってるのがZ77世代とH170世代の動作確認なので、300系では同じように使えるとは限りません。

〇ASUS 300シリーズの一覧
http://www.asus-event.com/pdf/event/mb/300/pdf/ASUS_300_Series.pdf

地味に、こういうまとめが用意してあるので、ASUSさん大好きです(笑)
(このページはめっちゃ探しにくいんですけどね)

〇製品の詳細はリンク先のスペック参照で

ASUS PRIME B360-PLUS(PCIスロット2本。一本予備に)
https://www.asus.com/jp/Motherboards/PRIME-B360-PLUS/overview/

ASUS TUF H310-PLUS GAMING(PCIスロット3本!何に使うんだw)
https://www.asus.com/jp/Motherboards/TUF-H310-PLUS-GAMING/overview/

GIGABYTE H370 HD3 (rev. 1.0) (PCIスロット1本。PT3と併用するには無難なPCIe x1が目いっぱい使えます。)
https://www.gigabyte.com/jp/Motherboard/H370-HD3-rev-10#kf

◆最近は下段電源や、エアフロー逆向き電源とかいろいろあるんで、ちゃんと考えないと、ATXケースでも窒息しちゃいますよ?w
最下段にPCI一本だったら、このケースと電源の組み合わせでは使えません。実際このケースではPCIバス利用を断念しました^^;

ケースファンなどでケース内の風向・圧力考えてみて!

H170-PLUS D3
https://www.asus.com/jp/Motherboards/H170-PLUS-D3/
※第6世代(6000系のCPU向けのDDR3品。PCI×2本)用です。生産数も少なく中古市場でも入手が困難です(^◇^;

第9世代のCPUに対応したマザーも今後発売されると思いますし、夏以降には次のCPUが控えていますので目が離せませんな’`,、(´▽`) ‘`,、

週末アップデートなど:xtne6f/EDCB_20190211版、nekopanda/Amatsukaze_0.8.5.1版

連休は録画関係のアップデートが来ることが多いのでチェックしておきましょ
更新内容は各ドキュメント参照で(^◇^;

xtne6f/EDCB
https://github.com/xtne6f/EDCB

老人の朝は早い。明るくなる前に町内のごみ当番の仕事して、雪かきして。ごみを出して。Updateチェックして更新して。
日が昇るころには、お茶をすすりながら、「もうやっといたよ」っていうどや顔。
今日も平凡な一日が始まる( ̄ー ̄)ニヤリ


nekopanda/Amatsukaze
https://github.com/nekopanda/Amatsukaze

—-ここからは趣味の世界です(^◇^;
Visualstudio2017で簡単にできるものだけ紹介。フォント周りはまだ人に見せれるソースじゃないんでヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

アイコン変えて…


ケアレスミス防止のウィンドウ閉じる確認を入れて…


タスクバーのメッセージを、時間別タイマーから、季節もののバレンタインにして(^◇^;


上書き。ぺとぺと貼り付け。


アイコンは適当にどこかで拾う。家で使う識別アイコンだけだし細かいことは気にしない!

動作確認して終了!30分であなただけのAmatsukazeに!?(見た目だけだw)
QSVだけ放置してる気がする…最近チェックしてないな。
今は使えないようなので、QSV民の為にも早く改善される問良いですな!

2019.02.4 DBCTRADO/LibISDB/TVTest-developの更新来てました。

2019.02.4 DBCTRADO/LibISDB/TVTest-developの更新来てました。
今回は間隔が短かった!

DBCTRADO/LibISDB
https://github.com/DBCTRADO/LibISDB

DBCTRADO/TVTest
https://github.com/DBCTRADO/TVTest/tree/develop

VisualStudio2017でサクッと。
最適化を修正して・・・。最大最適化(速度)と速度優先。
ついでにAVXに変更。これはおまじない。
今のPC環境で体感できる速度差は出ません。(4Kは別ですが)

前回と同じように、子プロセスでこけないように、英文字スペースなしの短いパスでビルド。
丸ごとTVTestの指定場所に移動してビルド。
Sampleも。Sampleも。。。。前回と変わってないですね。

TVTestのSamplaeは・・・プロジェクトの最適化メニュー開きますね(;^_^A アセアセ・・・
おま環境か。まぁ実害はない。一度ぽちるだけ。

古いフォルダの中の音声系.axの登録を削除するバッチを管理者権限で起動。
再生環境更新。
音声系の.axを登録するバッチを管理者権限で起動。
再生テスト・・2時間物の最初と後半で、音が出てしゃべる声がずれてなければOK。

他には・・・世の中変化がないな。平和でよろしい。
もうちょい頑張って、お昼寝・・・。

2019.01.30 DBCTRADO/LibISDB/TVTest-developの更新来てました。VisualStudio2017の最適化で、子プロセスが起動できない的なエラー対処法もさらっとぬるっとべっちょり、じぇんとるめん的に教えちゃう!

