しばらくサイトテーマの設定に入ります、基本に戻ってシンプルに。

Amatsukze0.8.7.0出てまする~ヽ(*^。^*)ノ。実行の緑が見えにくいのでちょいと色を変えてみた。

掲示板見たらいろいろ修正依頼出ていたようですね。
膨大なエンコに埋もれて、GitHubの方しか監視してなかった(・・ゞポリポリ

Amatsukze 0.8.7.0
https://github.com/nekopanda/Amatsukaze/releases

・AmatsukazeServerは最小化でタスクトレイに格納するようにした
・D&Dでキューの並べ替え、Deleteキーでキューアイテムの削除を実装
・プロファイル、自動選択のリネームボタンを追加
・スタンドアロン版でエンコード中に終了しようとしたら警告を出すようにした
・タイトルバーにバージョン表示を追加
・キューの上にあるアイテムの優先度が高くなるようにスケジューリングを修正
・CUVIDでH264をデコードできなかったのを修正

とのこと。
一番大きいのは、スカパーHDの方に朗報でしょうか?
個人的にはリネームボタンがありがたい。修正多いんで^^;

終了時に確認ボタンも出るように修正入ったようなので安心ですね!

目が覚めたので、ビルドしよう…(^◇^;

◆ お花見版コメント。
GUIにヴァージョン表示がついたので、手入力やめてModel.ServerVersion使うことに。
ブログの関係で「”」は半角に。

—-[WindowCaption]を差し替えてみる。

public string WindowCaption {
get {
var hostName = Model.ServerHostName;
if (hostName == null)
{
return "AmatsukazeGUI(未接続) 陽炎型 9番艦 駆逐艦(天津風 改)-「どういう風の吹き回しかしら?やだ、髪は触んないでよ…。吹流しが取れちゃうでしょ」";
}

hostName = "陽炎型 9番艦 駆逐艦(天津風 改)-「えっ?雪風なに?お花見?いいけど…そうだ、島風も呼んでやってもいい?べっ、別に意味なんかないけど…あ…そう?」";

if (Model.ServerVersion == null)
{
return "AmatsukazeClient@" + hostName;
}
return "Amatsukaze" + Model.ServerVersion + "@" + hostName;
}
}

—-
コメントは、Wikiのセリフなどからでもご自由に。

◆ 春なのではるっぽい色にとか思っちゃう辺り(^◇^;
外見たら雪が降ってるし・・・新潟寒すぎ。

VisualStudioカラーコード表(2012)
https://ao-system.net/vscolor/

私みたいな老眼のおっさんでは、黒い文字のバックを「Green」ではほぼ見えないので…
ほかにもレッドやパープルでも見えません(^◇^;
色弱ではないんですがきついので普段は変更してます。GUI周りいじるのはこのウェイトが結構大きい。そのうちテーマとか用意されるのでは?^^;
こんな要望答えてたらキリがないので、できる人は自分で変えましょう。
GUIだけならVisualStudioでできるのでやっつけちゃいましょ!自己責任ですが!

変更場所知らないんで探します…これからかよ!(^◇^;

GUIの中の views\queuepanel.xaml あたりかなぁ?
エンコード中なので、あとで試してみよう。

—-
スタイルソースは張ると崩れるので、、、サンプル貼れません。画像データからで探して

春っぽい名前で…キューパネルの見えるところをちょいといじる。
ソースは直接いじらないこと。

ソースの値をクリックするとピッカーが出るので、好きな値に。
設定名称を使う場合は、「#FF〇〇〇〇〇〇」のところに張り付けると設定してくれます。

“#A0FFFF” → “LightSkyBlue”
“Green” → “MediumSpringGreen”
“Red” → “OrangeRed”


そのうちセンスのいいひとがいろいろテーマ選べるようにしてくれるはず!(爆)
まぁ色の調整は後で。
寝よ。

Amatsukaze
スポンサーリンク
極彩色のハテナ?
タイトルとURLをコピーしました