Amatsukze0.8.7.0出てまする~ヽ(*^。^*)ノ。実行の緑が見えにくいのでちょいと色を変えてみた。

掲示板見たらいろいろ修正依頼出ていたようですね。
膨大なエンコに埋もれて、GitHubの方しか監視してなかった(・・ゞポリポリ

Amatsukze 0.8.7.0
https://github.com/nekopanda/Amatsukaze/releases

・AmatsukazeServerは最小化でタスクトレイに格納するようにした
・D&Dでキューの並べ替え、Deleteキーでキューアイテムの削除を実装
・プロファイル、自動選択のリネームボタンを追加
・スタンドアロン版でエンコード中に終了しようとしたら警告を出すようにした
・タイトルバーにバージョン表示を追加
・キューの上にあるアイテムの優先度が高くなるようにスケジューリングを修正
・CUVIDでH264をデコードできなかったのを修正

とのこと。
一番大きいのは、スカパーHDの方に朗報でしょうか?
個人的にはリネームボタンがありがたい。修正多いんで^^;

終了時に確認ボタンも出るように修正入ったようなので安心ですね!

目が覚めたので、ビルドしよう…(^◇^;

◆ お花見版コメント。
GUIにヴァージョン表示がついたので、手入力やめてModel.ServerVersion使うことに。
ブログの関係で「”」は半角に。

—-[WindowCaption]を差し替えてみる。

public string WindowCaption {
get {
var hostName = Model.ServerHostName;
if (hostName == null)
{
return "AmatsukazeGUI(未接続) 陽炎型 9番艦 駆逐艦(天津風 改)-「どういう風の吹き回しかしら?やだ、髪は触んないでよ…。吹流しが取れちゃうでしょ」";
}

hostName = "陽炎型 9番艦 駆逐艦(天津風 改)-「えっ?雪風なに?お花見?いいけど…そうだ、島風も呼んでやってもいい?べっ、別に意味なんかないけど…あ…そう?」";

if (Model.ServerVersion == null)
{
return "AmatsukazeClient@" + hostName;
}
return "Amatsukaze" + Model.ServerVersion + "@" + hostName;
}
}

—-
コメントは、Wikiのセリフなどからでもご自由に。

◆ 春なのではるっぽい色にとか思っちゃう辺り(^◇^;
外見たら雪が降ってるし・・・新潟寒すぎ。

VisualStudioカラーコード表
https://ao-system.net/vscolor/

私みたいな老眼のおっさんでは、黒い文字のバックを「Green」ではほぼ見えないので…
ほかにもレッドやパープルでも見えません(^◇^;
色弱ではないんですがきついので普段は変更してます。GUI周りいじるのはこのウェイトが結構大きい。そのうちテーマとか用意されるのでは?^^;
こんな要望答えてたらキリがないので、できる人は自分で変えましょう。
GUIだけならVisualStudioでできるのでやっつけちゃいましょ!自己責任ですが!

変更場所知らないんで探します…これからかよ!(^◇^;

GUIの中の views\queuepanel.xaml あたりかなぁ?
エンコード中なので、あとで試してみよう。

—-
スタイルソースは張ると崩れるので、、、サンプル貼れません。画像データからで探して

春っぽい名前で…キューパネルの見えるところをちょいといじる。
ソースは直接いじらないこと。

ソースの値をクリックするとピッカーが出るので、好きな値に。
設定名称を使う場合は、「#FF〇〇〇〇〇〇」のところに張り付けると設定してくれます。

“#A0FFFF” → “LightSkyBlue”
“Green” → “MediumSpringGreen”
“Red” → “OrangeRed”


そのうちセンスのいいひとがいろいろテーマ選べるようにしてくれるはず!(爆)
まぁ色の調整は後で。
寝よ。

NVEnc 4.34に変更してインタレ解除フィルタで手ごろな設定を探してみた。(実写ドラマ)(–vpp-nnedi)