お疲れ様どす。

プロジェクトの Windows SDK バージョンを 10.0.17763.0 に更新 とかそんな感じ。


PCなんでサイズはあまり気にしてないので速度優先。
LibISDBをビルドするときは、スペースや全角文字があるフォルダやパスが長い場合に、子プロセスが起動できない的なエラーが出ますので、英語圏で一般的に使われるフォルダ名称のところでビルドしましょう。
TVTestの方は無茶が利きます(?_?)エ?

×の例 E:\vs17_Projects\TVTest_AVX(第二世代以降)\TVTest-develop_20190130\src\LibISDB\Projects\LibISDB.sln

◎の例 E:\vs17_Projects\LibISDB-master_20190130\Projects\LibISDB.sln

子プロセスエラーの質問を見かけたらみんなで生易しくフォローしてあげましょうネ。
日本語環境は2バイト文字問題も半角カタカナ問題も起きやすいですから…

※ 注意書き読まずに VisualStudio 2017 自体が標準のスペースの入ったあほディレクトリにインストールされてるとどうなるかはお察し(爆笑)
上の対処法ではもちろん直りません。なぜかってあなたソース読み込みやテンポラリ・ライブラリ・オブジェクトの作成の前にプログラムがこけるから(^◇^;


うちの録画PCがi7-3770TなのでAVX最適化かけてます。つけるときは全部使いましょう。SSE系とAVX系が混在すると速度が落ちますので。わからない人は入れなくてもいいと思います。体感で差は出ません。多分ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


ビルド済のLibISDBをTVTestの指定位置にコピー。すでにビルドしてあるライブラリを使うので、コピーした後にビルドは必要ないです。
E:\vs17_Projects\TVTest_AVX(第二世代以降)\TVTest-develop_20190130\src\TVTest_All.sln を読み込んでビルド~。
AVXおいてたのはDだっけEだっけ・・・いかん眠い。

x64フォルダをエクスプローラーで開き、種類で並び替える。中間ファイル.obj/libを消す。
AboutDialog.obj
Accelerator.obj
Aero.obj
AppCommand.obj
AppCore.obj
AppEvent.obj
AppMain.obj
AppUtil.obj
AudioManager.obj
AudioOptions.obj
BasicWindow.obj
CaptionPanel.obj
Capture.obj
CaptureOptions.obj
ChannelDisplay.obj
ChannelHistory.obj
ChannelInput.obj
ChannelList.obj
ChannelManager.obj
ChannelPanel.obj
ChannelScan.obj
ColorPalette.obj
ColorScheme.obj
ColorSchemeOptions.obj
Command.obj
CommandLine.obj
ComUtility.obj
Controller.obj
ControlPanel.obj
ControlPanelItems.obj
CoreEngine.obj
DebugHelper.obj
Dialog.obj
DialogUtil.obj
DirectWrite.obj
DirectWriteOptionsDialog.obj
DPIUtil.obj
DrawUtil.obj
DriverManager.obj
DriverOptions.obj
Epg.obj
EpgCapture.obj
EpgChannelSettings.obj
EpgDataLoader.obj
EpgDataStore.obj
EpgOptions.obj
EpgUtil.obj
EventInfoPopup.obj
EventInfoUtil.obj
Favorites.obj
FeaturedEvents.obj
GeneralOptions.obj
Graphics.obj
GUIUtil.obj
Help.obj
HomeDisplay.obj
Image.obj
ImageLib.lib
InformationPanel.obj
IniFile.obj
InitialSettings.obj
KeywordSearch.obj
Layout.obj
libjpeg.lib
libpng.lib
ListView.obj
Logger.obj
LogoManager.obj
MainDisplay.obj
MainPanel.obj
MainWindow.obj
Menu.obj
MenuOptions.obj
MessageDialog.obj
NetworkDefinition.obj
NotificationBar.obj
OperationOptions.obj
OptionDialog.obj
Options.obj
OSDManager.obj
OSDOptions.obj
PanAndScanOptions.obj
Panel.obj
PanelForm.obj
PanelOptions.obj
PathUtil.obj
PlaybackOptions.obj
Plugin.obj
ProgramGuide.obj
ProgramGuideFavorites.obj
ProgramGuideOptions.obj
ProgramGuideTool.obj
ProgramGuideToolbarOptions.obj
ProgramListPanel.obj
ProgramSearch.obj
PseudoOSD.obj
RawInput.obj
Record.obj
RecordOptions.obj
RegExp.obj
RichEditUtil.obj
Settings.obj
SharedMemory.obj
SideBar.obj
SideBarOptions.obj
StatusItems.obj
StatusOptions.obj
StatusView.obj
stdafx.obj
StreamInfo.obj
StringUtility.obj
Style.obj
StyleUtil.obj
Taskbar.obj
TaskbarOptions.obj
TaskbarSharedProperties.obj
TaskTray.obj
TextDraw.obj
TextDrawClient.obj
Theme.obj
ThemeDraw.obj
ThemeManager.obj
TitleBar.obj
Tooltip.obj
TSProcessor.obj
TSProcessorErrorDialog.obj
TSProcessorManager.obj
TSProcessorOptions.obj
TVTest.exe
TVTest.log
TVTest.obj
TVTest.res
TVTest.tlog
TVTest_Image.dll
TVTest_Image.exp
TVTest_Image.iobj
TVTest_Image.ipdb
TVTest_Image.lib
UIBase.obj
UICore.obj
UISkin.obj
Util.obj
VariableManager.obj
VariableString.obj
vc141.pdb
VideoDecoderOptions.obj
VideoOptions.obj
View.obj
ViewOptions.obj
WheelCommand.obj
WindowUtil.obj
zlib.lib
ZoomOptions.obj
—-

必要な2ファイルを見つけ易くなったでしょ。
TVTest.exe
TVTest_Image.dll

これと、プラグインを上書きコピーして必要なものを残して消す。

今日もすっきり!?
プラグインの方の・・・
E:\vs17_Projects\TVTest_AVX(第二世代以降)\TVTest-develop_20190130\sdk\Samples\Samples.VS2013.sln は 10.0.17763.0 に再ターゲットのポップアップ出ますね(;^_^A アセアセ・・・
まぁビルドできればなんでもOK!終了!

[2018.12] TvtAudioStretchFilter.axは要注意!VS2017のver15.9.4でC++の最適化バグが治ったよう言うような書き込みを見て全ビルドやり直してみるの巻

ちょっと前にやった気がするが・・・
ビルドは自己満足のおま環なので、違うところがあると思うので自己責任で自分の環境に合わせてねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
日付を見るとEDCB11/26とかTVTEST10/27辺りからの更新になります。
公開してくれた作者さんに感謝してサクサク行きましょ!

i7-3770T用のAVX(第2世代)と、i7-6700用のAVX2(第4世代)の2つの環境を再構築してみた。
VS2017のBugFixアップデートもあり、基本的にはクリーン&ソリューション再ターゲットして、リビルド。
Win32(x86)は今回から全部削除。64bitに移行で問題ないっぽい。
パッチなどは事前に全部当ててあるので、ビルドするだけにゃ~。
EPG取得・録画・再生・タイマーテストして、それでも再構築までに30分。
トラブルがないのに、思ったより時間かかった^^;

—-大まかなビルドリスト。全部じゃないです。Amatsukazeのビルド環境構築などは説明できないので(^◇^;
私が使うツールは、今は全部ソースが公開されているので足りないといわれるものや、追加の機能が欲しくてもすぐに手に入っていい時代ですよね…もう、ビルドくれ~と泣いてた10年くらい前とは時代が違うw
足りなそうなものは構築サイト見て拾ってくださいな。
私よりも説明がうまくアフィリエイト一杯貼ってあるところありますので(;^_^A アセアセ・・・
宝くじ当てるよりよりも仲間と小銭稼ぐ方が楽しいよね・・・(^◇^;

どのソース落とせばほしいものが入っているかなんとなくわかると思いまする。
ここにあるのは全部64bitビルドできますヽ(*^。^*)ノ
—-
(EDCB-BonDriver)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\BonDriver_PT3-ST-master\BonDriver_PT3.sln
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\BonDriver_PT-ST-master\BonDriver_PT.sln
(EpgDataCapBon:EDCB本体)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\EDCB-work-plus-s_181125\Document\EDCB_ALL.VS2015.sln
—-
(TVTest-BonDriver:Pipe)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TvtPlay-work\BonDriver_Pipe_src\BonDriver_Pipe.sln
(TVTest-BonDriver:UDP,TCP)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\BonDriver_UDP\BonDriver_ALL.sln

(TVTest本体)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TVTest-develop_181026\src\TVTest.sln
(本体付属のSampleの中にプラグインがあります)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TVTest-develop_181026\sdk\Samples\Samples.VS2013.sln