[酔ってるんで今回もスルーしていいです・゚・(ノД`)・゚・]
うぇ~い!エンコード楽しんでるかい!
酒が切れそう。さむい{{ (>_<) }}。 春の到来を感じつつも、まだまだ寒くて酔っぱらって裸踊りで風邪を引いたおっさんのエンコードメモの切り貼りした"φ(・_.) メモッ!。 ふきみそ苦いよ! エンコードツールにAmatsukazeを使わせていただいております
細かい設定の違う複数プロファイルの管理が楽なので(^◇^;

◆ NVEncCでデインタレース処理してみる
–avhw を使う機会もなかったのでソフトデインタレだったわけですが…(;^_^A アセアセ・・・
今回はその使用前提条件が必要ないオプションが追加されたので、手ごろな設定を探してみた。

重さも機能もあまり把握していないのですが、とりあえずソースを投げ込んでみましょヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
2分では重いってだけで処理や画質の比較の説明サイトにたどり着けなかったので…

↓この手のエンコード結果はのせて無いので、比較というよりそんな感じってだけで。

FPS1000とかよくわからないことになっているので、除外(;^_^A アセアセ・・・
酔ってる時のエンコードはなぜか変なデータが出やすい。

◆ エンコード中の負荷
エンコード中の画面をシャドウプレイで録画していたので、エンコード負荷が20%乗った状態です。
(ハードウェア的には2本同時エンコードしている感じ)

約360fpsの処理速度ですが、シャドウプレイ録画オフにすると約380fpsになります。
春休みってことで、ユーチューバーデビューするとか(たぶん)甥っ子に外部録画装置貸し出してるので(・・ゞポリポリ
いろいろと。俺に似ている。それが怖い。俺の子じゃないということで。この程度で済めば安いもの?ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

話を戻そう。

QTGMC中の負荷。CPU処理が多いので、エンコーダーは遊んでますね。
CPUもGPUも余裕があるときはメモリが足引っ張ってることが多いです。まぁ、いろいろ改善の余地はありそうですが…


Yadif30.


Yadif60.一見Yadif30より早いように見えるものの、フレーム数が倍になっている。
CPUで作り出す中間フレームは早く処理できているんだろうというのが見えますね。


x265の負荷状況。CPU100%ヽ(*^。^*)ノ
おまけにしても、無駄ですね^^;

◆ドラマ軽めのフィルタとロゴ消しした場合。(SSIM値0.970前後)
ライブでカメラが移動しながら手を挙げて跳ねてるお客さんとか、雨の土砂降りとか、列車/自動車の外の風景映像とかほぼ破綻?しているので、ロゴ消しは失敗します。
(ビットレートが足りずにロゴがくっきりしていないので消せない)

放送スロット減ってロゴ消しがうまくいかないことが多くなったので、忘れていたんですが、、、
昔使っていたプロファイルをそのまま使ったらロゴが消えてしまったので少しその設定で続けてました。満足いく結果に程遠いので、途中でやめました^^;

◆ほぼフィルタなしエンコード比較(SSIM値0.970前後)

ロゴ消し無くていい奴は、TMSR5で切ったソース使ってます。
TrimとTMSR5の動画を見比べてその差がわかる人がいたら、あってみたいですね!交通費相手もちなら^^;。

オリジナルソース派にはGOPの再エンコードも許せない行為らしいですが、実写エンコード界隈にはあまりそういう人はいないので、私も気にしたことがありません。結果は誤差程度。ロゴ消しに影響が出る程度。
編集失敗すると、デュアルステレオや字幕が抜けちゃいます。ユーザー設定というかデフォルト読み込みに入れてミスを減らしましょう。
ちゃんと使えばTrim使わなくていいので有用な手段です。CM、スポンサー、変な調整シーン。あと予告を入れ忘れるミスも減ります。

—-酔っぱらいの愚痴。—-
万能設定と万能フィルタなんてありません

◆データが低ビットレートすぎないか?という話。
「高ビットレートで高画質ならx265CRF20以下(20より小さい値)を指定してください」(完)
と、思っているのであまり興味がないのです(^◇^;
(高ビットレート=10M以上は確保してね!)