(他プラグイン例)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TVCaptionMod2-develop\src\TVCaption2.sln
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TvtPlay-work\src\TvtPlay.sln
(TVTestVideoDecoder.ax)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TVTestVideoDecoder-master\TVTestVideoDecoder.sln
—-
(TvtAudioStretchFilter.ax)
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\BaseClasses\BaseClasses.sln
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\soundtouch\source\SoundStretch\soundstretch.sln
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\soundtouch\source\SoundTouch\SoundTouch.sln
D:\vs17\EDCB_TVTest_AVX(第二世代以降)\TvtPlay-work\TvtAudioStretchFilter_src\TvtAudioStretchFilter.sln
—-
TvtAudioStretchFilter.axはバッチファイルを作っておくと楽。
下記バッチ例ではディレクトリ名を環境に合わせてね。
—-TvtAudioStretchFilter.ax_install.bat
regsvr32 D:\TVTest_x64\TvtAudioStretchFilter.ax
pause
—-TvtAudioStretchFilter.ax_remove.bat
regsvr32 -u D:\TVTest_x64\TvtAudioStretchFilter.ax
pause
—-
■ 「TvtAudioStretchFilter.ax」 ビルドするなり
TvtAudioStretchFilter.ax ビルド順

■ 「TvtAudioStretchFilter.ax」 の設定(TVTest:先に上記バッチでWindows10に登録しておく)

■ ついでに「TVTestVideoDecoder.ax」の設定画面

■ 「TVTestVideoDecoder.ax」のプロパティ例(今使ってないんで、画面だけ。赤枠の中は調整してください)


※字幕のある映像などでデインタレが利いているか確認しておく。
わたしゃほかのフィルタ使っているんで( ^ω^)・・・

—-追記。
眠くなったんでサブPCのフィルタ設定は宿題に・・・

LAVで480iの動きの速いシーンをFHDで表示したときのデインタレ字幕。
2m離れて違和感なければいいんじゃね?(^◇^; こだわりあるのはわかるけど・・・
PCで静止画にして見ると思ったより汚ちゃないヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
設定合わせてないと、F1などはTVの方が優秀ですなw

※NVIDIAのHWデコーダーの方が好みなんで設定などは最後まで煮詰めてません。

10年前より設定増えてね?(^◇^;
2度寝しよう(_ _).。o○


■ さらにNVIDIAでAVX2設定のビルド環境をテストする(GTX970グラボがささったCPUオンボードグラボもONになったi7-6700のPCですTEST用になるべくAVX2使ったビルド)
DVXA2でIntelとCUVIDのデインタレのかかり方が違うにょろ・・・
多分どこかに設定があるんだろうけど、探すのが面倒なので画像貼って終わりにする(^◇^;
上のi7-3770TのGPUではうまくデインタレがかからずコーミングノイズが出る時がある。映像による。

LAVの設定見るとこんな感じ。

CUVIDのデインタレ。


DXVA2 CopyBack設定。
設定が減ったうえに負荷が上がる。
LAVでGPUが1種類で設定を決め打ちしているのならCUVIDで十分?

DXVA2のデインタレ。


動画で見てるとさがわかりませぬ(^◇^;
コーミングノイズ出てなければOKですよね。

負荷的にAVX2が有効かどうか体感できることはありません。
エンコードやマイニング、AI深層学習、アドビのソフトとか画像や大量計算が必要なソフトなど最適化されたプログラム以外は気にしなくていいと思います。
IntelCPUではよほど無茶な構成にしないとAVX2対応していないPCでも問題ないですが、AMDは実害が出ますので、互換性の関係上、家の中でも下限Pcにそろえた方がいいと思います。
(ソースコピーして、オプション変更し忘れて、AVX2に最適化したTVTest.exeをi7-3770TのPCで動かしていても気が付かなかったくらい (^◇^;アハ~)
動画再生の負荷なんてそんなものです!(?_?)エ?
このあたりはArmがx64対応したあたりから考えましょ?(自己満足ですが)


寒いのにCPU利用率2%くらいなのでCPUのFANが止まりそうです。
低速で止まったり動いたりする方が気になるわぁヽ(`Д´)ノ

結局部屋で一番うるさいのはエアコンですil||li _| ̄|● il||li

終了。

■■■■


—-新しくソース持ってくると忘れるので…癖のあるやつだけ、ちょこっと抜粋メモしておく。
TvtAudioStretchFilter.axのビルドのやり方。でも情報が古いので環境によっては違う動作をします。
作者さんが修正を入れてる場合もありますので。

【TVTest】ビルドした・するスレ【EDCB】その2
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/avi/1518705444/75-n

—-抜粋
76名無しさん@編集中 (アウアウウーT Sa08-MTlB)2018/02/28(水) 17:33:45.01ID:NWL01Plfa>>94
この方法で MD/MT/x86/x64 vs2017ですべてビルドできる

【TVTest】 TvtPlayについて語るスレ Part 4

685 :名無しさん@編集中:2016/09/07(水) 10:14:05.59 ID:6v/9cxjZ
TvtAudioStretchFilter.ax ビルドの手順

1. SoundTouch.patch を適用
soundtouch-1.9.2.zip をダウンロードして解凍
soundtouch フォルダ名を a に変更
一つ上のディレクトリに SoundTouch.patch を置く
管理者権限でコマンドプロンプトを開いて patch.exe を実行

patch -p0 -b < SoundTouch.patch フォルダ名を soundtouch に戻す 2. 各フォルダの配置 \Projects\BaseClasses \Projects\soundtouch \Projects\TvtPlay-work-plus\TvtAudioStretchFilter_src 77名無しさん@編集中 (アウアウウーT Sa08-MTlB)2018/02/28(水) 17:34:05.69ID:NWL01Plfa>>78
3. BaseClasses をビルドする
\Projects\BaseClasses\baseclasses.sln

4. SoundTouch をビルドする
\Projects\soundtouch\source\SoundTouch\SoundTouch.sln
ビルド前にプロジェクト SoundTouch のプロパティを開いて
構成プロパティ → C/C++ → コード生成 → ランタイム ライブラリ を
マルチスレッド DLL (/MD) に変更しておく

5. TvtAudioStretchFilter をビルドする
\Projects\TvtPlay-work-plus\TvtAudioStretchFilter_src\TvtAudioStretchFilter.sln

78名無しさん@編集中 (ワッチョイ 74a2-jWof)2018/02/28(水) 21:01:30.65ID:pgFRja0F0
>>76>>77
ほほう、やってみよう
サンクスです

79名無しさん@編集中 (ワッチョイ dfb3-lEE9)2018/03/01(木) 00:09:37.45ID:py/T0UNK0>>82
>>76-77 で引っかかりそうな2点。

・SoundTouchを「ソリューションのビルド」しても作成されない。
「SoundTouchのビルド」を実行する。
またはソリューションのプロパティでビルドできるように変更する。

・TvtAudioStretchFilter.slnのx64ビルドでSoundTouch_x64.libが見つからない。
soundtouch\source\SoundTouch\Releaseに作成されているSoundTouch_x64.libを
soundtouch\libへコピーしておく。
またはSoundTouch_x64.libの場所を「追加のライブラリディレクトリ」に加える。
あるいはSoundTouchをビルドする時点で根本的に修正しておく。

80名無しさん@編集中 (ワッチョイ bf9f-m1UI)2018/03/01(木) 01:09:59.51ID:CnOtLzKd0
自分もTvtAudioStretchFilter.axビルドしてみた。
素人なもんで躓いたところを書いてみる。

4.について
自分の環境(VS2017)ではそのままではビルドできなかったので
ソリューションエクスプローラーからSoundTouch右クリック>プロパティ
右上の構成マネージャ
構成をreleaseにしてビルドにチェックを入れた。
書いて有るとおりsoundtouchはビルドの前に/MDに変更を忘れずに

BaseClasses、soundtouchフォルダは
TvtAudioStretchFilter.slnの入ってるフォルダの二個上のフォルダに配置する

これで動いてる模様

81名無しさん@編集中 (ワッチョイW df7f-tZ4x)2018/03/01(木) 08:50:40.10ID:YyxR5+J20
参考になります
ありがとう

82名無しさん@編集中 (ワッチョイ 7f06-m1UI)2018/03/01(木) 09:12:43.55ID:TIujTdNg0
>>76>>77>>79
詳細助かる

83名無しさん@編集中 (ワッチョイ bf63-yVqK)2018/03/01(木) 09:36:42.79ID:/en+xUDT0
MDは躓くポイントではないのだが。すべてMTでもビルドできるぞ。

84名無しさん@編集中 (ワッチョイ 2731-Fhm4)2018/03/01(木) 10:59:38.01ID:hvp78GtC0
私が躓いたところ(Windows10_1709、VS2017 Community)
SoundTouchをビルドする時に、x64で実行するとエラー
何回やってもダメなのでエラーメッセージをまじめに読むと、ファイルののプロパティ値が違うとかどうとか
やむを得ずWin32で実行すると、ビルド成功
soundtouch\source\SoundTouch\ReleaseにSoundTouch_x64.libが作成されており、
以下は>>79の通りに行って、TvtAudioStretchFilter.axのx64ビルドに成功

Win32でビルドすればx64版もいっしょに作成するなんて思わねえ
—-
■ SoundTouch_x64.lib などLIBがうまくコピーされず古いままになっている場合がります。
ソリューションをクリーンしても削除されないファイルなので、手動で削除するかビルドした時に更新されているのを確認してから後のビルドを行いましょう。

EpgDataCapBon(EDCB)のEPG取得時間を減らそう!目標5分以内!(基本情報のみ、2枚挿ですけどね)

—-追記
※録画するチャンネルは取得するようにしてください
(多少遅くなってもネ!EPG取得しないチャンネルで視聴などでEPGDATAのカスが残ると更新されないため、手動削除が必要になります)
—-

少しで見短くしたいよね!でも、改変トラポン移動時は再設定が必要になるよ!
地デジは全部取得にチェックで( ^ω^)・・・
見なくても裏番組気になるよね!すべらない話みてても紅白気になるよね?