NTSC放送波のMPEG2でいうと、ソースよりも大きくなりますヽ(*^。^*)ノ
=エンコードしない。

アナログ時代じゃないんできれいにするためにフィルタかける意味がほぼない時代なので…
ここのおっさんはアニメのエンコードはほぼしないので、実写の話です。

◆ターゲットSSIM値がひくくね?という話。
ロゴ消しx265のCRF23がのくらいだったのでヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

SSIM値0.970前後だと差が出にくくなるので意味がないって人もいるかと思います。
データ取ってる自分がそんな気がしてたので、、、なんで続けてるのかといえば、ファイルサイズと時間みてたりヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

見て捨てエンコは、バックグラウンドで普段使いでもたつかず気軽にエンコードかけれる部類。
それでいて後で見直したいときとか、音楽番組をBGM代わりに流すのに、画面はそこそこでいいやって言うやつもあるんで。
汚くない範囲のそこそこの画質で早くて小さくって言うわがまま。

BDにPVを編集してて、隣で試し聞きしていた曲をカラオケで歌ってくれると嬉しいじゃないですか。
高めの焼き肉おごらされて、いいように使われるおっさんです。それでも「トリセツ」歌われるとウルウルします。
明石家さんまがハニートラップに落ちるのは仕方がないと思います!(笑)

これは個人ごとに物差しが違うんで、好きな異性が出ているものを高画質できれいに残したい人もいると思うし~。
他人の好みも知らないし、どうにもならん(^◇^;

自衛隊とか兵器物はカチッとしたチョットシャープな感じの方が好きって言う人もいるだろう!?(^◇^;
A〇Bや安室奈〇恵のライブは60fpsでもきついよねとか、ソースによって使いたいフィルタもあると思うんで、害の少ないデブロックとかそのあたりの数字です。
実写でも幅が広い。と、エロいやつのビットレートは上げるおっさんが申しております。

マーベルエージェントオブシ〇ルドとか宇宙船内と宇宙の位映像ばかりだともうちょっと盛らないとひどい映像になりますよね…
x264のcrf23辺りが最低限じゃないかなっていくらの目です。きっと死神の目の取引をすれば違うものが見えるんではないかと(^◇^;
まぁゴーストぼこぼこ出てましたけどw
(h.264の暗部で黒いブロックノイズが踊ってるじゃないですか!ビットレート同じくらいだとh.265でlookahead2桁ついていれば黒いブロックの位置がほぼ固定されている。デフォルトオプションでもブロック境界もうまく消してくれる)

何言ってるかわかんねーって言う人は、無料放送あるじゃない!
みんなでエンコードだ!
25日、月曜の9時半くらいから無料放送が!WOW〇Wのソースで、もうちょっと比較してみたいと思います。
D-LI〇Eが悪いとかそういう話ではありません。

ふぅ。酒飲んで徹夜?とかしんどい。

Amatsukazeで「CUVIDでH264をデコードできなかったのを修正 」とのこと。

CPUデコード+NVEんcエンコード派の私には気が付かないところでバグがあったようです。
うちでは、まぁ再ビルドの必要もないか。今後も8.6.2つかいまふ。

まぁAmatsukazeがTS用と謳っているだけあって、H.264は、、、まぁその、、、
ッスカパーHD(プレミアム)対応してないって最初から知ってたよ?’`,、(´▽`) ‘`,、

その対応ってことですね。

私なら再現できない環境なんでパスって言っちゃいそう(^◇^;
もうすぐビルド品が上がるんじゃないかな?(^◇^;

そんなs休日の午後。人生の収入の数分の一に当たる借金に頭抱えているおっさんは現実逃避ヽ(*^。^*)ノ
タッチでも見るかな・・・あ、視聴契約切れてる・・・
かつや~もうあえない~

rygaya氏のNVEnc ver4.34きてまする。バグ修正なので更新を。(保存エンコに使う環境は、最新版の評価テスト環境とは別にしましょ)

うちの環境で使っている、Amatsukae(17時くらにreadmeなど修正が入っている感じ)に引き続き?機能追加の後に起こりやすいエンバグってやつですかね。
掲示板で要望出ているバージョンは、うちではキャプション変えて入れているので問題ないっすなw

まぁ機能追加ですぐ入れるような私みたいな人柱タイプには普通のことです。
公開されているものは個人の無償提供ボランティアなので、利用する側が不都合を見つけて報告する感じでいきませう。