※設定→全般の「EPG取得対象サービスのみ表示する」いチェックを入れている場合、EPGに表示されませんのでこの方法は使えません。

総務省トップ > 政策 > 白書 > 30年版 > 事業者数及び放送サービスの提供状況
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd251720.html

図表5-1-7-8 BS放送のテレビ番組のチャンネル配列図

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/image/n5107080.png

CS110チャンネル変更の最終図
http://www.paku-net.com/?m=20180930

—-試行錯誤の結果
■ 前準備
0・EDCBで番組表に、地デジ/BS/CSそれぞれの全チャンネル登録タブを作る。
—-
サーバー設定を開いてバング無取得にチェックを入れていく。
■ 地デジ
1・地デジは全部登録
■ BS
2・BSは同じチャンネル(周波数)内で1つ選択
—-
■ CS
3・CS全部チェック外して
4・EpgDataの中を全部削除する
5・「EpgTimerSrv再起動して再スキャン(※この作業が重要です)」
6・地デジとBSが全部表示されていて、CSがすべて表示されないことを確認する。
 (※CSの番組表が残っているなら、あなたのやり方ではEpgTimerSrvの再起動が失敗しています。設定が反映されていないのでPCを再起動するようにしましょ。4へもどる。)
—-
7・うまくEpgTimerSrvの設定が更新できている人は次へ。(CSデータが受信できていないのが正常。チェックは全部外しているので)
—-
8・CSは基本的にはトラポン単位で1つ(または録画を逃したくないチャンネルを)選択して、「EpgTimerSrv再起動して再スキャン(※この作業が重要です)」
9・CS番組表全チャンネルを確認、今取れた番組表が追加されているので、足りない局を一つ取得にチェックを入れてEpgTimerSrv再起動。
10・EPG取得。CS全チャンネルが取得できるまで、8へ戻って続ける続ける。
11・最後にEpgDataの中を全部削除して再度全取得の確認をする。1週間後の24時まで全部番組表が埋まっていれば完了です。

CS番組改編があっても少しくらいなら耐えられる取得条件になっていると思います。最小取得にしていると放送停止時や、ドロップでうまく受信できないときがあるため。
でも、削れるところは削りたいですよね( ^ω^)・・・

16分かかっていたEPG全チャンネル取得がほぼ4分で終わるようになりましたヽ(*^。^*)ノ
4分くらいなら気楽にぽちぽちできますよね!w

図解は・・・いらないかこの程度なら。
—-追記
詳細情報取得でほぼ9分ジャスト
チューナーから取得フル稼働です。

チャンネル8つつかんでますね。さぼってる部下がいないと気分がよいのですヽ(*^。^*)ノ


おろ・・・なんじゃ。NHKもカルトに…


あ~。なんか設定間違ってるな^^;
メ~テレ取得がNHKBSプレミアムに…どこかで名称間違えてるんかな(´・ω・`)

あ、EDCBで「サービス表示設定」でチェックされていないチャンネルを、EpgTimerSrvでEPG取得するとき、違う名称が出ますね。
(ちなみにChSetではNHKBSプレミアムが一番上なので多分それが表示されてた)
取得するチャンネルはサービス表示するようにしておきましょう^^;

ChSet4も5も作り直したばかりだから焦った(・・ゞポリポリ

[TVTest + TvtPlay] 朝?起きるとモニタが輝いていた。TvtPlay 再生の終了時はサスペンド(モニターオフ・スリープ)させたい。

基本的には、「消してから寝ましょう」(^◇^;

ながら見してて、そのまま寝てしまうと電気代が無駄なので・・・お前が言うか(゚〇゚;)
省エネしましょ。

TvtPlayで再生終了時の判定拾ってサスペンドさせたいわけです。
どこかに設定があるのかもしれない。

探すのが面倒です・・・(~0~)ネムイ

—-
さっくりできた。作者様に感謝したい。C++わからない私でもでけたにょ~ヽ(*^。^*)ノ

サスペンド設定は普通にこんな感じ。
(こうしないと今回の手法は使えません)
TopMost(最前面)が有効でも、TVTestWindowがアクティブでなくなると省エネ抑止条件から外れる。


TvtPlayのソースを弄る場所はここ。
リピートがないときに、画面が止まったままになるので、ここに、アクティブウィンドウをデスクトップに渡す処理を入れるだけ。

HWND dHwnd = GetDesktopWindow(); // デスクトップのハンドル取得
SetForegroundWindow(dHwnd); // デスクトップにフォーカスを移す