有償でやってる人ならモンスタークレーマーになっていいというわけではありませんよ!(^◇^;
開発時間やメンテにかかる時間がるので、たばこ代ジュース代くらいは、お疲れ様のおごりでいいじゃなかと思います。

NVEnc 4.34 – rigayaの日記兼メモ帳
https://rigaya34589.blog.fc2.com/

dllも再アップされてる感じなのでとりあえず更新。いろいろ更新。
2019.03.12辺りで再ビルドしているようなのでそのあたりのファイルを全部更新しましょヽ(*^。^*)ノ
10日もたてばみんなトラブルなく使っているだろうという感じ?(^◇^;

ついでに、mp4boxとか色々変えた。Amatsukaze環境はこんな感じに変更。

gpac-0.7.2-DEV-rev1036-g4d149196-master-x64ですね。今日の最新版(^◇^;
まぁ最新版の必要はないです。Amatsukaze添付でいいと思います(^◇^;
おっさんは地雷踏むマゾなんで、他の機能もたまに遊ぶんで・・・ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
こんなコロコロ更新かかる奴インストールもしない方がいいので、7zつかって、展開してます。


これもフリーソフト使ってファイル名のフルパスをコピーしてます。
Amatsukazeの環境のペタペタと。


おっさんの体はチョコパイで生かされてます。エンコード環境はフリーソフトによって構築されています。
変更したら、「適用」ボタンを忘れずに。更新ボタンじゃないですよ!

花粉症で苦しい…生きてる意味あるのかって悩むくらい熱っぽい微熱?なんだそりゃが続く。
くらくらするんで微熱ではないですが…(^◇^;
自分ビルドは細かい微修正コロコロ行うんでよく変わります。気分でコメントかえます(^◇^;

※コピペミスでバージョン表示が古いままだったなんて言えない’`,、(´▽`) ‘`,、
いみがねー(爆笑)
お薬飲んで寝ます。

nnediのテストが60本超えてます…ドラマ本編で試すんやなかった…終わらねーil||li _| ̄|● il||li

保存エンコに使う環境は、最新版の評価テスト環境とは別に構築しておくべきだと思いまする…

新発表のプログラムではないので、安定動作を作るのが利用者の責任であって、一か月もすればバグも取れるのでそれからの導入で困ることはないと思いますが。。。

Anthemのバグ?あれに比べたら、数百人がかりでものすごい世界を作っても、進行系のデバッグすらほとんど進んでませんよ?・゚・(ノД`)・゚・

Amatsukaze0.8.6.2来てます。エンコード先の履歴保存バグの修正など。

前回の修正に伴うバグ混入の修正っすね。
いつもの修正は下のリンク先。

Amatsukaze0.8.6.0来てまする~ヽ(*^。^*)ノ ボケてるおっさんは、「終了確認」のウィンドウ追加修正して使うのです。
https://nln.jp/wp/archives/4443

—-
字幕回りもコツコツいじってますよ。完成してないけど。

小さい修正でも、回数増えると見するのでそろそろデフォルトで使おうかと思いながら、ビルドして上書き。
字幕関係はSDクロップ時と、4:3でファイル入れ替えうというか、SD用と4:3用とフルHD用(16:9)の3つフォルダを作って、アイコン変えることで見分けてる感じ^^;
黒帯切ると文字サイズやセンターがずれるので、大まかにフォントと位置をずらしてたり・・・
4:3(1440x1080)もセンターがずれるのでやはり調整が必要。
決め打ちを自動判断して、3パターン対応したいですね。

サンプル確保ができてなかったり(^◇^;
フォント変わると厄介ですねぇ。。。。TVMW7で字幕埋め込もうかと思うくらい厄介(^◇^;

フォントは全く未開地のちなんで調べる気力が…’`,、(´▽`) ‘`,、

rygaya氏のNVEnc ver4.33がまた一段と機能アップ。nnediによるインタレ解除追加です!