いい仕事した。(_ _).。o○
しばらく使ってみてまた修正するとします。

xtne6f/TvtPlay
https://github.com/xtne6f/TvtPlay

TvtPlay25 – 2018.02.22版

—-2018.11.22 動作変更と最適化とか拡張命令とか

何度かうたたねをして動作確認して、復帰してF11で全画面閉じようとしたらフォーカスが来ていないと・・・ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
終了時は全画面をやめるように修正してみた。

■ C++はコンパイル時にオプションを指定することができます。
ビルド環境で、AVX2の突っ込みがあったのでコメント画像つけてみた。誤差です。演算量的に体感できるものではありませんので好きなもの使ってください(^◇^;

これでまた少し様子を見る。
※ウィンドウフォーカスの変更は一番最後にする

—-また弄りたいときの・・・(._.) φ メモメモ
case WM_QUERY_CLOSE_NEXT:
/*
pThis->Close();
if (pThis->m_playlist.Next(pThis->IsAllRepeat())) pThis->OpenCurrent();
return 0;
*/

pThis->Close();
if (pThis->m_playlist.Next(pThis->IsAllRepeat())) {
pThis->OpenCurrent();
}
else {
// 再生終了時の処理
/* フルスクリーンをやめてみる→サスペンド無効のままでモニターオフにもならない */
if (pThis->m_pApp->GetFullscreen()) {
pThis->m_pApp->SetFullscreen(false);
}
/* アクティブウィンドウのフォーカスをデスクトップに移す(アクティブ時のみサスペンド抑制にチェックを入れるとこで、終了時に省電力設定が有効になる) */
HWND dHwnd = GetDesktopWindow(); // デスクトップのハンドル取得
SetForegroundWindow(dHwnd); // デスクトップにフォーカスを移す
}
/*
MESSAGE_GETFULLSCREEN, // 全画面表示の状態を取得
MESSAGE_SETFULLSCREEN, // 全画面表示の状態を設定
MESSAGE_GETSTANDBY, // 待機状態であるか取得
MESSAGE_SETSTANDBY, // 待機状態を設定

bool GetFullscreen()
bool SetFullscreen(bool fFullscreen)
bool GetStandby()
bool SetStandby(bool fStandby)
// 常に最前面表示の状態を設定する
bool SetAlwaysOnTop(bool fAlwaysOnTop)

*/

return 0;
case WM_QUERY_SEEK_BGN:
pThis->SeekToBegin();
return 0;
—-

EpgDataCapBon(EDCB)のプログラム予約でタイトルをつける方法(PowerShell-1ファイル版)

何とか動いたので、これでゆるして終了に( ^ω^)・・・

プログラム予約の録画ファイル名に、後バッチ機能で「タイトル名」つけるだけのSpowershellスクリプト

RecAfterTSRename2.zip または
RecAfterTSRename2.ps1.txt(拡張子は.txt外してください)

・EDCBのフォルダにおいて、後バッチに設定してください。
・リネームログを書き出す設定になっています。いらない人はメモ帳などで開いて修正してください。


ちゃんと読まないといけないっすね

xtne6f/EDCB work-plus-s-181111
このForkについての説明を追加
https://github.com/xtne6f/EDCB/commit/work-plus-s?diff=split

パワーシェルが直接録画後バッチに設定できるってことでお叱りがヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ
ソースいじってアップデートされた時更新忘れたら責任取れんのか~ぼけ~、このはげ~とたたかれまして、まったるやる気がない状態で対応中です(^◇^;
ソース修正の話するならコミットできるようにせーとか口が悪いのが知り合いにいるんで心が折れっぱなしです。

手を出したのは私ですが使ってないんですよ・・・プログラム予約自体・・・非推奨でしょ?(逃げたい)

が、EDCB環境変数の取得やらなんだかんだでもたつきつつ。まだできてません。
今のところファイル一つにまとめられるとっかかりが全くございませんw
出来たら更新します。できなければこのまま忘れますヽ(*^。^*)ノ

↓こちらの記事に挙げたものなら、タイトルつけと日付でファイル名を置き替える(2ファイル版)↓

日曜プログラミング 2018.11.11 EpgDataCapBon(EDCB)でプログラム録画(時間指定)したときに、タイトル名を入れる方法(powershell使用)

2018.11.13 暇なので EpgDataCapBon(以下EDCB)でEPG取得時間を短くしてみる(衛星情報編-作業時間90分くらい)

冬が来る前に~♪ 槇原の歌が聞こえてきそうなくらい寒いです。EPG取得周り再構築のメモ再び“φ(・_.) メモッ!