後で探すのが面倒なんで、フィルタオプションのリンクを個人的にメモっておく。
多分オプション名忘れて探せないんで’`,、(´▽`) ‘`,、
※ここのおっさん、パラメータ多くて何度も探しそう…

NVEnc 4.33 – rigayaの日記兼メモ帳
https://rigaya34589.blog.fc2.com/blog-entry-1111.html

・[x64版のみ] CUDA 10.1に移行。

・3つめのインタレ解除フィルタを追加。(–vpp-nnedi)
>「nnediによるインタレ解除を行う。基本的には片方フィールドは捨てて、もう片方のフィールドから ニューラルネットを使って輪郭を補正しながらフレームを再構築することでインタレ解除するが、とても重い…。」

・Turing世代のGPUが2倍のコア数として表示されてしまっていたのを修正。

CUDAのバージョンが変わるので、nvencの18日までは演算結果は4.32、今後は4.33を使うことに。
>NVENC / CUDA NVENC API 9.0, CUDA 10.1, schedule mode: auto

オプション –vpp-nnedi
https://github.com/rigaya/NVEnc/blob/master/NVEncC_Options.ja.md#–vpp-nnedi-param1value1param2value2

面白そうなフィルタなんで、いつか試してみよう(^◇^;

—-
結局徹夜でエンコードしている…(^◇^;
–vpp-nnediの有無と、QTGMCを比較してみる感じで。losslessとSSIM値を見てみたいかな。


SSIMの0.98辺りを目指して。まったりと。

浮かれついでにRTX2060で「TMPGEnc Video Mastering Works 7」もいろいろ回してみた。Bフレームありなし。

浮かれついでの第2回!ヽ(*^。^*)ノ
Bフレありなしもやってみた。
気軽に始めたのに同じ値にならないので結構深くなってきたので記事を分けることに…

すでにエンコードテストに入って2週間、500本を超える大規模な比較になって収拾がつきません(^◇^;

◆ Bフレームあり/なしの設定

Bフレームを使う時。(デフォルトでBフレーム3になる)


Bフレームなし。

◆ グラフ。CPU/CUDAの違いも微妙にあるけど。

品質固定でBフレームあり・なしだけでSSIM値を比較するのは浅はかという話。
Bフレームを使うとビットレートは下がるけど、画質も落ちるにょろ~>゚)~~~。
なので、目標品質値(設定値)を少し上げてあげないと同じ画質にはならないという落ち。

MPEG2-TSソースの圧縮率50%(3750kbs)のビットレートを境に、多少差が開く。(ハンディカムのフルレンジなどでは、圧縮率も含めて全く別の傾向になると思う)

・ビットレートが高いときはビットレートと画質に相互関係がある(Bフレームありなしで気にするほど差がなくなる)
・ビットレートが低いときは、同じ画質でも一回りビットレート下げられる。が、エンコード時の品質値でコントロールするのは難しそう。

TVMW7の同じ品質値で、ビットレート有り無しを比べた場合、画質は下がるとSSIMの値は言っている気がする(^◇^;
同じSSIM値で見ると実写のTV録画は1割も縮まないかなぁ。グラデやディザの少ないアニメは縮みそう?。
(Sampleの放送波に近い)高ビットレートじゃBフレ使っても、同じ曲線の上をなぞる=画質が下がった分ファイルが小さくなるだけで、同じ画質の場合ではほとんど縮まないと。

あちこちの書き込みで「Bフレ使うと2割縮む」とかたまに見かけるとけど、うらやましい・゚・(ノД`)・゚・
うちでよく使う実写ドキュメント物は1割縮めばいい方ですね。
最近うちの設定は見た目だけじゃなく、SSIM値を基準に足切り(最低限の値は割り振る)するようになってます(T.T)
例)実写で、3Mbps割り振れば、0.98(SSIM)位という感じ。[BフレなしでQ42、Bフレありで44くらい]

まぁ、AverMediaのavt-c878のPC録画はMEPG2かAVCの転送か再圧縮であまり画質が良くないので、細かいところつついてもあまり差が出ません’`,、(´▽`) ‘`,、
せめて単体録画のAVC画質をソースにエンコードしましょ。YoutubeにあげてもFULLHDではさすがに粗が目立ちますので。
雨の布武粒やモスキート系のノイズも、時間軸などノイズフィルタかけるとつるつるですけどね!w

オリジナルソースとかけ離れるフィルタや修正毛できるのが、TVMW7などのツールのいいところ!
放送の記録録画じゃないなら、たのしく使わないとね!

◆ TVMW7でデコーダーにCPUを使った場合の速度。

誤差だけれども、放送波(MPEG2-TS)はCUDAデコードの方が遅くてSSMI値が低い悲しみ…。
NVENC使うならMPEG2ビデオデコーダーは[デフォルト(標準デコーダー)]でOK!(QSV使用時どっちが早いかは知らん!(^◇^;)

◆ TVMW7のエンコードデータ。

浮かれついでにRTX2060で「TMPGEnc Video Mastering Works 7」もいろいろ回してみた。実写ソース比較SSIM値など。

よっしゃ終り!とテスト時間を持て余して、れていたりすることってよくあるよね…

「MPGEnc Video Mastering Works 7」と「Amatsukazeで似た品質に収めたい時の対応表を作っておいた。
あくまでも似た範囲のSSIMでしかないので、フィルタ次第でごっそり変わる。
プリセットとパフォーマンスのオプションについては前に書いた通り。あ、TVMW7が7になってるので変わっているかも。
グラフも変な曲線を描いているので、サンプルが少ないのか、設定を間違ったか、内部で何か起きている可能性も^^;

「x265のプリセット(Preset)と「TMPGEnc Video Mastering Works 6」のパフォーマンス設定のオプションを並べて一覧にして比較してみたの図。品質とcrfの対応表もつけた“φ(・_.) メモッ!」
http://nln.jp/wp/archives/3790

VP9ロスレスが首をかしげる結果だったので比較は省略。

※デコーダーにCUDA(NVDec)を使っているので、SSIM値は少し低めです。

◆ 「MPGEnc Video Mastering Works 7」でSSIMを計算してみた。

H.264。基本っすね。
インタレ性能が極めて高いのはソースがインタレなので。
「MPGEnc Video Mastering Works 7」では。
ビットレート下げるとSSIM値は頭打ち。一定以上のビットレートを保ちませう。
できればNTSC(MPEG2-TS)なら25%以上のレートを。


H.265。圧縮率50%を境に低ビットレートではh.264規格を圧倒する感じ。
hevcの注意点は、最新のQSVではないので参考程度に。
「MPGEnc Video Mastering Works 7」ではこんな感じ。


HW支援エンコード。
「MPGEnc Video Mastering Works 7」でもソフトエンコードはいい数値が出てますね。
フィルタが搭載品で賄える分にはそれほど速度が落ちずにいけるかと。
Aviutlの更新が止まっていることもあり、外部フィルタの互換性が徐々に落ちてきている気がします。仕様通りというか、4kソースや10bit渡しなどのフィルタをかましたAviutlの保存を読み込ませようとすると・・・私の手に負えないですw

MPEG2-TS以外の汎用としてはうちでは安定のツールなので、Amatsukazeと合わせて便利に使い倒してます。

★Bフレームのありなし云々の前に、同じhevcのBフレなし(平均ビットレート3Mbps前後)でGTX970と比較するとそれだけでもはっきりわかるくらい細部の画質が良くなっている。
単純にBフレありなしだけでTuring世代を見るともったいないかもね!買ったからプラシーボ効果爆発してる可能性ありますが!
h.264の暗部ゴーストがぎりぎり消えるくらいのレートだと、暗部ブロックのバタつきや暗部グラデーションがきれいにかかるのはおっさんの老眼でも見える。

・GTX9xx世代から乗り換えはお勧め。それなりに速くなっているし、最悪Bフレームの恩恵もあるヽ(*^。^*)ノ

・GTX10xx世代は財布と相談で。Bフレームの恩恵はあるとはいえ、速度は少し早い程度だし。x265でBフレありなしを試してみれば購入の判断はできるかと。毎世代購入してるとコスパ悪いですよ。
ましてや、H.264でインタレ保持して高ビットレート!という人は別に今のままでいいんじゃ?w
Turing世代はインタレHWエンコできません。


全部重ねてみた。

◆ 「MPGEnc Video Mastering Works 7(※)」と「Amatsukaze」で出したSSIM値を比較。
※デコーダーにCUDA(NVDec)を使っているので、SSIM値は少し低めです。