この手の作業は、動いている状態のEDCBフォルダごと圧縮バックアップ取ってから行いましょう^^;

BonDriverを設置済みの状態からEPG設定を再設定する感じです。
番組改編、トラポン移動時など再取得する場合もこんな感じですよね?。
(TVTestから情報拾ってくる奴は初心者には無理だと勝手に思ってます^^;)

古いEDCBでは「メ~テレ」の「~」とや「-」かうまく変換されず、ファイル名にサービス名を使うと不都合が起きる場合があった修正などが盛り込まれていますので最新版でそろえるとなお安心かと思います。
現時点の最新版は・・・下記を使ってこの記事を書いております。

xtne6f氏派生版/EDCB
https://github.com/xtne6f/EDCB
https://github.com/xtne6f/EDCB/releases/tag/work-plus-s-181111
諸事情により EpgDataCapBon.exe は入っていないので、自ビルドしましょう。
自分でビルドできるようになると楽しいよ!(マニア的に(^◇^;)

■ ChSet.txt最新版を作成しましょ。
まずは、BonDriver_PT3-S.ChSet.txt 生成ツールを拾ってくる。(今回はPT3で取得をやってみる)

—-
TVTestについて語るスレ Part 94
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/avi/1538733716/
—-
3 名無しさん@編集中 (ワッチョイ dfb3-kgZC) sage ▼
■ BonDriver_PT*-S.ChSet.txt 生成ツール
・PT2/PT1用
https://www.axfc.net/u/3903918?key=PT2
・PT3用
https://www.axfc.net/u/3904457?key=PT3

これでチャンネルスキャンさせると現在のチャンネルの
BonDriver_PT*-S.ChSet.txtが生成される。
アンテナへの電源供給を忘れずに!
—-

■ アースソフト公式のExample.exeにChSet.txt出力機能をつけたものらしいです。
コマンドプロンプトのログ(F:¥ に Example.exeを置いて実行した場合)
1度目は、電源入れてないので失敗してます^^;
(BonDriver_PT3-S.ChSet.txt 生成ツール)PT3-Example-400+_log.txt

こんなんできました~!(BonDriver_PT3-S.ChSet.txtというファイル名はBonドライバの名前に合わせて変更してくだされ)
BonDriver_PT3-S.ChSet.txt


これをBonDriverフォルダに入れる。2枚挿しのうちの環境ではPT2用にコピーしてファイル名も変更。(BonDriver_PT-S.ChSet.txtをコピーして作成)

■ チャンネルスキャンを行う
EpgCapBon(EDCB)を立ち上げると古いチャンネル情報読み込んでいたりしますので、SettingフォルダChSet5.txtChSet4.txtを全部削除。
ChSet5.txtの中に地デジ情報もあるので、衛星のスキャンが終わったら、地デジのスキャンも一度行うことで追加されます。
地デジチャンネル情報を更新したくない場合は該当ファイルを保存しておき後で戻す方法もありますが、全部取得しなおすほう方向で説明しています。

なれれば1つのチューナーで衛星と地デジ1回取得してコピーすればいいんですが、ファイル名とか修正が面倒なので初心者は全チューナーでそれぞれ確実に行った方がいいです。
衛星の取得が終わるとこんな感じのファイルができると思います。↓(ファイルサイズが違っていますが中身修正したあとスクリーンショット取ったのでで気にしないでください^^;)

このあと地デジの取得忘れずに!消しちゃってますので

※チャンネル情報を弄る場合はバックアップとってから行いましょう。
BS朝日1、BS朝日2、BS朝日3など一度番組情報を取得して同じ内容なら1つのチャンネルを残して削除してもいいと思います。BS1なども違う情報ですがまとめても視聴に害はないと思われます。
この辺りは好みでテキストをいじればいいと思います。123とか数字が嫌だっていうこだわりのかたは自分で直しましょう。

■ 初回EPGの取得。
録画環境弄ったのでPCを再起動して(おまじない)、その後EpgTimerからEPGの取得。


チャンネルスキャンした後なにも設定を弄ってないと全チャンネルを取得に行きます。
スカパーインフォメーションとか録画する人ではないのでEPG取得から除外していいですよね・・・

じっとまつ。2枚挿しで25分くらいヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

んで、EPG取得設定で必要なものだけを選択して、まったりEPG取得。

削ったチャンネルのEPGは更新されないので、EPGの再取得が終わって開始前の日付のEPGファイルは削除しましょ。


ざっくり適当に削って15分くらいで取得完了。こまかい設定はこれからにつめましょ^^;
EPGの保存日数増やしているので、生のデータより少し大きいです。(録画失敗時や野球などの延長で失敗した時の確認用に)
BSの詳細情報の取得は録画時に行っているので、今回は手動です。取得のメモ書き置いてありますが気にせずに。愛嬌ってことで( ^ω^)・・・

EPG取得条件のマージン設定も短くできると思うので、録画番組が増える年末に向けて調整しておきましょう!

■ 七転び八起きですな!
何度も設定をやり直して満足する環境に近づける作業は繰り返ししかないです。
この手の作業は、動いている状態のEDCBフォルダごと圧縮バックアップ取ってから行いましょう^^;

大切なことなので2度書いときます