Yadif30の結果を重ねてみた。
25%ラインと50%ラインではファイルサイズ(ビットレート)がほぼ倍です。


Ysdif30の比較元。

ちょっと妥協すれば、どのエンコーダーでもファイルサイズか画質を整えることもできるという感じ。
あとは妥協と選択か(^◇^;

◇ データ。TVMW7では詳細ログ残すのが大変なので歯抜けですが。
あとは品質100の時のSSIM値があるくらいですね。VP9はよくわからないので参考値で。

「TMPGEnc Video Mastering Works 7」でロスレスエンコード!ヽ(*^。^*)ノ・・・できるの?(?_?)エ?

RTX2060をいじめる、ネタがなくなったので、、、、
まずやるやつはいないだろうという、無意味な何かに挑戦。

「TMPGEnc Video Mastering Works 7」でもロスレス出力があるようなので試してみましょう・・・

VP9のwebmで出力がロスレスに対応しているようです!
これは比較データがある今のうちに突撃せねば!





設定で選んで。


バッチエンコードヽ(*^。^*)ノ

10分の動画に6時間とか…無理(^◇^;

うちのCPUには荷が重いです。
きっと高速CPU持ってる人がやるようなことかと思います。

3世代前の貧乏人では楽しめそうにもないので、VP9は「泣く泣く」封印します・゚・(ノД`)・゚・

とはいえサンプルは必要なので。どうしましょ。

久しぶりにAmatsukaze0.8.6.0来てまする~ヽ(*^。^*)ノ ボケてるおっさんは、「終了確認」のウィンドウ追加修正して使うのです。


◆ 更新内容は、
・キューの選択がフレームの色変更に。
・長いフェードアウトのロゴ対応他。

nekopanda/Amatsukaze
https://github.com/nekopanda/Amatsukaze

Amatsukaze – したらば
https://jbbs.shitaraba.net/computer/44736/

◆ おま環修正。VisualStusio2017で手軽に更新できる部分を再紹介。
前にも書いたな…

Amatsukazeをビルドするときに忘れないようにしたい“φ(・_.) メモッ! – 終了確認の追加。
https://nln.jp/wp/archives/3828

◆ Caption wikiセリフ集から-お花見
スクショさらしてる身分としては、キャプションのホスト名(コンピュータ名)が出ているのが嫌なので修正。
艦これ見たことないけど何となくです。
※「”」は半角にしてください( ^.^)( -.-)( _ _)

public string WindowCaption
{
  get
    {
      var hostName = Model.ServerHostName;
      if (hostName == null){
        return “AmatsukazeGUI(未接続) 陽炎型 9番艦 駆逐艦(天津風 改)-「どういう風の吹き回しかしら?やだ、髪は触んないでよ…。吹流しが取れちゃうでしょ」”;
      }
      return “AmatsukazeClient_v0.8.6.0@” + “陽炎型 9番艦 駆逐艦(天津風 改)-「えっ?雪風なに?お花見?いいけど…そうだ、島風も呼んでやってもいい?べっ、別に意味なんかないけど…あ…そう?」”;
}}

◆ アイコン追加。

◆終了確認追加
private void Window_Closing(object sender, System.ComponentModel.CancelEventArgs e)
{
  // (DataContext as ViewModels.MainWindowViewModel)?.Model?.SaveWindowPlacement(this);
  // 質問ダイアログを表示する
  System.Windows.Forms.DialogResult result = System.Windows.Forms.MessageBox.Show(“Amatsukazeを閉じますか?\nエンコード終わってる?”, “質問”, System.Windows.Forms.MessageBoxButtons.YesNo, System.Windows.Forms.MessageBoxIcon.Question);
  if (result == System.Windows.Forms.DialogResult.No)
  {
    // はいボタンをクリックしたときはウィンドウを閉じる
    e.Cancel = true;
  } else {
    (DataContext as ViewModels.MainWindowViewModel)?.Model?.SaveWindowPlacement(this);
}}

で、ビルド。
x64\releaseフォルダのファイルをAmatsukaze\exe_filesに上書きヽ(*^。^*)ノ
寝よう…